「SING/シング:ネクストステージ」声優初挑戦! アイナ・ジ・エンド(BiSH)、メイキング映像で役作りや秘話を明かす | アニメ!アニメ!

「SING/シング:ネクストステージ」声優初挑戦! アイナ・ジ・エンド(BiSH)、メイキング映像で役作りや秘話を明かす

『SING/シング:ネクストステージ』(2022年3月18日公開)より、ポーシャ役で声優初挑戦となったアイナ・ジ・エンド(BiSH)の特別メイキング映像が公開。役作りの方法やレコーディング秘話を明かした。

ニュース
注目記事
アイナ・ジ・エンド
  • アイナ・ジ・エンド
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング:ネクストステージ』場面写真(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
『SING/シング:ネクストステージ』(2022年3月18日公開)より、ポーシャ役で声優初挑戦となったアイナ・ジ・エンド(BiSH)の特別メイキング映像が公開。役作りの方法やレコーディング秘話を明かした。

『SING/シング:ネクストステージ』本ポスタービジュアル
本作は、『ミニオンズ』『ペット』『怪盗グルー』などで知られるイルミネーション・エンターテインメントが制作し、2017年に公開された『SING/シング』に続くシリーズ最新作だ。
内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)らの続投に加え、新たにジェシー(SixTONES)、アイナ・ジ・エンド(BiSH)、稲葉浩志(B'z)らが演じる新たな仲間も加わってスケールアップしている。


今回公開されたのは、ポーシャ役のアイナにフィーチャーした特別メイキング映像。
高所での演技に怖気付いてしまったロジータの代わりに「飛んでいい?」と半ば強引に飛び降りて気持ち良さそうにフライングするポーシャの表情と、「Girl on Fire」を伸びやかに歌い上げるアイナの歌声がリンクした歌唱シーンから始まる。

インタビューの中では、ポーシャ役のオファーをもらった時を「状況を飲み込むまでに時間がかかるほどに嬉しかったです。驚きました」と振り返り、役作りへの準備について聞かれると「本当は自分にも表現に対して“もっとこうしたい”とか(ポーシャのような)ワガママな部分があって、そこを引っ張り出して向き合ってみました。ワガママになる練習をしました(笑)」と笑顔をみせた。

『SING/シング:ネクストステージ』場面写真
オリジナル版の声優を務めるホールジーの声については「ハスキーの中にチャーミングさもあって、なのにどしっと肝が座っているような声色」と評するアイナ。ホールジーに寄せながら自分らしさが出せるか考えていたそうだが、日本版の音楽プロデューサー・蔦谷好位置から「好きなように歌って」と言われたことで「家で考えてきたことも全部置いて裸にしてもらえて、好きなように歌わせてもらえた」とレコーディング秘話を明かす。

作中でお気に入りの曲について聞かれると、ポーシャ最大の見せ場となるシーンで歌唱した「Could Have Been Me」を挙げ、「歌いながら勇気付けられる曲。(そのシーンに)出てくるみんなの顔つきも明るくて、夢があるっていうか、元気が出るところなので是非観ていただきたいです」とコメント。
最後に「元気がない人も、ある人も夢を見られる作品だと心から思います。私自身とっても大好きな作品なのでぜひ、お楽しみにしてください」とファンへ向けてメッセージを贈った。

『SING/シング:ネクストステージ』は、3月18日公開。

(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。


《林洋平》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集