2021秋アニメ原作本ランキング発表! 「ブルーピリオド」「終末のワルキューレ」「鬼滅の刃」がトップ3 | アニメ!アニメ!

2021秋アニメ原作本ランキング発表! 「ブルーピリオド」「終末のワルキューレ」「鬼滅の刃」がトップ3

ハイブリッド型総合書店「honto」より、2021秋アニメ原作本ランキングが発表。『ブルーピリオド』『終末のワルキューレ』『鬼滅の刃』『無職転生』や『古見さんは、コミュ症です。』などがランクインしている。

ニュース
注目記事
第1位:『ブルーピリオド(10)』山口つばさ(著)/ 講談社
  • 第1位:『ブルーピリオド(10)』山口つばさ(著)/ 講談社
  • 第5位:『古見さんは、コミュ症です。(21)』オダトモヒト(著)/ 小学館
  • 第4位:『無職転生(15)』フジカワユカ(著)、理不尽な孫の手(原作)、シロタカ(企画・原案)/ KADOKAWA
  • 第2位:『終末のワルキューレ(11)』アジチカ(作画)、梅村真也(原作)、フクイタクミ(構成)/ コアミックス
  • 第3位:『鬼滅の刃(23)』吾峠呼世晴(著)/ 集英社
ハイブリッド型総合書店「honto」より、2021秋アニメ原作本ランキングが発表。『無職転生』や『古見さんは、コミュ症です。』などがランクインしている。

2021秋アニメ原作本ランキングは、honto サービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂などと、hontoサイトで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとに集計したもの(集計期間:2021年4月1日~2021年9月14日)。

第1位:『ブルーピリオド(10)』



第1位:『ブルーピリオド(10)』山口つばさ(著)/ 講談社
第1位は、『ブルーピリオド(10)』。2020年のマンガ大賞をはじめ、数々の漫画賞を受賞した話題の美術漫画。成績優秀かつスクールカースト上位、という傍から見たら充足していそうな主人公が、1枚の絵との出会いをきっかけに「本気で打ち込めること」を見つけ、美術の世界へ身を投じていく。自分の好きなことってなんだったっけ、やりたいことって……?と考えるきっかけにもなる本作は、20代30代に人気だ。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

第2位:『終末のワルキューレ(11)』



第2位:『終末のワルキューレ(11)』アジチカ(作画)、梅村真也(原作)、フクイタクミ(構成)/ コアミックス
続く第2位は、『終末のワルキューレ(11)』。人類の滅亡を決めた神々と、その決定を覆すべく選ばれた人類史上最強の偉人、武人、傑人 13人との戦いを描くバトル・ファンタジー。
前クールにNetflixで独占配信され「Netflix 本日のTOP10」で総合1位に輝き、Twitterでトレンド入りするなど話題となったアニメがいよいよ10月から地上波に登場する。その原作コミックである本作は「このマンガがすごい!2019」オトコ編を受賞しており、購買比率(当書店)をみると圧倒的に男性人気が高く、女性の3倍もの購買があった。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

第3位:『鬼滅の刃(23)』



第3位:『鬼滅の刃(23)』吾峠呼世晴(著)/ 集英社
第3位は、『鬼滅の刃(23)』最終巻。昨年一世を風靡した本作、昨年末に最終巻が発売されてから発刊は止まっているにも関わらず、直近半年間を対象とした本集計にもランクインした。10月からは「無限列車編」も放送され、続く「遊郭編」が12月からはじまることも発表されている。9月には毎週末にこれまでのアニメ、映画が一挙にテレビ地上波で放送もされた。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

第4位は『無職転生(15)』、 第5位は『古見さんは、コミュ症です。(21)』 がランクイン。第6位から第20位まではWebサイトで発表している。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります。

▼honto「2021年秋アニメ原作本ランキング」
第1位:『ブルーピリオド(10)』山口つばさ(著)/ 講談社
第2位:『終末のワルキューレ(11)』アジチカ(作画)、梅村真也(原作)、フクイタクミ(構成)/ コアミックス
第3位:『鬼滅の刃(23)』吾峠呼世晴(著)/ 集英社
第4位:『無職転生(15)』フジカワユカ(著)、理不尽な孫の手(原作)、シロタカ(企画・原案)/ KADOKAWA
第5位:『古見さんは、コミュ症です。(21)』オダトモヒト(著)/ 小学館
《スーサイド・モモ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集