「日本沈没2020」劇場編集版・本予告映像公開! 湯浅政明監督の目指したテーマがここに凝縮 | アニメ!アニメ!

「日本沈没2020」劇場編集版・本予告映像公開! 湯浅政明監督の目指したテーマがここに凝縮

Netflixオリジナルアニメ『日本沈没2020』を劇場アニメとして再編集した『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』(11月13日全国ロードショー)の本予告映像が公開された。

ニュース
注目記事
『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』場面写真(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
  • 『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』場面写真(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
  • 『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』場面写真(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
  • 『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』場面写真(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
  • 『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』場面写真(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
  • 『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』ポスタービジュアル(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
Netflixオリジナルアニメ『日本沈没2020』を劇場アニメとして再編集した『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』(11月13日全国ロードショー)の本予告映像が公開された。

『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』ポスタービジュアル(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』ポスタービジュアル【画像クリックでフォトギャラリーへ】
『日本沈没2020』は、今年7月にNetflixで配信が開始された、監督・湯浅政明、原作・小松左京によるオリジナルアニメ。“国が失われゆく人々のアイデンティティ”という1973年に刊行された原作のテーマを残しつつ、2020年現在の日本を舞台に、未曾有の事態をごく普通の家族の目線で描く大胆な設定を採用し、“観たものが語らずにはいられない作品”として、連日更新される国内視聴ランキングでNo.1を記録した。

そして、11月13日からは全10話の配信版のストーリーを湯浅監督の手による編集で再構築し、1本の映画作品として情報量を絞ることで作品のテーマ性をより鮮明に描き出した、『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』の全国公開が予定されている。


劇場編集版の公開に向けて新たに編集された今回の予告では、湯浅監督が本作を通じて真に描きたかったという“祖国が沈んだ後の日本人の心”というテーマをより凝縮した映像となっており、日本が沈んだ後の物語に焦点を当てた構成に仕上がった。

配信時、SNSを中心に賛否両論を巻き起こした、ある種、観る者の感性を映し出す鏡ともいえる本作。今回の予告の中にも視聴者の様々なコメントが散りばめられており、「貴方はこの作品をどう受け止めるか? 自分の目で確かめて欲しい」と問いかけてくる。

映画『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』は、2020年11月13日より全国ロードショー。

■タイトル:『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』 
原作:小松左京『日本沈没』
監督:湯浅政明、音楽:牛尾憲輔、脚本:吉高寿男 
キャスト:上田麗奈、村中知、佐々木優子、てらそままさき、吉野裕行、森なな子、小野賢章、佐々木梅治 
アニメーション制作:サイエンスSARU
配給:エイベックス・ピクチャーズ 
製作:“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners In association with Netflix

(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
《曙ミネ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集