「バンドリ!」パスパレ丸山彩役・前島亜美、“彩ちゃんと出会えて過去の自分が報われた”【ガルパ4周年インタビュー】 | アニメ!アニメ!

「バンドリ!」パスパレ丸山彩役・前島亜美、“彩ちゃんと出会えて過去の自分が報われた”【ガルパ4周年インタビュー】

2021年3月16日にリリース4周年を迎える『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』の連載インタビュー。第7弾となる今回は、Pastel*Palettesのボーカル・丸山彩役の前島亜美さんに、印象的なストーリーやライブの思い出、これからの夢を聞いた。

イベント・レポート
注目記事
「バンドリ!」パスパレ丸山彩役・前島亜美、“彩ちゃんと出会えて過去の自分が報われた”【ガルパ4周年インタビュー】
  • 「バンドリ!」パスパレ丸山彩役・前島亜美、“彩ちゃんと出会えて過去の自分が報われた”【ガルパ4周年インタビュー】
  • 「バンドリ!」パスパレ丸山彩役・前島亜美、“彩ちゃんと出会えて過去の自分が報われた”【ガルパ4周年インタビュー】
  • 「バンドリ!」パスパレ丸山彩役・前島亜美、“彩ちゃんと出会えて過去の自分が報われた”【ガルパ4周年インタビュー】
  • 「バンドリ!」パスパレ丸山彩役・前島亜美、“彩ちゃんと出会えて過去の自分が報われた”【ガルパ4周年インタビュー】
  • 「バンドリ!」パスパレ丸山彩役・前島亜美、“彩ちゃんと出会えて過去の自分が報われた”【ガルパ4周年インタビュー】
  • 「バンドリ!」パスパレ丸山彩役・前島亜美、“彩ちゃんと出会えて過去の自分が報われた”【ガルパ4周年インタビュー】
  • 「バンドリ!」パスパレ丸山彩役・前島亜美、“彩ちゃんと出会えて過去の自分が報われた”【ガルパ4周年インタビュー】
  • 「バンドリ!」パスパレ丸山彩役・前島亜美、“彩ちゃんと出会えて過去の自分が報われた”【ガルパ4周年インタビュー】
    スマホ向けゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』(以下、ガルパ)が2021年3月16日にリリース4周年を迎える。アニメ!アニメ!では4周年記念企画としてガルパスタッフや声優にインタビューを実施。ガルパと歩んだ道のりや制作の裏側を振り返る。


今回インタビューしたのは、丸山彩役の前島亜美さん。同じ事務所の若手アイドル5人で結成されたアイドルバンド・Pastel*Palettes(以下、パスパレ)のボーカル役を務めている。

「もし誰が演じていても丸山彩を推していた」と語るほどキャラクターに思い入れがある彼女は、彩やパスパレのストーリーはアイドルとして活動していた自分から見てもリアルに描かれており、雨の中でチラシ配りをするなど自身も同じような経験があったという。

この4年間の思い出をうかがうと「彩ちゃんに出会えて過去の自分が報われた」と感慨深げに口にした場面も。印象的なストーリーやライブの思い出、これからの夢などを語ってもらった。
[取材・文=ハシビロコ]

誰が演じても丸山彩を推していた


――『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』が4周年を迎えます。今の率直なお気持ちをお聞かせください。

前島:この4年間ずっと日常に『バンドリ!』がある生活を送っていたので感慨深くもありますし、「まだ4年なんだな」とも思える不思議な気持ちです。こんなにも長く愛される作品に携われて幸せです。
私自身ガルパが大好きなので、リリースされてからはファンとして毎日ログインしていました。

Pastel*Palettes
――以前インタビューで、進藤あまねさん(倉田ましろ役)が「Pastel*Palettesを箱で推しています」とおっしゃっていました。

前島:ええー、嬉しい! たくさんの方に愛していただけて本当にありがたいです。もし私が彩役として参加していなくても、バンドリ!は絶対に出会っていた作品だと思います。
どなたが演じていても推していただろうと思うくらい、丸山彩は大好きなキャラクターです。


私もあまねちゃんと同じくガルパは事前登録組で、リリース日である4年前の3月16日の気持ちは今でも鮮明に覚えています。
アニメやゲームの役をレギュラーで本格的に演じるのは、バンドリ!が初めてでした。こんなにも素晴らしい作品に関わられたことがまず嬉しかったのですが、何度も苦戦しながら収録した声がいよいよ世に放たれると思うとドキドキが止まらなくて。リリース日は舞台公演の期間中だったのですが、会場近くのカフェでそわそわしながら待機していたし、楽屋でも「公演前にチュートリアルを終わらせてガチャを引きたい!」とプレイしていました(笑)。
ガルパで初めて丸山彩ちゃんが動いて私の声や歌が流れたときの感動は、一生忘れないと思います。

過去の自分が報われた2020年


――昨年は単独ライブ「Pastel*Palettes特別公演 ~まんまるお山に彩りスペシャル☆~」も開催され、パスパレの歌を披露する機会が年々増えてきました。これまで開催されたイベントやライブで印象に残っている出来事はありますか。

「Pastel*Palettes 特別公演 ~まんまるお山に彩りスペシャル☆~」ステージの様子
前島:「ガルパライブ&ガルパーティ!in東京」などたくさんのバンドが楽曲を披露するイベントで、パスパレの出番になったとたんに会場の空気がふわっと変化したことが印象に残っています。
パスパレの音楽が持つ力やファンのみなさんの気持ちが会場の雰囲気をやわらかくしてくれたのだと、ステージ上で思いました。

でも「ブシロード10周年祭」で初めてステージに立ったときはかなり緊張していて、ステージの上でどんなパフォーマンスをしたのかを覚えていないんです。長年ステージに立ってきたのにこんなに緊張することがあるのか、と意外でした。


「彩りスペシャル」も印象に残っています。私は4年間ずっと「パスパレでライブをしたいです!」と言い続けてきたので、念願叶って伝説の1日が実現して嬉しかったです。
同時に、私のアイドル人生に区切りがついたのかなとも思いました。私は12歳でアイドルとしてデビューし、19歳のときに所属していたアイドルグループを辞めました。いうなれば、志半ばにして辞めてしまった……叶えられなかったアイドルとしての目標や、立ちたかったステージも残っていました。

自分の決断にまったく後悔はないですが、とくに日本武道館のステージにはもう一度立ちたいと思っていたんです。まさか彩ちゃんに出会って夢だったステージに連れて行ってもらえるとは、グループを卒業したばかりの頃は考えられませんでした。1人でライブをするなど、アイドル時代にはできなかった経験もさせてもらえて光栄です。

「Pastel*Palettes 特別公演 ~まんまるお山に彩りスペシャル☆~」ステージの様子
――アイドル時代に培ったノウハウが役立った、と実感した場面はありますか。

前島:ライブの準備では、アイドルとしての経験が役立ちました。MCの組み立て方やダンスパフォーマンスの振り付け、演出、コール&レスポンスなど、私から提案したこともたくさんあります。
「彩りスペシャル」で準備をしていたときは、とくに過去の自分が報われたような気持ちになりました。苦しんできたアイドル時代に学んだことが今役立っていますし、彩ちゃんには出会うべくして出会ったんだなあ、と思っています。

――「彩りスペシャル」では、パスパレのメンバーもステージに駆けつけてくれました。

前島:そうなんです! 中上育実さん(大和麻弥役)、秦佐和子さん(若宮イヴ役)と一緒に歌えたのは、何事にも代えがたい感激がありました。

「Pastel*Palettes 特別公演 ~まんまるお山に彩りスペシャル☆~」ステージの様子
ライブ前にはパスパレメンバーから「彩ちゃんがんばってね」とメッセージをもらったことで号泣してしまい、「あと1分でステージに出るのに!」とカンキワマリ状態でした。

そういえば彩ちゃんに出会って人が変わったのではないかと思うくらい、私自身が感情豊かになったんです。「泣かない女」だった私がよく泣くようになったのは、彩ちゃんの影響だと思います。
もともとは白鷺千聖ちゃんのような現実主義タイプだったのですが、彩ちゃんに出会い、愛嬌を持つことや人に頼ること、背中を押してもらうことの大切さを知りました。


――2月27日と28日にはPastel*PalettesSound Only Live「Flowerful*」が開催されましたが、振り返っていかがですか?

前島:『バンドリ!』は日本のエンタメの可能性を広げている、と改めて思いました。初のアニメーションライブ『BanG Dream! FILM LIVE』のときも映画一本を通してキャラクターがしっかり動いて演奏していますし、録りおろしのMCも聴けて感動したんです。

今回のSound Only Liveはまた新たな一歩となる形式で、1バンドごとのパフォーマンスをじっくり聴けました。録りおろしMCもたっぷりありますし、セットリストもそのバンドだけの最強のラインナップ。収録を終えたあとは、ファンにとってはかなり満足度の高い内容だと自信が持てました。みなさんにも楽しんでいただけていたら嬉しいです!

――ライブなどでファンから言われて嬉しかったことは?

前島:自分が想いを込めて演じたセリフや歌、ライブなどで意図が伝わったときはとくに嬉しかったです。MCでガルパのセリフを引用したり、文字の表記をストーリーに合わせたりしたときは、みなさん本当にすぐ気づいてくれて。何度も繰り返し読んでいないとわからないはずなので、バンドリーマーさんたちからの愛を感じます。

でも、彩ちゃんを好きでいてくださっている方からの言葉はどれも嬉しいです! 私は彩ちゃんを我が子のような気持ちで愛しているので、そんな大切な子を好きになってくれて感謝の気持ちでいっぱいです。


→次のページ:驚くほどにリアルなパスパレのストーリー
《ハシビロコ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集