玉城仁菜、鈴代紗弓、井澤詩織がパーティを組むとしたら?やばすぎる“井澤家語録”も明らかとなった「失格紋の最強賢者」インタビュー | アニメ!アニメ!

玉城仁菜、鈴代紗弓、井澤詩織がパーティを組むとしたら?やばすぎる“井澤家語録”も明らかとなった「失格紋の最強賢者」インタビュー

現在、好評放送中のTVアニメ『失格紋の最強賢者』マティアス役の玉城仁菜さん、ルリイ役の鈴代紗弓さん、イリス役の井澤詩織さんにインタビューを実施。3人がパーティを組む際の役割、転生したらなってみたいもの、思い描く未来のビジョンとは?

インタビュー
注目記事
玉城仁菜、鈴代紗弓、井澤詩織がパーティを組むとしたら?やばすぎる“井澤家語録”も明らかとなった「失格紋の最強賢者」インタビュー
  • 玉城仁菜、鈴代紗弓、井澤詩織がパーティを組むとしたら?やばすぎる“井澤家語録”も明らかとなった「失格紋の最強賢者」インタビュー
  • 玉城仁菜、鈴代紗弓、井澤詩織がパーティを組むとしたら?やばすぎる“井澤家語録”も明らかとなった「失格紋の最強賢者」インタビュー
  • 玉城仁菜、鈴代紗弓、井澤詩織がパーティを組むとしたら?やばすぎる“井澤家語録”も明らかとなった「失格紋の最強賢者」インタビュー
  • 玉城仁菜、鈴代紗弓、井澤詩織がパーティを組むとしたら?やばすぎる“井澤家語録”も明らかとなった「失格紋の最強賢者」インタビュー
  • 玉城仁菜、鈴代紗弓、井澤詩織がパーティを組むとしたら?やばすぎる“井澤家語録”も明らかとなった「失格紋の最強賢者」インタビュー
  • 玉城仁菜、鈴代紗弓、井澤詩織がパーティを組むとしたら?やばすぎる“井澤家語録”も明らかとなった「失格紋の最強賢者」インタビュー
  • 玉城仁菜、鈴代紗弓、井澤詩織がパーティを組むとしたら?やばすぎる“井澤家語録”も明らかとなった「失格紋の最強賢者」インタビュー
  • 玉城仁菜、鈴代紗弓、井澤詩織がパーティを組むとしたら?やばすぎる“井澤家語録”も明らかとなった「失格紋の最強賢者」インタビュー

現在、好評放送中のTVアニメ『失格紋の最強賢者』。進行諸島氏の同名ライトノベルを原作とした異世界ファンタジー作品である本作は、世界最強と言われる魔法使いが“生まれ持った紋章”の力の限界を感じ、未来に転生し最適な紋章を手に入れようとすることから始まる物語。主人公のマティアスが、ルリイやアルマ、イリスなど、仲間たちと出会い、成長していく姿が描かれています。

1月8日よりスタートしたTVアニメも、早いもので7話までがオンエア。イリスが仲間に加わり、ますますパーティの力や結束が高まる中、新たに強敵と思われる魔族が現れたりと、物語は佳境へと突入しました。

ここからさらに盛り上がる予兆を見せる『失格紋の最強賢者』。この度、アニメ!アニメ!にてマティアス役の玉城仁菜さん、ルリイ役の鈴代紗弓さん、イリス役の井澤詩織さんにインタビューを実施しました。3人がパーティを組む際の役割、転生したらなってみたいもの、思い描く未来のビジョンとは?

[取材・文:米田果織 撮影:小原聡太]

■イリスのイメージぴったり!井澤詩織の声にキュンキュン


――多くのファンがいる原作の待望のアニメ化。すでに第6話まで放送を終えていますが、改めてご自身がアニメを見て抱いた印象を聞かせてください。また、視聴者からはどのような感想が寄せられていますか?

玉城キャスト解禁時に、10年以上会っていない友人から「知ってる作品なんだけど!」と連絡が来ました。それくらい人気で有名な作品に出演できるということで、嬉しさはもちろん、緊張も大きかったです。いざ第1話がオンエアされると、友人たちが家族ぐるみで見てくれたみたいで「まさかテレビで声が聞けるなんて思ってなかったよ~!」と私以上に喜んでくれて、誇らしくなりました(笑)。

鈴代私、実はルリイみたいな可愛いホワホワ系の女の子の役って、今まであまり演じたことがなかったんですよね。これまでアルマ(CV:白石晴香さん)のような元気っ子を演じることが多かったので、私のことを知っている視聴者の方には「イメージじゃない」と思われるんじゃないかと少し不安で…。第1話のオンエア後にエゴサーチをしたのですが(笑)、「ハマってる」「こんな鈴代もアリ!」というコメントがあったので、ホッとしました。

井澤イリスは第3話からの登場だったのですが、私ってだいたいのアニメで第1話から出ることがあまりないんですよね…。途中参加キャラ率が高いんです(笑)。登場しない回は台本をもらえないので、第1話の放送をすごく楽しみにしていました。原作は前もって読んでいて、「一体あの原作の流れを1話にどう収めるのか?」と気になっていたので、「こうくるか!」とテンポの良さに驚きました。私を応援してくれている方からの感想は「しーたむ(井澤さんの愛称)やっぱり第1話には出てなかったね!」「きっと3話からだよね!」というものでした(笑)。

――アニメ!アニメ!では放送前に、玉城さん、鈴代さん、白石さん3人のインタビューを掲載しています。マティアスとルリイの印象は伺っているので、今回はイリスの印象を聞かせてください。

玉城もう「可愛い!」の一言に尽きます。また、私が原作を読んで「イリスってこういう声だろうな」とイメージしていたものが、まさにしーたむさんの声だったんです。その声も相まって、可愛いの限界突破。セリフ1つ1つにキュンキュンしちゃってます。

鈴代私はオーディションでイリス役も受けていたんです。オーディション時はもちろん自分の考えるイリスを演じさせていただいていたのですが、アフレコで初めてしーたむさんのお声を聞いて「これがイリスだあ!!」と、自分の思っていたイリスより何倍もしっくりくるお声と表現に感動しました…。それくらいイリスにドンピシャ!

井澤う、嬉しい…!

■役割分担はバッチリ?3人がパーティを組んだら…


――皆さんが演じるキャラクターそれぞれにパーティ内の役割があります。ご自身がパーティに加わるとしたら、役割は何になると思いますか?

鈴代私はただの賑やかしだと思います…。誰かが何か言ったら「それいいね~!」って言う役(笑)。

玉城パーティの士気を上げる大事な役だと思う(笑)!

鈴代バラエティでいう“ひな壇”の位置。あと、イリスと一緒の食いしん坊担当。「お腹空いた~」とよく言っているので…(笑)。

井澤う~ん、じゃあ私はお金を管理します。お金の管理が趣味みたいなところがあって(笑)。

鈴代それ絶対に必要なやつじゃないですか! パーティだけじゃなくて、会社とかでも重宝される(笑)。

玉城私は料理係を担当します。アルマが料理をすると爆発してしまうという魅力(?)を持っているので、私はそれよりはマシだと思うので(笑)。

井澤じゃあ、その材料費を私が管理するね。

鈴代それを私が食べるということで(笑)

――すごい! 3人でパーティを組むとしたら、相性バッチリですね(笑)。イリスと鈴代さんに共通点も見つかりましたが、自身が演じる役との共通点はありますか?

玉城マティアスは転生してすぐに欲しかった第四紋を手に入れたりと、すごく運が良いキャラクター。実は私も、すごく運が良いんですよ。小学生の頃、当たり付きのアイスが当たりすぎて「あいつがアイス買うと必ず当たりが出る」と噂されるほど、ちょっとした伝説を残しました(笑)。

井澤鈴代羨ましい!

玉城この作品に出演できていることや、こうやって取材を受けられるのも、運が関わっているんじゃないかな。

鈴代私とルリイはまったく共通点がないと思います。髪型が似ているだけかな?

――玉城さんと井澤さんから見て、鈴代さんとルリイの共通点はありますか?

玉城一緒にいて癒されるところは似てると思います。空気感が優しいんですよね。

井澤わかる! 空気感から育ちの良さが伝わってくる。

鈴代育ちまで(笑)!? 本当ですか? 嬉しいなぁ~

井澤むしろ、私の方がイリスとの共通点が皆無なんじゃないかな? 体力もないし、食べるのも特別好きじゃないし、空も飛べないし…(笑)。対極な存在だと思います。…あ! 絞り出すとしたら、一致団結感が苦手なところは共通しているかもしれません。私「みんなで頑張ろう!」「おー!」という感じがすごく苦手で(笑)。イリスもそんなタイプじゃないので、みんながやってるからやっとくか、という空気感は似ていると思います。

■こんな声優になりたい…3人が思い描くビジョン


――マティアスの前世・ガイアスは、自身の成長のために転生という道を選びました。皆さんの「成長したらこうなりたい」というビジョンがあれば聞かせてください。

玉城今作でマティアスという少年役を演じているのですが、それ以外のアニメでも男の子役をやることが多くて。もともと声優を志したきっかけも、男の子になってみたかったからなんです。「少年役といえば」というレジェンド声優さんはたくさんいらっしゃいますが、いつか「少年役の声優といえば玉城だよね」と言われるような地位を確立できたらと思っています。

鈴代私は「こうなりたい」と明確に目指すものはなくて、ぼんやりと「水みたいになりたい」と思っています。

井澤なんだか深そう…。

――「水みたい」を具体的に言い表せる「こんな感じ」というニュアンスはありますか?

鈴代水って絶対必要じゃないですか。人間の身体の約60パーセントは水分だったり、料理するにも必ず使うし、どこにでも馴染むけど絶対必要な存在。私もそんな存在になりたいんです。

――それは、声優業ではなく人間として?

鈴代どっちもです。声優の仕事でもそういった人間力は必要となってくるし、人として成長した先に声優業に繋がるものがあるのかなと思っています。

井澤私も仕事の話になってしまうのですが…そろそろ色気のある芝居をできるようになりたい(笑)。基本的にキッズ&マスコットボイスなので、いつか色気のある女性の役をやってみたいんですよね。

鈴代確かに声はかわいいですが、しーたむさん本人はすごく色っぽいですよね。

玉城そう思います!

井澤身体の成長に声が付いていけてないのかな(笑)? まだ声のコントロールが下手くそなんですよね。思っている音を出せるようになりたいです。

――『失格紋のラジオだもん!』でのコーナーにもなっていますが、転生したら何になりたいですか?

井澤ミッ〇ー・マウスになりたい! 世界中から愛される存在になってみたい(笑)!

鈴代しーたむさんと同じような理由で、ミラ・ジョヴォヴィッチになりたいです(笑)。演技が素晴らしいだけじゃなく、アクションもご自身でやられていてカッコイイし憧れます。世界のトップに立つ女優さんになってみたいですね。

玉城私はスパイになりたい(笑)。一番好きな映画が『チャーリーズ・エンジェル』なのですが、見る度に「カッコイイ! スパイになりたい!」と思います。

――スパイなら今からでもなれるかもしれませんね?

玉城今からじゃ無理でしょう~(笑)。体力がないので、訓練しても1日で逃げ出しちゃう。転生したら幼少期からじっくり英才教育を受けて、立派なスパイになってみせます(笑)。

井澤それを言ったら、私も忍者の修行を積んで“くのいち”になりたいよー!

鈴代この間「忍者バーに行こうね」ってちょうど話してたんです(笑)。みんなで行きましょう!

■「ブンブルブンブ」「るるるあああ」やばすぎる“井澤家語録”


――マティアスは転生したため、イリスは人里離れた生活のため、劇中の世界での常識に疎い場面があります。皆さんは、自分にとって普通だと思っていたけど、人に指摘されて普通じゃないと気付いたことはありますか?

鈴代そればっかりですよ……。

玉城井澤:笑

鈴代いつからこうなっちゃったのかな…。考えていることと口から出るものが一致しないんです。キューティクルって言いたかったのに、トゥインクルって言っちゃったり。「ニュアンスでしゃべってるよね」とよく言われます。

玉城鈴代ちゃんはものすごく天然だよね(笑)。
私は沖縄出身なので、全国共通だと思っていたことが沖縄特有のものだったことがたくさんありました。共通の言葉でも、違った意味で使われているんですよ。服がきついことを「狭い」と言ったり、跪くことを「跪き」と名詞になっていたり。お母さんに叱られた時、よく「ここに跪きしなさい!」って言われました(笑)。

――確かに、地方によって意味の捉え方が違う言葉はありますよね。井澤さんはいかがでしょうか?

井澤私は埼玉県出身なのですが、地元というより「井澤家」がすごいんですよ。ディズニーランドのエレクトリカルパレードを、井澤家では「ブンブルブンブ」と呼んでいて。

玉城鈴代どういうこと!?

井澤テーマ曲が「ブンブルブンブンブンブルブルブル♪」って聴こえるじゃないですか(※「エレクトリカル・ファンファーレ」)。そこから「ブンブルブンブ」となりました。家族でディズニーランドに行ったら「ブンブルブンブ見て帰る?」って話しますよ(笑)。

鈴代なるほど! ……なるほど?(納得できるようなできないような微妙な表情)

井澤『世にも奇妙な物語』は「るるるあああ」。エンディングで流れる音楽(※「ガラモン・ソング」)が「るるるるるっあああああっ」って聴こえるじゃないですか。だから、放送日にお母さんが「しーちゃん、今日“るるるあああ”あるよ!」って教えてくれます。

玉城だいたい音を拾って名付けてるんですね(笑)。

井澤あとは…

鈴代まだあるんですか!?

井澤おさげ髪のことを「おたま」って呼んでて、大人になってからおたまとは呼ばないと知りました。

玉城沖縄の方言より難解かもしれない。「井澤家語録」…違う国の言葉のようだ…。

井澤独自の国家を築いていました(笑)。

――貴重なお話ありがとうございます(笑)。最後に、今後の放送も楽しみにしている方へメッセージをお願いします。

玉城6話までは学校を舞台に修業をしたり、魔族と戦ってきましたが、ここから外の世界に飛び出していくことになります。7話からはパーティのみんながグングン成長していくと同時に、新たな敵勢力も出てきて、展開が急加速していきます。そのスピード感をぜひ楽しんでください。

鈴代6話まででパーティが揃い、それぞれの“色”も出てきたので、今後は個々としてどう成長していくのか、敵とどう戦っていくかに注目してほしいですね。これまでは“マティアス無双”でしたが、上手く行かない展開も出て来ますしね。

井澤まだ見てなくて、これまでの展開を把握できていない方には、ちょうど一挙放送もありますしね! 毎週オンエアを見てくださっている方も、これから見るという方も、是非みんなの成長と活躍を見守ってくださいね。

『失格紋の最強賢者』
<放送情報>
TOKYO MX:1月8日より毎週土曜22:00~
BS11:1月8日より毎週土曜22:00~
サンテレビ:1月8日より毎週土曜22:30~
※初回放送のみ23:00~AT-X:1月11日より毎週火曜23:00~
※リピート放送:毎週木曜11:00~/毎週月曜日17:00~

【スタッフ】
原作 :進行諸島(GA ノベル/SB クリエイティブ刊)
キャラクター原案 :風花風花
監督 :秋田谷典昭
キャラクターデザイン :大沢美奈
シリーズ構成 :内田裕基
美術監督 :飯田葉月
色彩設計 :安藤智美
撮影監督 :黒澤 豊、八木祐理奈
編集 :仙土真希(REAL-T)音響監督 :明田川 仁
音楽 :Elements Garden(岩橋星実・藤田淳平・都丸椋太)

オープニングテーマ :fripSide「Leap of faith」
エンディングテーマ :中島由貴「Day of Bright Sunshine」

アニメーション制作:J.C.STAFF

【キャスト】
マティアス=ヒルデスハイマー :玉城仁菜
ルリイ=アーベントロート :鈴代紗弓
アルマ=レプシウス :白石晴香
イリス :井澤詩織
《米田果織》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集