TRUE、デビュー5周年を経て「2020年は飛躍の年にしたい」【「C3AFA Singapore 2019」バックステージインタビュー】 | アニメ!アニメ!

TRUE、デビュー5周年を経て「2020年は飛躍の年にしたい」【「C3AFA Singapore 2019」バックステージインタビュー】

2019年11月29日から12月1日まで開催された東南アジア最大級のアニメイベント「C3AFA Singapore 2019」。ここでは、アニソンライブ「I LOVE ANISONGコンサート」1日目に出演したTRUEのインタビューをお届けする。

インタビュー
TRUE
  • TRUE
  • TRUE
  • TRUE
  • TRUE
  • TRUE
  • TRUE
  • TRUE
2019年11月29日から12月1日まで開催された東南アジア最大級のアニメイベント「C3AFA Singapore 2019」。ここでは、アニソンライブ「I LOVE ANISONGコンサート」1日目に出演したTRUEのインタビューをお届けする。

■現地ファンの声援と感性に感極まる


――公演を終えての感想をお願いします。

TRUE:想像以上の盛り上がりでした。イヤモニをしているとなかなかほかの音が聞こえにくいんですけど、ダイレクトに声援と歓声が聞こえてきてテンションが上がりました。
みなさんが一緒に歌ってくださったことにすごく感動してしまって……そのあとMCをするつもりが少し言葉に詰まってしまったくらい。
言語が違うにも関わらず、日本語で歌ってくれたのはすごく嬉しかったですね。2年ぶりに会えたぶん、より濃密な時間を過ごせた気がします。

――今日のセットリストの特色は?

TRUE:海外公演での新しい試みとして、みんなでタオルを回す“タオル曲”の『カレイドスコープ』をセットリストに入れてみました。
これまでアルバム曲は入れてこなかったんですが、今回はチャレンジしようと。初めて聴いた曲のはずなのに、ブンブン振ってくれて感激しました。

――日本のファンにシンガポールの良さを伝えるなら?

TRUE:“あったかい”こと。シンガポールの方はみなさんすごく温かい人ばかりで、知らないものも受け入れようとしてくれる。初めて見るアーティスト、初めて聴く曲でも一緒になって盛り上がれる空間を全員で作ってくれるところが一番の魅力だと思います。

――シンガポールでの思い出を教えてください。

TRUE:私、全世界でいっちばんシンガポールの料理が大好きなんです! シリアルバタープラウンというエビを揚げたフレークがすごくおいしいんですけど、日本ではなかなか出会えないんです。
今日のお弁当のチキンライスもおいしかったですし、小籠包も最高でした。もう、何食べてもおいしい!

――残念ながらやり残してしまったことは?

TRUE:もっともっと歌いたかったです! 45分というお時間をいただいたんですけど、もっと皆さんと一緒に過ごしたかったな。

■2020年は飛躍の年に



――今後行ってみたい国は?

TRUE:たくさんあります。オープニングテーマを担当した『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』がヨーロッパを舞台にした作品だったので、フランスやイタリアなどヨーロッパの様々な地域に興味があります。マレーシアやタイなど、まだ訪れた事のないアジアの国にもいつか歌いに行きたいです。

――ちなみに、長いお休みをいただいたらどこに行きたいですか?

TRUE:シンガポールに来て、ナイトサファリに行きたい。お正月旅行も考えたんですけど、プランがもう残っていなくって。ぜひ行ってみたいです。あと、ユニバーサルスタジオもぜひ書いておいてください(笑)。

――最後に、ファンの方へメッセージをお願いします。

TRUE:今年は5周年と銘打って活動させていただいて、ストリングスライブ「TRUE 5th Anniversary Live Sound! vol.3 ~with Strings~」などこれまでにない試みをしてきました。
そのなかで、6周年、10年目に向けての準備ができてきたと思います。

個人的には、声楽を習い始めて1、2年経つということもありもっとヴォーカルの厚みを生かせるステージを作っていきたいです。
2020年は飛躍の年にしたいですし、こうしてまたシンガポールを含め海外のファンの方の元にも歌を届けに行きたいな。シンガポールのファンのみなさんも、ぜひ日本へ遊びにきてください!

>そのほか「C3AFA」バックステージ取材記事はコチラ

撮影=乃木章
取材協力:C3AFA Singapore 2019
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集