「おそ松さん」実写映画化決定!“Snow Man”主演 2022年春公開 | アニメ!アニメ!

「おそ松さん」実写映画化決定!“Snow Man”主演 2022年春公開

2015年10月からアニメ化された、赤塚不二夫の名作ギャグマンガを原作とした『おそ松さん』が実写映画化決定。主演はSnow Manが演じる。

ニュース
注目記事
映画キャスト『おそ松さん』(C)映画「おそ松さん」製作委員会2022
  • 映画キャスト『おそ松さん』(C)映画「おそ松さん」製作委員会2022
  • アニメ『おそ松さん』(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
2015年10月から放送された、赤塚不二夫の名作ギャグマンガを原作としたアニメ『おそ松さん』が実写映画化決定。主演はSnow Manが演じる。

本作は、20歳を過ぎてもクズでニートで童貞、だけどどこか憎めない大人に成長した松野家6つ子を主人公に何でもありの予測不可能な物語が人気を博し、2016年には流行語大賞にノミネートされるほどの社会現象を巻き起こした人気シリーズ。
シリーズは3期にわたって放送され、2019年に劇場版も公開、2.5次元の舞台化も果たしている。

2021年に6周年を迎えた本作は、記念企画の一環として、新作アニメも2022年、2023年に全国劇場にて期間限定公開が決定。さらに今回、実写映画化が発表となった。

主演を務めるSnow Manは、2020年にデビューしたアクロバットやダンスを得意とするグループ。
おそ松役を向井康二、カラ松を岩本照、チョロ松を目黒蓮、一松を深澤辰哉、十四松を佐久間大介、トド松をラウール、今回オリジナルキャラクターとなるエンドを渡辺翔太、クローズを阿部亮平、ピリオドを宮舘涼太が演じる。

監督は、『東京リベンジャーズ』『ヒロイン失格』『映画賭ケグルイ』などマンガ作品の実写化を多数手掛ける英勉がメガホンを取る。
Snow Man・リーダーの岩本と、映画プロデューサーからはコメントも到着した。
なお、Snow Man YouTube公式チャンネルでは実写映画化を記念した動画も公開された。

映画『おそ松さん』は2022年春公開予定。実写版ならではのオリジナル要素が盛り込まれ、彼らがどのような活躍をするのか、注目したい。

■以下、コメント全文


岩本照(Snow Man リーダー)


“え! 『おそ松さん』実写でやるの?”大好きな作品であると同時にその世界観にメンバー一同、嬉しさと「どうしよう?」という思いでした(笑)。
先日、メンバー、共演者の方々と本読みをしましたが、今までの本読みの中で一番笑ったかもしれません。僕が登場しないシーンでもメンバーがやりとりしているのを聞いて、声に出して笑ったのは初めてです。
撮影はこれからになりますが、全部が楽しみです。他のメンバーのシーンで実際に撮影を見られないシーンもあるので、作品が出来上がった時にどういうふうに脚本から変わるのか、本読みで自分が笑った部分がどのような映像になっていくのか、とてもワクワクしています。
『おそ松さん』を好きな方にも、Snow Manを知ってくださっている方、知らない方も、誰が観てもくすっと笑えたり、声を出して笑ってしまうような作品に仕上がると思います。
観ていただく方に楽しんでいただけるよう、まずは自分達が精一杯楽しみながら撮影に挑みたいと思っています。

菅原大樹(プロデューサー)


アニメ『おそ松さん』は毎週楽しみに見ていました。6つ子の関係性を中心に多種多様な“笑い”全開の作品で、深夜に何も考えずに見て笑えるアニメでした(笑)。そんなアニメ『おそ松さん』の実写映画を企画した意図としましては、コロナ禍という状況が大きかったかと思います。閉塞感のある状況が続く中、観てくれた方が一瞬でもそういった気持ちを忘れ、何も考えずに笑えるような作品を制作したくて「やるなら今しかない!」と思いました。また主演でご出演頂くSnow Manさんですが、彼らの公式YouTubeチャンネルを拝見する機会があり、そこで見せる無邪気なやり取りや、お互いのことを想っている様子は見ていて本当に微笑ましくて、まさに「兄弟」そのものだなと感じました。もちろん笑いのセンスもある皆様ですので、彼らとなら『おそ松さん』を実写化出来ると確信しました。本作が『おそ松さん』「Snow Man」ファンの皆様はもちろん、今回初めて知って頂いた方々にも“笑い”や“笑顔”を届けられる作品にしたいと思いますので、皆様是非ご期待ください。

作品概要
■タイトル:映画『おそ松さん』
■原作:赤塚不二夫「おそ松くん」
■監督:英勉
■脚本:土屋亮一
■制作:シネバザール/はちのじ
■配給:東宝
■公開日:2022年春

(C)映画「おそ松さん」製作委員会2022
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
《スーサイド・モモ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集