中国向けにアキバ情報を発信 「アキバナナ」中国語版オープン | アニメ!アニメ!

中国向けにアキバ情報を発信 「アキバナナ」中国語版オープン

ニュース 海外

 海外のアニメやマンガ、ゲームファンに、秋葉原を中心とした日本のサブカルチャー情報を配信する「アキバナナ(Akibanana.com)」が、8月15日から中国語圏向けサイトをオープンした。
 中国語サイトは、中国大陸で広く使用される中国語簡体字で提供され、広い中国圏に向けた情報サイトとなる。

 「アキバナナ」は、東京・秋葉原にある株式会社ジー・アイ・ジェーンが運営をしている。今年2月に、「秋葉原をより多くの外国人に伝えられるように」、「日本のオタク文化をもっと理解してもらえるように」をテーマにオープンした。
 秋葉原の最新ニュースや地図、ショップリストといった秋葉原のカルチャー情報を英語サイトで配信してきた。アニメ、マンガ、ゲームのほか、フィギュアやメイド・アイドル、PC・ガジェット、ロボットも加えた7つのコンテンツ情報を伝えるとしている。

 中国語サイトのオープンは、この英語のサイトに続くものである。サイトの情報は上海で翻訳し、そこで運営も行っている。英語サイトの翻訳記事だけでなく、中国語版オリジナルの記事の掲載も予定している。
 英語に加えて、中国語でも情報配信をすることで、世界の広い地域をカバーすることになりそうだ。現在、日本から英語で日本のポップカルチャー情報を発信するサイトが増えている。しかし、中国語圏向けの本格的なサイトはない。
 中国語圏は、世界的に観ても日本のアニメ、マンガファンの多い地域だけに、将来的には大きな可能性もあるだろう。

 サイトを運営するジー・アイ・ジェーンは、オンラインだけでなく、オフラインでも関連ビジネスを提供する。
紙媒体による情報提供や、タレント事業、「アキバナナ」ブランドのツアーなども行う。
 現在は、東京アニメセンターで、外国人向けのインフォメーションサービスも行っている。

アキバナナ(中国語版) /http://cn.akibanana.com
アキバナナ(英語版)  /http://akibanana.com

株式会社ジー・アイ・ジェーン  /http://gijane.jp
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集