「月が導く異世界道中」21年7月放送開始! ビジュアル&第1弾PV、早見沙織&前野智昭ら追加キャスト公開 | アニメ!アニメ!

「月が導く異世界道中」21年7月放送開始! ビジュアル&第1弾PV、早見沙織&前野智昭ら追加キャスト公開

TVアニメ『月が導く異世界道中』の放送開始時期が2021年7月に決定した。あわせて本ビジュアルと第1弾PVが公開。追加キャラクターのキャストとして早見沙織、辻親八、久保ユリカ、二ノ宮愛子、上田麗奈、前野智昭の出演も発表され、コメントが寄せられた。

ニュース
注目記事
『月が導く異世界道中』本ビジュアル(C)あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会
  • 『月が導く異世界道中』本ビジュアル(C)あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会
  • 『月が導く異世界道中』第1弾PV場面写真(C)あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会
  • 『月が導く異世界道中』第1弾PV場面写真(C)あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会
  • 『月が導く異世界道中』第1弾PV場面写真(C)あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会
  • 『月が導く異世界道中』第1弾PV場面写真(C)あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会
  • 『月が導く異世界道中』第1弾PV場面写真(C)あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会
  • 『月が導く異世界道中』第1弾PV場面写真(C)あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会
  • 『月が導く異世界道中』エマ(C)あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会
TVアニメ『月が導く異世界道中』の放送開始時期が2021年7月に決定した。あわせて本ビジュアルと第1弾PVが公開。追加キャラクターのキャストとして早見沙織、辻親八、久保ユリカ、二ノ宮愛子、上田麗奈、前野智昭の出演も発表され、コメントが寄せられた。

『月が導く異世界道中』は、あずみ圭が「アルファポリス」より刊行中の小説を原作とする異世界世直しファンタジー。
異世界に“勇者”として召喚されるも、その称号を即剥奪され最果ての荒野に飛ばされてしまった主人公・深澄真が、様々な人ならざる種族と出会いながら魔術や戦闘で常識外な力を発揮しつつ生き抜いていく。


『月が導く異世界道中』第1弾PV場面写真(C)あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会【画像クリックでフォトギャラリーへ】
このたび公開された本ビジュアルは夜空に浮かぶ月を背景に、武器を構える真たちや物語を動かすきっかけとなる女神、月読命が描かれたもの。女神の不敵な笑みは、一体何を意味しているのだろうか。

さらに、真が召喚された異世界で奔走する様子が描かれた第1弾PVもお披露目。勇者として異世界に召喚されたはずの真が召喚主の女神によって放り出される、まさかの場面から始まるものだ。


真はその後、異世界で出会った巴や澪に振り回された際は困惑する一方で、魔法を駆使して戦う際には勇ましい姿も見せる。『月が導く異世界道中』の魅力である、コミカルな面とシリアスな面のギャップを楽しめる仕上がりとなった。

さらに追加キャラクターのキャストとして早見沙織、辻親八、久保ユリカ、二ノ宮愛子、上田麗奈、前野智昭が出演することも明らかになった。
早見は世界の果てに住むハイランドオークの女の子・エマ役、辻は神話級の武具を作ると言われるエルダードワーフ族のベレン役、久保はヒューマンの女性冒険者・トア役を担当。
二ノ宮はトアの妹で真が異世界で出会うリノン役、上田は真を勇者として異世界に召喚した女神役、前野は真に様々な加護を与え助ける月読命役を務める。
真の異世界世直しを盛り上げるキャラクターたちにも注目したい。

TVアニメ『月が導く異世界道中』は、2021年7月より TOKYO MX、MBS、BS日テレほかにて放送予定。

<以下、コメント全文掲載>


【エマ:早見沙織】




・本作の印象
異世界ならではの世界観と、個性あるキャラクターたちに引き込まれました。シリアスなシーンとコミカルなシーンのギャップが良いなと思います。ザ異世界の中で、真が一句詠んだりするのが面白かったです。
アフレコでも、コミカルなパートの皆さまのお芝居やアドリブが全開で、楽しい収録になっています。
・演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
エマさんは、ハイランドオークという種族の、心優しく可愛らしい女の子です。物語の序盤、ひょんなことから真に助けられ、異世界道中の源流を作る一端を担った…ともいえる存在です。一生懸命で健気な姿が魅力的で、自然と自分自身も真っ直ぐな気持ちでマイクに向かわせていただきました。
あわあわしたり稀に怒ったりする姿もギャップがあって可愛らしいので、お楽しみに!

【ベレン:辻親八】



・本作の印象
『ダイナミックなファンタジー』という印象です。スルっと時空を超え特異なキャラクター達と出会い、予期せぬ展開も楽しめる、とにかく劇的な作品です。乞うご期待
・演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
ベレンは一言で言うとドワーフです。以前吹き替えでドワーフを演じました。別名怒りん坊…そんなベレンを楽しく演じたく思います。乞うご期待

【トア:久保ユリカ】



・本作の印象
作品の世界観に触れはじめた時の印象としましては、異世界の女神の「好みの外見」ではなかったことから、異世界生活は大変なスタートとなる主人公、深澄真くん。という物語の入りが‥あまりにも不憫で‥それがまた、個人的にはとても斬新で面白い!と思いました。
・演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
トアは一族の名誉を挽回する為、懸命に冒険者として戦う女性ですが、作品の雰囲気を考えながら、あまり暗くなりすぎないように元の性格をベースに持ってシーンに合ったテンション感を意識しました。
妹を大切に想う姿はとてもカッコ良くて素敵なので、トアの良さが少しでも多くの方に伝わると嬉しく思います。

【リノン:二ノ宮愛子】



・本作の印象
最初に読んだ時は女神様のあまりの傍若無人っぷりに真に同情してしまったのですが、その後巴と澪が代わりに暴れまわってくれるのが爽快でした。オーク族のエマさんもとても可憐で、人外ヒロインの良さを沢山感じられます。
・演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
リノンは姉思いのしっかり者なのですが、真達に関わってくる初めての人族だと思うので人らしく演じようと心掛けました。シリアスな場面も多かったのですが、ズバっと言葉を濁さず言うところなど無邪気で強かな部分がある子だと感じたので、普段のリノンのキャラクター性も感じ取っていただけたら嬉しいです。

【女神:上田麗奈】



・本作の印象
コメディとシリアスのバランスが絶妙で、物語もリズミカルに進んでいくので、観ていてとても気持ちいいなと感じました。
個性的すぎるキャラクターたちと一緒に、皆さまもぜひ、異世界ライフを楽しんで下さい!
・演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
思った事を素直に表現する方なので、真くんに対しても、強い言葉を容赦なく投げつける印象があります。
最後の最後まで、裏表なく暴力的に、様々な罵声を浴びせられるように頑張ります!

【月読命:前野智昭】



・本作の印象
ファンタジーやゲームが好きな自分からすると好物の香りしかしないなと思いました。
実際、世界観やキャラクター達に引き込まれましたし、先の展開が気になるなと思いました。
・演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
月読命がまさにこの物語を大きく動かすきっかけとなるので、それほど多いとは言えない出番の中でも説得力や存在感を出そうと考えつつ、スタッフさんと相談し、キャラを作らせて頂きました。ぜひご覧頂ければと思います

TVアニメ『月が導く異世界道中』
●放送情報
2021年 7 月より、TOKYO MX、MBS、BS日テレほかにて放送予定
●スタッフ情報
原作:あずみ圭(アルファポリス刊)
原作イラスト:マツモトミツアキ
漫画:木野コトラ
監督:石平信司
シリーズ構成・脚本:猪原健太
キャラクターデザイン:鈴木幸江
助監督:清水一伸
アクションディレクター:鈴木勇士
モンスターデザイン:有澤 寛
レイアウト監修:池下博紀
総作画監督:鈴木幸江、中村佑美子
キーアニメーター:高木有詩、芳賀 亮
総動画監修:高橋知也
色彩設計:高木雅人
美術監督・設定:佐藤正浩
美術ボード:永吉幸樹
プロップデザイン:永富浩司、今田 茜、たなべようこ
特殊効果:古市裕一
撮影監督:小野寺正明
編集:定松 剛
音響監督:はたしょう二(サウンドチーム・ドンファン)
音楽:高梨康治
音楽制作:日音
アニメーション制作:C2C
●キャスト情報
深澄 真:花江夏樹
巴:佐倉綾音
澪:鬼頭明里
エマ:早見沙織
ベレン:辻親八
トア:久保ユリカ
リノン:二ノ宮愛子
女神:上田麗奈
月読命:前野智昭

(C)あずみ圭・アルファポリス/月が導く異世界道中製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集