日本初 マンガの大学院誕生 2010年度から京都精華大に | アニメ!アニメ!

日本初 マンガの大学院誕生 2010年度から京都精華大に

 マンガ分野の大学教育や研究で知られる京都精華大学が、2010年度からマンガ研究を目的としたマンガ研究科修士課程を開設する。  京都精華大は、現在人文科学研究科、芸術研究科のふたつの修士課程を設置している。計画ではこれに加えて、マンガ専攻を設けたマンガ研

ニュース
 マンガ分野の大学教育や研究で知られる京都精華大学が、2010年度からマンガ研究を目的としたマンガ研究科修士課程を開設する。
 京都精華大は、現在人文科学研究科、芸術研究科のふたつの修士課程を設置している。計画ではこれに加えて、マンガ専攻を設けたマンガ研究科とデザイン専攻、建築専攻のふたつからなるデザイン研究科を新たに設ける。4研究科体制とすることで、大学院教育の充実を図る。
 新研究科の設置は既に6月26日付で文部科学省に届け出ており、来春には日本初のマンガ研究の大学院と修士課程が誕生することになる。
 
 京都精華大によれば、マンガ研究科はマンガ家とマンガ研究者養成のための研究科となる。マンガ家を目指すための作品制作、あるいはマンガ理論研究を学ぶ。
 修了要件は、修了作品制作か修士論文作成のいずれかとなる。研究科の定員は20名、2010年2月に入学試験を予定している。

 近年、マンガやアニメーション、エンタテイメントコンテンツ関連の学科、学部が大学に設置されることが増えている。今ではマンガやアニメーションの学科は、大学では珍しいものではなくなっている。
 そうした中で京都精華大学は、2000年にいち早くマンガ学科を開設した先駆的存在だ。マンガ学科はその後学部に昇格、現在はマンガ学科、マンガプロデュース学科、アニメーション学科を持つ。この分野の代表的な大学教育機関である。

 また、2006年には京都市と共同で京都国際マンガミュージアムをオープンするなど、教育だけでなく研究領域でも新たな試みを進めている。今回の大学院での修士課程の設置も、こうしたマンガ研究をより深めるためのものとなる。
 一方で、国内だけでなく海外でも大きな注目を集めている日本のマンガだけに、マンガの大学院登場は大きな話題を呼ぶことになりそうだ。

京都精華大学 /http://www.kyoto-seika.ac.jp/
マンガ学部 /http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/manga/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集