津田健次郎、山口勝平ら声優、元日本代表や芸人が“吹き替え”参加! eスポーツバトル映画「スペース・プレイヤーズ」 | アニメ!アニメ!

津田健次郎、山口勝平ら声優、元日本代表や芸人が“吹き替え”参加! eスポーツバトル映画「スペース・プレイヤーズ」

NBA最強プレイヤーのレブロン・ジェームズがワーナー・ブラザース映画の人気キャラを仲間にeスポーツバトルに挑む映画『スペース・プレイヤーズ』が、8月27日に公開を迎える。このたびその吹替声優陣として津田健次郎や山口勝平の出演が発表され、コメントも到着した。

ニュース
注目記事
『スペース・プレイヤーズ』ルーニー・テューンズ(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『スペース・プレイヤーズ』ルーニー・テューンズ(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『スペース・プレイヤーズ』吹替声優&ルーニー・テューンズ(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『スペース・プレイヤーズ』吹替声優(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

NBA最強プレイヤーのレブロン・ジェームズがワーナー・ブラザース映画の人気キャラを仲間にeスポーツバトルに挑む映画『スペース・プレイヤーズ』が、8月27日に公開を迎える。このたびその吹替声優陣が発表され、ドン・チードル演じるアル・G・リズム役の津田健次郎や、バッグス・バニー役の山口勝平をはじめとするルーニー・テューンズお馴染みのキャストらが出演することがわかった。あわせてコメントも到着している。

『スペース・プレイヤーズ』は、NBA史上最強のプレイヤーと呼び声の高い、バスケットボール選手のレブロン・ジェームズを本人役で主演に迎えるスポーツコメディ映画だ。1923年の創立以来、数々の名作に世におくり出してきたワーナー・ブラザースの歴代の作品/キャラクターが垣根を超えて登場。誰も観たことのない、壮大な「無限バーチャル・ワールド」で繰り広げられるeスポーツバトルが描かれていく。

このたび発表された吹替声優陣は、まず主演のレブロン・ジェームズ役には楠大典、ドン・チードル演じるアル・G・リズム役には津田健次郎、ワンダーウーマン役には甲斐田裕子、レブロンのもう一人の息子ダリウス役には八代拓が名を連ねる。

また、最強チームを探すレブロンに協力するルーニー・テューンズキャラクターのキャストとして、バッグス・バニー役の山口勝平、ローラ・バニー役の深水由美、ダフィー・ダック役の高木渉、トゥイーティー役のこおろぎさとみ、スピーディー・ゴンザレス役の三ツ矢雄二、マービン・ザ・マーシャン役の小形満、フォグホーン・レグホーン役の玄田哲章、シルベスター役の江原正士、ポーキー・ピッグ役の龍田直樹、ヨセミテ・サム役の石井康嗣、グラニー役の京田尚子、エルマー・ファッド役のチョーも参加。25年間、30年間と同役を演じ続けるレジェンドを含む、お馴染みの面々が集結を果たした。

吹き替えキャスト

このほか、NBA・WNBAの選手たちが演じる敵チーム「グーンスクワッド」のキャラクターは、サッカーの中澤佑二、女子サッカーの丸山桂里奈、女子フィギュアスケートの村上佳菜子ら元日本代表のアスリート、ココリコの田中直樹、マヂカルラブリーの野田クリスタルが担当する。ジャンル・カテゴリの垣根を凌駕した吹替陣に注目だ。

映画『スペース・プレイヤーズ』は、8月27日より字幕・吹替が同時公開。

<以下、コメント全文掲載>


【山口勝平(バッグス・バニー役)】


吹き替えはいつものみんな! 早く報告したかった~♪
今回はバッグスと共に歩んできた25年の中でも、特に感慨深い収録となりました。
ルーニー・テューンズのメンバーはみんな元気です!
是非、会いに来てね! 劇場で待ってるよー♪

【深水由美(ローラ・バニー役)】


バッグスをしつこく追いかけ回す、クレイジーなローラをずっと演じてきたので、スペース・プレイヤーズのクールで勇ましいローラがとても新鮮でした!
ルーニー・テューンズの皆に再会し、eスポーツでバトルできるなんて……最高です!!

【高木渉(ダフィー・ダック役)】


ダフィー・ダックの吹替えをして25年。
僕にとってはライフワークともいえる愛すべきキャラクターです。
お馴染みルーニーのキャラクターたちが実写の世界で大活躍。
ワーナーならではの夢のような時間をぜひお楽しみください。

【こおろぎさとみ(トゥイーティー役)】


トゥイーティーを演じた後は「トゥイーティー語」がなかなか抜けず、しばらく社会語復帰が大変です(笑)。
いつでもルーニー達はみなさんと一緒にいてくれます。
楽しい時も悲しい時も、これからもずっと。

【三ツ矢雄二(スピーディー・ゴンザレス役)】


初めてゴンザレスに声を吹き込んだのがいつなのか、忘れました。とにかく面白い。声を吹き込むために何度も見たけど、何度見ても面白い。大人も子供も誰だって楽しめちゃう、そんな素敵な映画です。
僕の役のゴンザレスは、うな重の山椒みたいな役です。
山椒は小粒でピリッと辛い。ちっちゃいけど、どこにいるか探してね。

【小形満(マービン・ザ・マーシャン役)】


三代目マービン役初出演は5年くらい前です。
独特の発想で何でも面白くしてしまう愛すべきキャラクター達、そして熱狂的なファンの多い NBA スターとのヴァーチャル共演は正にみんなの夢。その可能性は無限大です!

【玄田哲章(フォグホーン・レグホーン役)】


アニメと実写が合わさって、どうマッチするんだ!?と思いましたが、ルーニー・テューンズたちも一生懸命猛練習して、チームに加わってとてもドラマチックに描かれています。
テンポが良く、とても楽しい、期待を裏切らない作品になっています!
ワクワクして劇場にいらっしゃってください。

【江原正士(シルベスター役)】


30数年前にシルベスターと出会ってからますますパワーアップし続けるルーニーの仲間たち!
今回は最高の大ハシャギでぶっちぎりでーす、ご期待下さい!!

【龍田直樹(ポーキー・ピッグ役)】


ポーキー・ピッグ! 私が生まれる前から既に居た!
つまり、まともに数えれば80…○才? えっ、ホントに!?
とてもそうは見えません!
可愛く、元気で、歳とらない!
私も P・P に「ああ、あやかりたい!」

【石井康嗣(ヨセミテ・サム役)】


僕が初めてヨセミテ・サムに声をあてたのは2014年のことです。
これぞアメリカンギャグアニメという展開は今回の映画でも健在で、いい意味でばかばかしく痛快です。
難しいことは考えずに楽しんじゃってください!

【京田尚子(グラニー役)】


この作品をつくるのは本当に大変だったろうなぁと思いますね。
アテレコもスポーツしてるみたいでしたよ。
今作は、いつものグラニーよりも若く、活発に、強く演じました。
みんなそれぞれが活躍しますので、お楽しみに!

【チョー(エルマー・ファッド役)】


なが~~~いお付き合いですね、エルマー・ファッドさん。
でも、ヴァーニーとエルマー、同じ役者さんが声を演じているというのをつい最近知ったんですよ。
もう、びっくり!!! すごいですね~!
楽しんでますね~! 遊んでますね~~!!

【田中直樹(アンソニー・デイビス選手役/ザ・ブロウ役)】


レブロンが映画をやるというニュースを聞いた時から注目していたので、吹き替え声優として自分が携われると聞いてめちゃめちゃ嬉しかったです。
夢のような気持ちです。「やった~!」って言ったと思います。人って本当にそう言うんだなと(笑)。
時代の変化でeスポーツの人気もどんどん広がり、スポーツとゲームの組み合わせにそこにアニメも加わってよりスケール感のある映像になりジョーダンの「SPACE JAM」の時とはまた違った映画になっていると思います。
ゲームオブスローンズやDCシリーズも大好きなのでどのようにキャラクターが出てくるか楽しみです。

【中澤佑二(デイミアン・リラード選手役/クロノス役)】


サッカーをやっていた人間がレブロンと戦えることは光栄ですし、実際に戦っているような気持ちに吹き替え中はなりました。
自分もディフェンスの選手なので、いつもレブロンのディフェンスに注目して見てます。もし止めるとしたら、サッカー界でいうクリロナ(クリスティアーノ・ロナウド)のような選手なので、とにかく2~3人で囲むかたちでゴールからなるべく遠ざけたところでプレーしてもらう作戦を立てます。
こうしたバーチャル世界は今後実際に味わえると思いますし、ゲーム好きの自分としては楽しくワクワクしました。

【野田クリスタル(クレイ・トンプソン選手役/ウェット・ファイヤー役)】


バスケ好きとしてレブロンをいつかは倒さなきゃいけない存在だと思ってたので、こうやって映画の中で闘えてよかったです。
次は実際に会って、レブロンの頭の上からダンクをかましたい。吹き替えは芸人としての立場を求められていたら申し訳ないというか声優さんっぽく真面目に取り組んだので今思うともっとちょけたほうが良かったと思います(笑)。
初めて声優に挑戦しましたが、このアフレコ自体をゲームにできるんじゃないかと思いました。
タイムコードに合わせてアフレコリズムゲームみたいなのを作ったら面白いと思います。

【丸山桂里奈(ネカ・オグウマイク選手役/アラクネカ役)】


アフレコの仕事をしたいとずっと言っていたので夢が叶って嬉しいです。キャラクターものが好きで、画面の中で生きているキャラクターに自分の声を吹き込むことをやってみたかったんです。元々アスリートなので久しぶりに試合に参加して90分間戦ったような脇汗をかきました。
演じたアラクネカという役は、蜘蛛をベースにしているんですが、現役の時の私に似ているんです。今と違って眉毛が鋭かったので(笑)。
映画の中に出てくるベニーワイズやキングコングは大好きですので、今回同じ映画の中で共演出来て嬉しかったです。

【村上佳菜子(ダイアナ・トーラジ選手役/ホワイト・マンバ役)】


アニメが好きで、姉とよく一緒にルーニー・テューンズは見ていました。話の展開が奇想天外でカラーもポップで、特に好きなキャラクターはトゥイーティーです。今回声優は初めてで、身体で表現することは昔からやってきましたが、声で表現することは初の挑戦でした。
明るい性格の自分が悪い役を演じるにあたり低い声を出だそうと頑張りました。
実際にはスクワットの姿勢で台本を持たずにやってみたら上手くいったと思います。
映画館のスクリーンで観ると自分もこのバーチャル・ワールドに入っている感覚になると思いますので是非楽しみにしてください。

『スペース・プレイヤーズ』
◆監督:マルコム・D・リー (『ガールズ・トリップ』『ナイトスクール』)
◆製作:ライアン・クーグラー、レブロン・ジェームズ、マーベリック・カーター、ダンカン・ヘンダーソン
◆脚本:ジュエル・テイラー、トニー・レッテンマイアー、キーナン・クーグラー、テレンス・ナンス
◆出演:レブロン・ジェームズ、ドン・チードル(映画「アベンジャーズ」シリーズ、『ホテル・ルワンダ』)、セドリック・ジョー、ソネクア・マーティン=グリーン、ゼンデイヤ(『DUNE/デューン 砂の惑星』『マルコム&マリー』)
◆配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
《仲瀬 コウタロウ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集