パリで 少年ジャンプ40周年展、キャラクター MANGA展 | アニメ!アニメ!

パリで 少年ジャンプ40周年展、キャラクター MANGA展

イベント・レポート 海外イベント

 7月3日から6日までパリで開催されたジャパンエキスポの会場で、日本のマンガをテーマにしたふたつの展覧会が開催されていた。
 ひとつは今年創刊40周年を迎えた週刊少年ジャンプを記念した展覧会、もうひとつは日本のマンガ家26人の原画を紹介する「キャラクター MANGA パリ展」。これらの展覧会は広大なヴィルパント展示会会場内の一角を区切って行われていた。

 「キャラクター MANGA パリ展」は日仏交流150周年記念の一環として開催されたものである。日本のマンガ家が主体になって主催をしたほか、在仏日本大使館が共催している。歴史の長い日仏の文化交流の一角に、マンガが大きく据えられるようになったという点でも興味深いものである。
 展示されていたのは、日本を代表するマンガ家26人の複製原画である。今回ジャパンエキスポでゲストにも招かれていた永井豪さんや貞本義行さんらのほか、手塚治虫さんや石ノ森章太郎さんら戦後の日本マンガを築いた巨匠から若手の人気作家までを含む。展覧会を見ることで日本のマンガの流れを掴めるようにしている。

         mangaart.JPG

 今回展示されたのはいずれも複製原画であるが、最新の技術を用いた複製原画はほとんど本物と見分けがつかない。これらの原画はマンガ家自身の手による作品世界を存分に伝えるだけでなく、アートとして捉える向きも多かった。
 会場では比較的年齢の高い来場者が、じっくりと観賞する姿が見られた。また、主催者によればメディアなどからの取材や問合せも多数相次いだ。

 少年ジャンプの方は、「SHONEN JUMP 40TH ANNIVERSARY」と題されて、集英社が主催する。こちらも原画が展示の中心となった。
 今回ゲストに招待された小畑健さんが描く『DEATH NOTE』のほか、『ドラゴンボール』や『NARUTO』、『BLEACH』、『ワンピース』等、若いマンガファンに人気の作品が多数並ぶ。普段見ることのない原画の世界が見られることから、多くのファンの関心を惹いていた。
 また、展覧会場は、集英社の作品を多数扱うKanaやグレナの企業ブース、さらに『ワンピース』の作品ブースの真ん中に位置していた。このため一帯がほとんどジャンプ作品で埋められ、ヨーロッパでもマンガ業界における少年ジャンプの存在感の大きさを印象づけた。
 
         jump40.JPG

 ジャパンエキスポは、コスプレや武道や囲碁・将棋といったライブのデモストレーションはあるものの、展示会場は企業の宣伝や商品販売が主体になりがちである。
 そうしたなかで、じっくりとマンガの世界を楽しめる企画として、今回の2つの展覧会は人気を呼んでいた。今後もこうした企画が継続するか分からないが、日本の文化紹介という点では意味の大きなものだったのではないだろうか。

パリ・ジャパンエキスポ /http://www.japan-expo.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集