CEDEC AWARDS候補に「ナルティメットストーム」やニコニコ動画も | アニメ!アニメ!

CEDEC AWARDS候補に「ナルティメットストーム」やニコニコ動画も

 9月1日から3日まで、パシフィコ横浜でゲーム開発をテーマにする大型イベントCEDEC2009(CESAデベロッパーズカンファレンス2009)が開催される。CEDECは今年で開催11回目、今回から会場を国際会議場に移すことで、セッション数、会場のスペースを大幅に拡大する。それだ

ニュース
注目記事
 9月1日から3日まで、パシフィコ横浜でゲーム開発をテーマにする大型イベントCEDEC2009(CESAデベロッパーズカンファレンス2009)が開催される。CEDECは今年で開催11回目、今回から会場を国際会議場に移すことで、セッション数、会場のスペースを大幅に拡大する。それだけに関心を従来以上に高い。
 そのCEDECが昨年からスタートした新しい目玉が、CEDEC AWARDSである。CEDEC AWARDSは、ゲーム開発技術を対象とした日本で初めての総合的な賞となる。

 そして、過去5年間の作品を対象とする第2回CEDEC AWARDSのノミネーションリストが、7月17日に発表された。
 今回明らかにされたのはプログラミング・開発環境、ビジュアルアーツ、ゲームデザイン、サウンド、ネットワークの5部門である。各部門はそれぞれ専門的な技術、もしくは開発チームが5つ挙げられている。

 こうしたなかでアニメーションとの関連で注目されるのが、ビジュアルアーツ部門にノミネートされた「「NARUTO-ナルト-ナルティメットストーム」アーティスト、及びテクニカルアーティスト」(サイバーコネクトツー)である。
 「NARUTO-ナルト-ナルティメットストーム」は、2009年1月にバンダイナムコゲームスが発売したPS3向けのアクションRPGである。

 CEDECは、ノミネート理由をジャパニメーション技法のゲーム応用とする。躍動的なアニメーション表現や纏まりのある陰影表現を実現した独自のトゥーンシェーディングのゲーム内で実現、ジャパニメーションの優れた点を、ゲームデザインにうまくマッチングさせたことが評価されている。
 人気アニメを題材にしたゲームソフトは現在益々盛んになっており、ゲームとアニメの同時開発も少なくない。アニメ技術のゲームソフトへの引用への高い評価は、アニメとゲームの技術融合というトレンドを意識させるものだ。

 また、このほかに興味深いところでは、ネットワーク部門で「ニコニコ動画」開発チームがリスト入り師弟ることだ。ノミネート理由はネットワーク上での新しい楽しみ方の実現となっている。ネットワーク上で客同士のコンテンツを提供やインタラクションは広義のゲームであるとしている。
 やや強引な感はあるが、ゲームとも関わりの深いインターネットでの一大エンタテインメントが、ゲーム業界にも大きな影響を与えていることは言うまでもない。

 CEDEC AWARDSは、今後CEDEC受講者投票およびCEDECアドバイザリーボードの投票にて決定する。そのうえで著述賞とゲーム開発への貢献を基準に選ばれた特別賞と共に9月2日に発表予定だ。
 一般のファンにやや馴染み難いところもある賞だが、逆に言えばCEDEC AWARDSを追うことでゲーム開発のトレンドを手際よく理解することも可能だ。9月2日の受賞発表が注目だ。

CEDEC2009 公式サイト /http://cedec.cesa.or.jp/2009/
  CEDEC AWARDS  /http://cedec.cesa.or.jp/2009/contents/awards.html

広告の後にも続きます
「NARUTO-ナルト-ナルティメットストーム」公式サイト
/http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/ps3_naruto/storm.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集