作画風景をネットで公開 マガジン たかちひろなり先生「課長令嬢」 | アニメ!アニメ!

作画風景をネットで公開 マガジン たかちひろなり先生「課長令嬢」

ニュース

 マンガ家の先生たちの創作活動の多くは、秘密のベールに包まれている。作業のほとんどは作家の個人作業となるため、その様子はほとんど公開されることはない。
 そうした中で2月17日から、週刊少年マガジン(講談社)で『課長令嬢』を連載中のたかちひろなり さんが、その人気ギャグマンガの作画の様子をインターネット動画で公開するという大胆な試みを開始した。二大動画サイトのYouTubeとニコニコ動画にて無料で配信されている。

 今回の企画は『課長令嬢』の第1巻が2月17日に発売されるのを記念したものだ。第1巻が発売されるのにあわせて何か出来ないか模索した結果、「世界一描きこんでいるギャグマンガです」という担当の一言から、たかちひろなり さん先生の迷惑を顧みず、作画風景を収録し、公開することになった。
 動画サイトではPC上で描いている様子は公開されているが、プロの作家が手書きでペン入れしている様子はあまりないため、マンガ家を目指すひとたちにとって貴重な資料になるのではないかとする。同時に、『課長令嬢』の認知度をさらに高めて、第1巻のプロモーションにつなげる。

 『課長令嬢』は、純度100%の庶民でありながら同級生からは社長令嬢だと勘違いされている高校1年のちづるが主人公。さらにド馬鹿の妹、ベテランニートの兄、リストラ疑惑の父を抱えながら、ちづるが「絶対にバレてはいけない戦い」を繰り広げるギャグマンガとなっている。
 担当編集者が「世界一描きこんでいるギャグマンガ」とする作品は、1コマのペン入れに30分かかるという。『課長令嬢』がいかに作品として生み出されるのか必見だ。

 今回描かれている原稿は、2月24日発売の週刊少年マガジンに掲載される。作画の現場を体感しながら、24日には実際に仕上がった作品を目にすることが出来る。こちらもファンにうれしい企画だ。
 視聴方法については、YouTubeあるいはニコニコ動画で「課長令嬢」の単語にて検索、動画タイトル「担当に無理やり撮られながら週マガの原稿描いてみた」を発見出来れば問題ない。また、講談社コミックプラスの新着ニュースコーナーからも確認出来る。もしくは、下記のアドレスからダイレクトにアクセスする方法もある。

講談社コミックプラス /http://kc.kodansha.co.jp

■Youtube
/http://www.youtube.com/watch?v=U_AXNFnkMyg
■ニコニコ動画
/http://www.nicovideo.jp/watch/sm9742261

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集