2021年一番“好きな気持ちが再燃”したアニメ「xxxHOLiC」福山潤の“喜怒哀楽”を浴びる…これも必然【編集部が選ぶ2021年の1本】 | アニメ!アニメ!

2021年一番“好きな気持ちが再燃”したアニメ「xxxHOLiC」福山潤の“喜怒哀楽”を浴びる…これも必然【編集部が選ぶ2021年の1本】

CLAMPの人気コミックを原作にしたTVアニメ第1シリーズ。

コラム・レビュー
注目記事
「xxxHOLiC」(c)CLAMP/講談社 CLAMP「xxxHOLiC」
  • 「xxxHOLiC」(c)CLAMP/講談社 CLAMP「xxxHOLiC」
  • 『ホリック xxxHOLiC』(C)2022映画「ホリック」製作委員会(C)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社
  • 『xxxHOLiC』原作書影(C)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社
■あらすじ
あなたのネガイ、叶えましょう――

<アヤカシ>が見える高校生・四月一日君尋(ワタヌキ キミヒロ)は、<ミセ>の店主・壱原侑子(イチハラ ユウコ)と出会う。
「どんな願いでも叶える」という彼女。しかし「それに見合う”対価”」が必要という。
<アヤカシ>が見える体質を変えてもらうために<対価>として半強制的に<ミセ>でアルバイトをさせられることになる……。

■概要
『xxxHOLiC』の原作は、『カードキャプターさくら』などで知られるマンガ家チーム・CLAMPが2003年に「週刊ヤングマガジン」にて連載開始したダークファンタジーコミック。

TVアニメは2006年に第1期が、2008年に第2期が放送。2005年には劇場版が公開されました。2021年には、『演劇調異譚「xxxHOLiC」』のタイトルでオールメールでの舞台劇化。
さらに2013年には杏、染谷将太らを迎えてWOWOWプライムにて実写ドラマが放送。2022年4月29日には『ホリック xxxHOLiC』のタイトルで神木隆之介と柴咲コウを起用して実写映画公開が控えています。

■みどころ
4月の実写映画公開に向け、現在、講談社が運用するYOUTUBEアカウント「フル☆アニメTV」にて、第1期全24話が無料配信中。
これを機に「昔見たなー」という方も、「作品名は聞いたことがあるけど、実際に見たことはないな~」という方にも、ぜひ一度は見ていただきたい作品です!

まず声優陣には実力派が並びます!
壱原侑子役の大原さやかをはじめ、四月一日君尋役の福山潤、百目鬼静役の中井和哉、九軒ひまわり役の伊藤静、マル役のこじまかずこ、モロ役の望月久代、モコナ役の菊地美香がラインナップ。

大原さんは、本作でほぼ初の主演作だと自身のTwitterで明かしています。このあとに『Fate/Zero』アイリスフィール・フォン・アインツベルン役や『美少女戦士セーラームーンCrystal』海王みちる/セーラーネプチューン役、さらに京王電鉄などの駅アナウンスでもその美声で魅せる彼女の、渾身の主演演技をぜひその耳で堪能してほしいです。


さらに、福山さんでいうと、主人公・ルルーシュ役を演じた『コードギアス 反逆のルルーシュ』が放送されたのと同じ2006年放送の本作。ルルーシュでは、少し低めの硬い声色を駆使し、キャラクター性をよく表現し、厳しい現状を生き抜く彼の強さ・繊細さを感じさせます。一方、本作では高校生らしい爽やかで、柔らかく、可愛らしささえ感じる少年ボイスを披露。「侑子さん!」と困ったように呼びかける声も、「百目鬼!」と怒ったように叫ぶ声も、「ひまわりちゃーん!」と喜びいっぱいにすり寄る声も、福山さんの“喜怒哀楽”表現をいっぺんに浴びることできます。まさに、贅沢の極みです。
現在放送中のアニメでも福山さんの多彩な演技力は楽しめるのですが、2006年当時にしかないフレッシュさ薫る演技も絶品です。

さらに、本作で監督を務めたのは『ガールズ&パンツァー』『Another』『SHIROBAKO』で知られる水島努さん。水島さんにとっても本作はフリーランスになって、初めてのTVシリーズ監督作品だったそうです。自身のTwitterにて「これは『必然』、だったのかな……?いろいろなことを学ばせてもらいました。」と想いを明かしており、水島監督の“お初”作品としての楽しみ方もできるわけです。


そしてなんと言っても、侑子さんが紡ぐ言葉の数々が必聴、必聴、また必聴。うっかり胸に食い込んで抜けないような、筆者にとっては“啓示”のようなセリフのオンパレードでした。「この世に偶然なんてないわ あるのは必然だけ」はご存知の方もいるかと思います。放送当時もグッときたのを覚えていますが、侑子さんの言葉は大人になったいまでは以前とは違った意味合いで胸に響き、改めてハッとさせられました。

もちろん、物語の面白さは言わずもがな……。ストーリーに編み込まれた巧妙な仕掛けは、CLAMP作品群の『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』とも深い関わりがあるので、ぜひそちらのアニメや原作マンガをあわせてチェックして欲しいです。

この記事を見つけ、この記事を最後まで読んでくださった貴方と、この記事との出会いは、偶然ではなく、これもきっと“必然”なのでしょう――。
ぜひ、アニメ本編をチェックして(2022年1月24日までなら全24話がYOUTUBEにてイッキ見配信中)、4月の実写映画も楽しみに待ちましょう。


(C)アヤカシ研究会

《MINAMI》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集