好きな“ミステリー”アニメといえば? 3位「美少年探偵団」&「憂国のモリアーティ」2位「氷菓」、1位は…<21年版> | アニメ!アニメ!

好きな“ミステリー”アニメといえば? 3位「美少年探偵団」&「憂国のモリアーティ」2位「氷菓」、1位は…<21年版>

アニメ!アニメ!では「好きな“ミステリー”アニメといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
注目記事
『美少年探偵団』ビジュアル(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • 『美少年探偵団』ビジュアル(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
  • [好きな“ミステリー”アニメといえば?]TOP5
  • 『名探偵コナン 緋色の弾丸』キービジュアル(C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • TVシリーズ「氷菓」ビジュアル (C)米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会
  • 『憂国のモリアーティ』2クールキービジュアル(C)竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会
  • 「金田一少年の事件簿」(c)天樹征丸・さとうふみや・講談社/読売テレビ・東映アニメーション
  • 「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」キービジュアル(C)IDDU/ID:INVADED Society
  • 「探偵はもう、死んでいる。」キービジュアル(C)2021 二語十・うみぼうず/KADOKAWA/たんもし製作委員会
10月7日は「ミステリー記念日」です。

世界初のミステリー小説といわれる『モルグ街の殺人』の作者エドガー・アラン・ポーの命日が由来の記念日となっています。

アニメにとってミステリーは人気のジャンルです。劇中で起きる凄惨な事件、探偵を欺く奇想天外なトリック、そして誰もが予想していなかった意外な犯人など、ファンをワクワクさせる魅力的な要素が詰まっています。そんなミステリーアニメの中で、アニメ!アニメ!読者の支持を集めるタイトルは一体何なのでしょうか?

そこで今回は「好きな“ミステリー”アニメといえば?」と題した読者アンケートを2年ぶりに実施しました。9月22日から9月29日までのアンケート期間中に192人から回答を得ました。
男女比は男性約20パーセント、女性約80パーセントと女性がメイン。年齢層は19歳以下が約55パーセント、20代が約25パーセントと若年層が中心でした。

2019年版結果:https://animeanime.jp/article/2019/10/07/48803.html

■2021年放送のタイトルもランクイン!


第1位


1位は『名探偵コナン』。支持率は約50パーセントで、前回に続きトップとなりました。


『名探偵コナン 緋色の弾丸』キービジュアル(C)2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
「1996年から続くご長寿ミステリーアニメ。おそらく日本で一番知られてるミステリーアニメではないでしょうか?」と圧倒的な知名度の高さが票を集めた理由です。

「各エピソードの緻密なトリックと、少しずつ進展していく黒の組織のストーリーに引き込まれます」とメインの謎解きはもちろん、「原作者の青山剛昌先生が“殺人ラブコメ”と自称するほど、恋愛の要素が挟まれているのが好き。いろいろな恋模様の進展具合からも目が離せない」、「主題歌を担当しているアーティストが豪華で、スタイリッシュなOPとEDアニメも見どころだと思います」と多彩な要素でファンを魅了しています。

第2位


2位は『氷菓』。支持率は約10パーセントで、こちらも前回に続き2位となっています。


TVシリーズ「氷菓」ビジュアル (C)米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会
「省エネをモットーとする主人公・折木奉太郎が、学生生活の中で起きる謎や所属する古典部のメンバーに振り回されていく内に、灰色ではない高校ライフを過ごしていく様子が楽しい」や「日常の謎を解く作品が好きなので選びました。景色も美しく描かれていて、キャラクターも可愛らしいです」と人が死なないミステリーアニメとして高い人気を誇っています。「ヒロインの千反田えるとの関係性も気になります!」と恋愛模様に注目している読者もいました。

第3位


3位は『美少年探偵団』と『憂国のモリアーティ』が同票。支持率は約5パーセントでした。


『美少年探偵団』ビジュアル(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
『美少年探偵団』には「西尾維新原作の美しい学園ミステリー。『化物語』など西尾作品を映像化してきたアニメ制作会社・シャフトとの相性も抜群!」や「謎を楽しんでいるリーダーをはじめ、美少年探偵団のメンバーがキュート。美しい映像やテンポの良いカット割りにも引き込まれました」。


『憂国のモリアーティ』2クールキービジュアル(C)竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会
『憂国のモリアーティ』には「名探偵のシャーロック・ホームズではなく影の存在であるウィリアムを主役に立てたことに驚きました。二人の掛け合いがとても面白いです」や「『シャーロック・ホームズ』の原作に新たな解釈を加えていて、悪役としての苦悩も見える。謎が解けたときの気持ちよさも素晴らしかった」と2021年放送のタイトルが同順位となりました。

■そのほかのコメントを紹介!!


『金田一少年の事件簿』には「トリックも好きですが、それ以上に犯人の動機に心動かされます。ときには大切な人を傷つけられたことへの復讐だったりと、犯人側のドラマも魅力」。
『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』には「夢の世界の中で操作をするので、一体何が起きているのか探偵も視聴者もわからない。その展開がキャラクターたちと一緒に謎を解いていくようで好きでした」。


「探偵はもう、死んでいる。」キービジュアル(C)2021 二語十・うみぼうず/KADOKAWA/たんもし製作委員会
『探偵はもう、死んでいる。』には「ただ謎が解かれるだけでなく、タイトル通り探偵のシエスタがすでに死んでいることや、ダイナミックなバトルアクションもあり、飽きることなく楽しめます」。
『オッドタクシー』には「女子高生の失踪事件から物語がはじまり、先の読めない展開に毎回ドキドキしました。最後に伏線が回収される怒涛の展開は鳥肌もの!」と今年話題の作品にも投票がありました。


「オッドタクシー」キービジュアル(C)P.I.C.S. / 小戸川交通パートナーズ
今回のアンケートでは謎解き要素だけでなく、学園ものだったり群像劇だったりと、多彩な面白さを持ったタイトルが目立つ結果となりました。
次ページではトップ10まで公開中。こちらもぜひご覧ください!

■ランキングトップ5


[好きな“ミステリー”アニメといえば?]
1位 『名探偵コナン』
2位 『氷菓』
3位 『美少年探偵団』
3位 『憂国のモリアーティ』
5位 『金田一少年の事件簿』
5位 『文豪ストレイドッグス』
(回答期間:2021年9月22日~9月29日)

次ページ:ランキング10位まで公開


※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。


《高橋克則》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集