秋アニメ「takt op.Destiny」全ての始まりは10年前、“ボストンの惨劇”だった…第2話先行カット | アニメ!アニメ!

秋アニメ「takt op.Destiny」全ての始まりは10年前、“ボストンの惨劇”だった…第2話先行カット

秋アニメ『takt op.Destiny』より、10月12日(火)から放送の第2話「音楽-Reincarnation」のあらすじ・先行場面カットが公開された。

ニュース
注目記事
秋アニメ「takt op.Destiny」第2話先行カット(C)DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック
  • 秋アニメ「takt op.Destiny」第2話先行カット(C)DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック
  • 秋アニメ「takt op.Destiny」第2話先行カット(C)DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック
  • 秋アニメ「takt op.Destiny」第2話先行カット(C)DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック
  • 秋アニメ「takt op.Destiny」第2話先行カット(C)DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック
  • 秋アニメ「takt op.Destiny」第2話先行カット(C)DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック
  • 秋アニメ「takt op.Destiny」キービジュアル(C)DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック

秋アニメ『takt op.Destiny』より、10月12日(火)から放送の第2話「音楽-Reincarnation」のあらすじ・先行場面カットが公開された。

秋アニメ「takt op.Destiny」キービジュアル

『takt op.Destiny』は、クラシックの楽曲をモチーフにした少女たちが戦う新プロジェクト『takt op.(タクトオーパス)』の一環として、『呪術廻戦』のMAPPAと映画『サマーウォーズ』のMADHOUSEがタッグで制作するオリジナルアニメだ。
舞台は、異形の怪物“D2”が存在し、音楽を力にする少女たち“ムジカート”と、彼女たちを指揮する“コンダクター”が戦いを繰り広げる世界。2047年の荒廃したアメリカで、ニューヨークを目指して旅をするコンダクター“タクト”とムジカート“運命”の姿を描く。

第2話のタイトルはで「音楽-Reincarnation」。
全ての始まりは10年前。D2がボストンの街を襲い、血で染まったコンサートホール――『ボストンの惨劇』と呼ばれた事件だった。

秋アニメ「takt op.Destiny」第2話先行カット

その中で命を落とした名指揮者・朝雛ケンジこそ、タクトの実父。父を失った少年は、一人ピアノに没頭する。己の怒りを音色に込めるように……。彼を世話するのは、『運命』と同じ顔をした少女『コゼット』であった。

秋アニメ「takt op.Destiny」第2話先行カット

『takt op.Destiny』第2話「音楽-Reincarnation」は、10月12日よりテレビ東京系6局ネット・BSテレビ東京ほかにて放送。

【TV ON AIR】
テレビ東京系6局ネット・BSテレビ東京にて10月5日より毎週火曜深夜0時から放送
テレビ東京 毎週火曜深夜0時~
テレビ大阪 毎週火曜深夜0時~
テレビ愛知 毎週火曜深夜0時~
テレビ北海道 毎週火曜深夜0時~
テレビせとうち 毎週火曜深夜0時~
TVQ九州放送 毎週火曜深夜0時~
BSテレビ東京 毎週火曜深夜0時~

【STREAMING】
Amazon Prime Videoにて
10月5日より毎週火曜深夜1時から最速配信決定

【MAIN STAFF】
原作:DeNA・広井王子/監督:伊藤祐毅/シリーズ構成:吉村清子/キャラクター原案:LAM
キャラクターデザイン:長澤礼子/総作画監督:長澤礼子、菅野利之アクションディレクター:岩澤亨
D2デザイン:原科大樹/武器デザイン:前並武志/美術監修:東潤一/美術監督:宇佐美哲也/色彩設計:末永絢子
3DCGモデリングディレクター:玉井真広/3DCGアニメーションディレクター:小野英希
撮影監督:伏原あかね/編集:木村佳史子/音楽:池頼広/音響監督:郷文裕貴/制作:MAPPA×MADHOUSE

オープニング主題歌:ryo (supercell) feat.まふまふ, gaku「タクト」
エンディング主題歌:中島美嘉「SYMPHONIA」

【MAIN CAST】
朝雛タクト:内山昂輝/運命:若山詩音
アンナ・シュナイダー:本渡楓/巨人:伊藤美来/レニー:日野聡
天国:水瀬いのり/地獄:上田麗奈/シントラー:浪川大輔/ザーガン:花輪英司
(C)DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック
《宮崎二郎》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集