『機動戦士ガンダムUC』プレミアレビュー、初日舞台挨拶開催 | アニメ!アニメ!

『機動戦士ガンダムUC』プレミアレビュー、初日舞台挨拶開催

イベント・レポート

3月にパッケージ発売が控えているOVA『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の第1話「ユニコーンの日」を全国の映画館で上映するプレミアレビューが、2月20日よりスタート。新宿ピカデリーにて、キャストとスタッフによる初日舞台挨拶が行われた。『ガンダムUC』はアムロ・レイやシャア・アズナブルが登場する宇宙世紀の流れをくんだ作品ということで、アニメ化を待ちに待っていたファンで劇場は埋め尽くされた。

上映後、興奮冷めやらぬ間に、監督の古橋一浩さん、ストーリーを手がけた福井晴敏さん、音楽の澤野弘之さん、主人公、バナージ=リンクス役の内山昴輝さん、ヒロイン、オードリー=バーン役の藤村歩さんが登場。出演が決まったときの心境を内山さんは、「自分が『ガンダム』に関わることができるとは思ってもいなかったので、最初はまったく実感が沸きませんでした」と語った。内山さんも藤村さんも『ガンダム』についてあまり知らなかったとのことで、出演が決定してプレッシャーがさらに増したという。演じることに対する思いを聞かれた藤村さんは、「オードリーというキャラクターを、もっと魅力的にしていかなければと感じています。彼女はバナージを引きつけていくキャラなので、そういったカリスマ性がにじみ出るように演じていきたいですね」と熱い思いをのぞかせた。

      uc221.jpg

ストーリーを手がけた福井さんは、「アニメ化についても、音頭をとってきたのは自分。“これは売れまっせ!”と甘い言葉で皆さんを誘導してきたわけですが、今日、たくさんの方に来ていただいて、まずは一安心です」と、ホッとした心境を吐露。また「全編を通じてのテーマは“父と子”」と言う古橋監督は、「私も父親の世代になり、若い世代=ニュータイプと仕事をする機会が多くなりました。これからは“親と子”ということを意識して、ニュータイプのことも含め、次世代につないでいけるように仕事ができればと思っています。ニュータイプについては語りつくされていますが、それにどのように“生きている実感”を付与するかが、今回、個人的に一番重要視している部分です」と、作品に対する思いを語った。

古橋監督のコメントが終わると、主題歌『流星のナミダ』を歌うCHiAKi KURiYAMAこと、栗山千明さんがサプライズ登場。「オードリーをイメージしました」というパープルのワンピースに身を包んだ栗山さんが監督に祝福の花束を贈った。この日は、もうひとつサプライズが。古橋監督が花束のお礼として、栗山さんに“CHiAKi KURiYAMA星”をプレゼントしたのだ。これは、スプリングブルック天文台(オーストラリア)が行っている星命名事業を利用し、ユニコーン座の中の星のひとつを「CHiAKi KURiYAMA」と名づけたもので、天文台公認の星登録証明書も栗山さんに手渡された。

最後は「映画として作ったものではなく、心苦しい部分もありますが、こんなに大きなスクリーンで上映していただいて、感謝の極みです! 今日はどうもありがとうございました!」と監督が締めくくった。プレミアレビューは全国大都市で上映。東京・名古屋・大阪・札幌・福岡は3月5日まで、千葉・六本木・埼玉では2月27日から3月12日まで上映される予定だ。
【遠藤麻衣】

      uc2102.jpg

「機動戦士ガンダムUC」 公式サイト 
/http://www.gundam-unicorn.net
2月20日~プレミアレビュー&PlayStation®Store有料配信
(C)創通・サンライズ

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1』
2010年3月12日発売
価格:Blu-ray版は5040円、DVD版は3990円(ともに税込)
発売・販売元:バンダイビジュアル
初回封入特典/カトキハジメ描き下ろし特製スリーブ
毎回封入特典/特製ブックレット
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集