第13回アニメーション神戸 公募アニメーション部門受賞作発表 | アニメ!アニメ!

第13回アニメーション神戸 公募アニメーション部門受賞作発表

ニュース

 11月2日、神戸国際会議場のメインホールにて第13回アニメーション神戸賞の表彰が行われた。第1部のデジタル・クリエーターズ・アワードでは、公募から選出されたデジタル・クリエーターズ・コンテストのノミネート作品から各賞が発表された。
 最優秀賞となったのは、永田裕士氏の『盗人と王様』である。また、今回はノミネート作品全てに賞が与えられることになった。そのため永田氏の作品は、最優秀賞以外にもドンデンギャグ大賞を受賞している。

 このほかにじたろう氏の『ブッチ』がスパイスギャグ大賞、八木貴也氏の『紺野さん』が日常ポエム大賞、大手前大学アニメーションコース1期生の『とらのたまご』がワンダフル作画大賞、wirelessの『WIRELESS FINAL OPENING ANIMATION』が愛ある音楽そして美術大賞、杉山実氏の『ソフトさんの悲劇』がシュールギャグ大賞となった。
 このほか、Webアニメコンテストや公式ロゴタイプ・公式キャラクターの受賞者へ表彰も行われた。そして第2部ではアニメーション神戸賞の各賞が贈呈された。

 受賞作品の今後の予定では、11月26日から12月3日まで神戸市役所の市民ギャラリーにて第13回アニメーション神戸展が催される。そちらでは受賞者および作品の紹介、デジタル・クリエーターズ・コンテストの受賞作品の上映などが行われる。 
 また、12月10日まで神戸近辺の専門学校・短期大学・大学による作品展示「第9回DG(デジタルグラフィックス)展 ~各校合同巡覧展~」も開催されている。
 今年もネット回線を通じてライブ中継が実施されていたが、こちらは編集の後、後日再配信される予定になっている。
【真狩祐志】

アニメーション神戸 /http://www.anime-kobe.jp/

当サイトの関連記事
/アニメーション神戸賞に磯光雄氏、「劇場エヴァ」、「コードギアス」等
/第13回アニメーション神戸 公募アニメーション部門入選作発表

2008年デジタル・クリエーターズ・コンテスト 受賞作品


最優秀賞/ドンデンギャグ大賞
  『盗人と王様』  永田裕士

スパイスギャグ大賞
  『ブッチ』  にじたろう

日常ポエム大賞
  『紺野さん』  八木貴也

ワンダフル作画大賞
  『とらのたまご』  大手前大学アニメーションコース1期生

愛ある音楽そして美術大賞
  『WIRELESS FINAL OPENING ANIMATION』  wireless

シュールギャグ大賞
  『ソフトさんの悲劇』  杉山実
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集