日光生まれ日光育ち―絆を乗せてパックをつなげ!「プラオレ!」水沢愛佳役・増田里紅インタビュー | アニメ!アニメ!

日光生まれ日光育ち―絆を乗せてパックをつなげ!「プラオレ!」水沢愛佳役・増田里紅インタビュー

『プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~』で水沢愛佳を演じる増田里紅にインタビュー。

インタビュー
注目記事
水沢愛佳役・増田里紅
  • 水沢愛佳役・増田里紅
  • 水沢愛佳
  • 水沢愛佳
  • 増田里紅

 読者に人気のアニメ作品から、期待の声優に作品や役柄について語ってもらう雑誌「メガミマガジン」のインタビュー企画「Megami’sVoice」。2022年1月号には、『プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~』で水沢愛佳を演じる増田里紅が登場。本稿では、本誌で紹介できなかった部分も含めたロングインタビューをお届けする。

明るく元気なだけじゃないポンコツさも愛佳の魅力

――増田さんは、本作が声優デビュー作なんですね。
 初めて受けたオーディションで愛佳役に決まったので、すごくうれしかったです。

――『プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~』(以下『プラオレ!』)という作品の第一印象は?
 アイスホッケーを題材にしたアニメというのは聞いたことがなかったので、新しいチャレンジをしているんだろうなと思いました。オーディションの資料を見たときは、物語以上に愛佳のキャラクターが印象に残ったんです。明るくて元気な女の子を演じたいと思って声優を目指したので、資料を見たときに、ぜひやってみたいと思いました。

――物語が進むにつれて、愛佳の印象に変化はありましたか?
 最初はとにかく明るく元気だと思っていましたが、第3話で幼なじみの小野真美ちゃんと別れるシーンを経て、ただ明るいだけじゃなくて、悩んだり落ち込んだりすることもある、喜怒哀楽のはっきりした子だなという印象になっていきました。それから、彩佳という妹がいるのでお姉ちゃんらしく引っ張っていく子なのかと思っていたら、実際は彩佳に怒られるシーンも多くて、愛佳は意外とポンコツなんですね。また、何かと突っ走りがちですが、ちゃんと周りを見て、メンバーに寄り添うこともできる子だなとも感じられるようになりました。

――そんな愛佳を演じる際には、どんなことを大切にしていますか?
 オーディションの資料には、明朗快活とキャラクター説明があったので、まずは明るく元気に。それから、彼女のまっすぐさを大切にしたいと思いました。また、私はあまり人を引っ張るタイプではないのですが、リーダーだったらみんなにどうやって声をかけるのかということを、アフレコを離れた日常生活のなかで友達と話しているときにも考えたんです。他愛ない話でも愛佳だったらどう答えるかな……と思いながら生活していました。

――愛佳の役作りで大変だったことはありましたか?
 
アフレコの前に、台本を読んで愛佳の感情をイメージしていくんですが、実際にスタジオに入ってみると、もっと複雑に感情が混ざり合うことを音響監督の藤田(亜紀子)さんから指摘されるんです。それを自分のなかに落とし込むのが大変でした。

――アイスホッケーのシーンは、ぶつかり合いもあってハードですよね。
 パックを打つシーンなどで発する声は、日常会話とは力の入れどころが違うので、最初は難しかったです。試合中の息づかいや転ぶシーンは、つねに想像力を働かせなくてはいけなくて。どういう転び方をしたか、どこを打ったかで声の漏れ方が違うんですよね。家でたまに自分のおなかにパンチをして、どんな声が出るか試していました(笑)。

――初めてのアフレコで驚いたことはありましたか?
 想像していた以上にスタジオが静かでした! 全然音がしないんです。それから、体を動かすわけではないのに、結構体力を使うということも驚きました。

――スタッフからのディレクションで、印象に残っていることは?
 遠く離れているときと、隣にいるときとでは声のかけ方が変わるので、距離感を意識するようにというディレクションがありました。私は、セリフの最初の部分を投げつけるように強く言ってしまうクセがあるので、そこはよく注意されたんです。頭で理解はしていても技術がついていかなくて、体になじむまでが大変でした。また、ちゃんと相手のセリフを聞くように、というディレクションもありました。自分としてはちゃんと聞いているつもりなんですが、自分のなかで生まれた感情を愛佳として声にできなかったんです。でも、アフレコで一緒になった皆さんと話をしていくうちにだんだんと慣れてきて、愛佳としてセリフを聞いて言葉を返すことができるようになりました。

――第7話まで進んだところで増田さんが考える、愛佳の一番の魅力は?
 あきらめないところです。第3話でドリームモンキーズの敗戦が濃厚ななか、「まだあきらめないよ」と言うシーンがあったんです。みんなが落ち込んでしまいそうになる空気に飲まれず、あきらめないと言える強さに感激しましたし、みんなを引っ張ろうとする姿がすごく素敵でした。

――いま、一番気になっているキャラクターは誰ですか?
 東京に行ってしまった真美ちゃんです。この先の話では、真美ちゃんに絡んでいろいろなことが起こるので、ぜひチェックしてみてください。あと、個人的にチームメイトの高木尚実【たかぎなおみ】ちゃんのビジュアルがめちゃくちゃ好きなんです。尚実ちゃんだけじゃなく、真美ちゃん、鷺沼梨子【さぎぬまりこ】ちゃんといったショートカット女子は、つねに気になる存在です。

――これまででお気に入りのシーンはありますか?
 第2話で梨子ちゃんが尚実ちゃんの家に彼女を起こしに行くシーンが最高にかわいかったです! あと、第7話でちんあなごを「かわいい」と言っている姿からは、クールそうに見える尚実ちゃんの意外な面が見えて、ますます好きになりました。

――増田さんは、SMILE PRINCESSの一員としてオープニングテーマ「ファイオー・ファイト!」も歌っています。レコーディングの思い出を教えてください。
 最初はキーが高いなと思ったんですが、事務所の社長が歌への思いの込め方を教えてくれて、高音が出るかどうかを気にするより、まず一生懸命歌おうと思ってレコーディングに臨みました。実際にブースに入ってみたら、危惧していた高音も出て、すごく楽しくレコーディングができました。

――アフレコの思い出は?
 今回は、先輩とご一緒して、先輩方のアフレコを見学できる機会もあり、とても勉強になりました。とくに、真美ちゃん役の青山吉能さんは場をいつも明るくしてくれて、まゆち(相良茉優)からも新人はドアの近くに座ったほうがいいよと教えてもらって……。あと、森山(由梨佳)さんは、いてくれるだけで癒しでした! なかなかご一緒できない方もいましたが、先輩のアフレコを見学させてもらえて、その背中からオーラを感じて、すごく刺激をもらえました。

――いま感じている『プラオレ!』の魅力とは?
 
女の子たちの葛藤やがんばりを、ひとりひとりにスポットを当てて丁寧に描いているところです。チーム競技なので、ひとりだけメンバーについていけなくて悩んだり、試合に負けた悔しさにも温度差があったりするんですが、それをきちんと描きわけているんです。それぞれがアイスホッケーを通じて困難を乗り越えていく姿も魅力的ですし、もちろん試合シーンもスピード感があって素敵です。アイスホッケーのシーンも日常の等身大の彼女たちも、ぜひどちらも注目してほしいです。

――では最後に、この先の見どころを教えてください。
 試合で勝ったときに披露するビクトリーダンスが、さらに輝きを増します。それから、チームメイトの優ちゃんが以前所属していた釧路スノウホワイトとの試合も始まり、愛佳や優ちゃんたちの成長も感じてもらえるシーンが増えていくので、そのすべてが見どころです。いま第1話を見たら、愛佳たちの成長具合がわかってもらえると思うので、ぜひ何度も見返してください!

MegamiにQuestion

Q.自分のチャームポイント
A.少し立っている耳
 
髪を結んでいるときは、よく友達から「耳、立ちすぎじゃない?」って言われます(笑)。

Q.自分のニックネーム
A.りっくん
 
高校のときに友達が付けてくれました。『プラオレ!』の配信番組で呼び方を決めるときに「りっくん」って呼んでほしいと伝えたので、応援してくださる皆さんからもそう呼ばれています。

Q.自分の声の特徴
A.明るくてバカっぽい?
 
周りの方からは「明るい声だね」と言われるんですが、友達からは「バカっぽい」と言われます(笑)。自分でもそうだなって思います。

Q.自分の性格
A.やりたいと思ったら行動する
 
子供のころからドラムやギター、空手を習っていました。飽き性なのかやりたいことはころころ変わるんですが、やりたいと思ったらすぐに両親に伝えていましたね。直感行動タイプなところは、愛佳に似ているかもしれません。でも、恥ずかしいと思ったら引きずるほうなので、そこは愛佳とは似ていないですね。

Q.いま、ハマっているものは?
A.ナマケモノ
 
たまたま、道路をゆったりと渡っているところを、男性に持ち上げられて木に連れていかれる動画を見たんです。そのときの「どうにでもしてくれ」みたいな顔がかわいくて、それからハマりました。いまは化粧ポーチもナマケモノ型なんです。

Q.アイスホッケーをするとしたらポジションは?
A.ゴーリーをやってみたいです!
 
プロテクターがロボットみたいでかっこいいですよね! 一度パックを受け止めてみたいので、ぜひやりたいです。

Q.ずっと打ち込んできたものは?
A.小学校から中学校まで空手をやっていました
 
毎年、大会に出て、型で優勝をしたこともありました。ひとりでやる型も、団体戦もすごく好きで。とくに、号令のないアーナンクーという型を団体戦でやるときは、みんなを信頼し合って気持ちを合わせるのがすごく楽しくかったです。

Q.本作のキャッチフレーズ
A.日光生まれ日光育ち――絆を乗せてパックをつなげ! 
 
作品は日光を舞台にしていて、実際にある場所もたくさん登場するんです。愛佳が生まれた宿も実在するので、ぜひ聖地巡礼もしてほしいです。栃木県の名所や、作品に登場した空気を味わってください。

取材・文/野下奈生(アイプランニング)

※掲載情報は2021年11月末取材時のものです。

Profile
増田里紅【ますだ・りく】3月22日生まれ。東京都出身。Digital Double、ジャストプロ所属。本作で声優デビューをはたした。

作品Information
好奇心からアイスホッケーチーム・ドリームモンキーズの体験教室に参加し、その後チーム所属となった愛佳たち。強豪チームの選手だった清瀬優【きよせゆう】も加わり、先輩たちと練習を重ね実力をつけた愛佳たちは、リーグ戦に参加するまでになる。
放送日:毎週水曜23時よりTOKYO MXほかにて放映中

(C)2020 プラオレ!メディアミックスパートナーズ

日光生まれ日光育ち――絆を乗せてパックをつなげ!『プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~』水沢愛佳役・増田里紅インタビュー

《M.TOKU》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集