シッチェスにアニメ多数出品「宮本武蔵」「ヱヴァ」「サマーウォーズ」等 | アニメ!アニメ!

シッチェスにアニメ多数出品「宮本武蔵」「ヱヴァ」「サマーウォーズ」等

ニュース

 10月1日から12日まで、スペインで開催されるシッチェス・カタロニア国際映画祭に、日本から劇場アニメが多数出品されることが明らかになった。
 映画祭の主要部門として最も注目されるファンタステック・コンペティション部門には、西久保瑞穂監督の『宮本武蔵-双剣に馳せる夢-』が選ばれた。押井守が原案・脚本を手掛けた話題作である。
 また、パノラマ部門では細田守監督の『サマーウォーズ』が公式出品されている。さらにアニメーション部門「ANMA’T」は公式6作品のうち4作品が、子供向けのアニメーション部門の「ANMA’T NENS」でも4作品のうち3作品が日本アニメという席捲ぶりである。

 ANMA’Tの公式出品は、これが世界初公開となる『いばらの王 -King of Thorn-』(仮題)、国内では今年6月に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、当代きっての才能が集まったオムニバス作品『GENIUS PARTY BEYOND』、それにSTUDIOスタジオ4がロシアで共同製作した『First Squad The Moment Of Truth』である。
 また、ANMA’T NENSでは、宮崎駿監督の『となりのトトロ』、佐藤信介監督の『ホッタラケの島 -遥と魔法の鏡-』、そしてりんたろう監督の『よなよなペンギン』となった。1980年代の名作と2009年に最も新しいCGアニメーションの技術を利用した作品が並ぶ面白いかたちとなった。

 シッチェス・カタロニア国際映画祭は、世界3大ファンタジー映画祭のひとつとして知られる。2000年代の入り、日本のアニメに大きな関心を寄せるようになった。『東京ゴッドファザーズ』や『スチームボーイ』などのアニメーション部門最優秀作品賞受賞などがよく知られている。
 また、アニメだけでなく日本のSF映画も重視する。なかでも、三池崇史監督はシッチェスの常連だ。今回もファンタステック・コンペティション部門には、日本から2作品だけのひとつとして『宮本武蔵』と並び『YATTERMAN』を出品する。
 パノラマ部門にも『クローズZERO 』が出品される。こちらにはこの夏の大ヒットで話題を呼ぶ細田守監督の『サマーウォーズ』も選ばれている。2006年に同映画祭でアニメーション部門最優秀作品賞受賞を受賞している『時をかける少女』以来の細田監督の新作だけに大きな関心が集めるのは間違いないだろう。

 これらを合わせてシッチェスでは、今年8本(旧作『となりのトトロ』を除く)もの日本の新作劇場アニメが上映されることになる。ジャンル映画の雄であるシッチェスでの存在感は、この分野における日本アニメの存在の大きさを感じさせるものだ。
 同時に2009年以降、製作・公開が活発化する日本の劇場アニメの状況をも反映したものでもある。実写映画も含めて出品作品が多いだけに、今年のシッチェスには大きな期待が集まる。

当サイトの関連記事
/「いばらの王」(仮題) シッチェス国際映画祭出品 世界初上映決定

シッチェス・カタロニア国際映画祭
(SITGES Festival Internacional de Cinema de Catalunya)
公式サイト /http://sitgesfilmfestival.com/

日本からの主要な公式出品

【ファンタステック・コンペティション部門】

(OFFICIAL FANTÀSTIC IN COMPETITION SECTION)
  『宮本武蔵-双剣に馳せる夢-』
  『YATTERMAN』

【ファンタスティク・パノラマ部門】
(OFFICIAL FANTÀSTIC PANORAMA SECTION)
  『クローズZERO 』
  『サマーウォーズ』(細田守監督)

【特別招待作品】(SITGES ESPECIALS)
  『TETSUO THE BULLET MAN』

【ノベス・ビジョン(フィクション部門)】
(OFFICIAL NOVES VISIONS SECTION:FICTION)
  『しんぼる』

【オリエントエクスプレス・アジアの家(アジア映画部門)】
(ORIENT EXPRESS-CASA ÀSIA)
  『20世紀少年 第2章 最後の希望』
  『20世紀少年 最終章ぼくらの旗』
  『GOEMON』

【ANMA’T(アニメーション部門)】
  『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
  『First Squad The Moment Of Truth』
  『GENIUS PARTY BEYOND』
  『いばらの王 -King of Thorn-』

【ANMA’T NENS(子供向けアニメーション部門)】
  『となりのトトロ』
  『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』
  『よなよなペンギン』
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集