第4回那須国際短編映画祭 「印鑑検査工場」が優秀賞受賞 | アニメ!アニメ!

第4回那須国際短編映画祭 「印鑑検査工場」が優秀賞受賞

 7月5日、第4回那須国際短編映画祭が閉幕した。同映画祭で作品を公募していた那須アワード2009の受賞作品も発表された。  石上裕規氏らが制作した『印鑑検査工場』が優秀賞、小岩洋貴氏が制作した『ねずみとり』が観客賞と、いずれもアニメーション作品が受賞した。

ニュース
 7月5日、第4回那須国際短編映画祭が閉幕した。同映画祭で作品を公募していた那須アワード2009の受賞作品も発表された。
 石上裕規氏らが制作した『印鑑検査工場』が優秀賞、小岩洋貴氏が制作した『ねずみとり』が観客賞と、いずれもアニメーション作品が受賞した。

 優秀賞の『印鑑検査工場』は、デジタルクリエイターズコンペティション2008で銀の翼賞、第14回学生CGコンテストで佳作、東京国際アニメフェア2009の第8回東京アニメアワード公募部門入選など、これまでも高い評価を得てきている。

 那須アワードにおける賞体系は優秀賞と観客賞の2点であり、優秀賞が最高賞のグランプリに相当する。昨年は鈴木専氏の『レッツゴー番長デッドオアアライブ完全版』が優秀賞を受賞しており、アニメーション作品の優秀賞受賞が2年連続となった。
 昨年優秀賞を受賞した『レッツゴー番長デッドオアアライブ完全版』は、東京国際アニメフェア2006の第5回東京アニメアワード公募部門で特別賞、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2007の短編部門で最優秀作品賞などとなっている。

 那須国際短編映画祭は、ショートショートフィルムフェスティバル&アジアのナショナルツアー開催地を前身として2006年から始まった。
 那須アワードは2007年から開始されており、過去にはアニメーション作品も少なからずノミネートされている。2007年は杉田崇氏のアニメーション作品『とべないトリ』が観客賞を受賞している。
【真狩祐志】

那須国際短編映画祭 /http://www.nasu-filmfest.jp/

当サイトの関連記事
/那須国際短編映画祭開幕 ノミネートの半数アニメーション作品に
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集