広島国際アニメフェス ディズニー=ピクサー最新作上映 | アニメ!アニメ!

広島国際アニメフェス ディズニー=ピクサー最新作上映

ニュース

 8月7日より5日間開催される第12回広島国際アニメーションフェスティバル期間中のプログラム各日程とエデュケーショナルフィルムマーケットの参加校が発表された。
 今回のプログラムでは、ディズニーとピクサーの最新短編作品が国内初公開となることに注目が集まっている。ディズニーの『グラゴーズ・ゲスト』とピクサーの『プレスト』である。両作品は、共に8月8日に上映される。

 また、海外作品の上映では、フィンランド特集の多さが目を惹く。7日の学生作品集や9日の長編『ムーミン谷の夏まつり』上映、10日の作家特集、そして11日の作品集およびスタジオ特集と計11プログラムからなる盛りだくさんの内容だ。
 そのほかの主な上映としては、7日にディズニーの『シンデレラ』、8日に杉井ギサブロー監督の『銀河鉄道の夜』、9日にジョン・ラセター監督の『ファインディング・ニモ』、10日に『手塚治虫回顧上映』などと大人から子供まで楽しめるラインナップとなっている。

 一方、各賞の受賞の行方を占うコンペティション上映は、例年通り各日共に18時45分からとなっている。なお、開会式を兼ねている初日7日は17時30分から、表彰式と閉会式を兼ねている最終日11日は18時から行われる。
 またエデュケーショナルフィルムマーケットに参加する17校も発表された。このエデュケーショナルフィルムマーケットは前回2006年の第11回に初めて新設され、今回で2回目となる。

 これまでも映画祭会場には作品や関連書籍などを販売する企業ブースが軒を連ねている。その一方で新たに始まったエデュケーショナルフィルムマーケットでは、学生のリクルーティングのほか、進学を考える高校生へのガイダンスなども行っている。
【真狩祐志】

当サイトの関連記事
/広島国際アニメーションフェス 国内から3作品がノミネート

広島国際アニメーションフェスティバル /http://hiroanim.org/

エデュケーショナルフィルムマーケット参加校一覧
武蔵野美術大学/東京デザイナー学院/女子美術大学/東京工芸大学/東京藝術大学/東京造形大学/中京大学/京都造形芸術大学/神戸芸術工科大学/京都精華大学/大阪デザイナー専門学校/大阪芸術大学/広島市立大学/比治山大学短期大学部/穴吹デザイン専門学校/広島国際学院大学/九州大学
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集