KADOKAWA、熊本に新拠点「九州アニメデッキ」を展開 “九州アニメ聖地の旅”など提供 | アニメ!アニメ!

KADOKAWA、熊本に新拠点「九州アニメデッキ」を展開 “九州アニメ聖地の旅”など提供

KADOKAWAが、九州産交ランドマークが熊本県熊本市に建設中の商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)」(9月14日オープン予定)内に、九州における新拠点「九州アニメデッキ」を展開することがわかった。

ニュース
九州アニメデッキ
  • 九州アニメデッキ
  • SAKURA MACHI Kumamoto 完成イメージイラスト
  • 2019年版日本のアニメ聖地九州編ビジュアルイメージ
KADOKAWAが、九州産交ランドマークが熊本県熊本市に建設中の商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)」(9月14日オープン予定)内に、九州における新拠点「九州アニメデッキ」を展開することがわかった。
アニメ作品のグッズ販売や九州内のアニメ聖地を紹介するパネル展示、「九州アニメ聖地の旅」への案内などを行う予定としている。

SAKURA MACHI Kumamoto 完成イメージイラスト
SAKURA MACHI Kumamoto 完成イメージイラスト
東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年7月のオープンを目指し、埼玉県所沢市に日本最大級のポップカルチャーの発信拠点「ところざわサクラタウン」を建設中のKADOKAWA。
多角的にインバウンド事業を展開し、ジャパンコンテンツの魅力も世界へ訴求する「ところざわサクラタウン」の開業を視野に入れるなかで、日本国内およびアジア地域におけるKADOKAWAブランドの一層の認知拡大を狙い、今回新たに「九州アニメデッキ」展開するに至った。

「九州アニメデッキ」では、「SAKURA MACHI Kumamoto」の3階フロアにてアニメ作品のグッズなどを販売。九州産交グループの九州産交リテールが販売店の運営、KADOKAWAが売り場プロデュースと商品供給をそれぞれ担っていく。

2019年版日本のアニメ聖地九州編ビジュアルイメージ
2019年版日本のアニメ聖地九州編ビジュアルイメージ
また「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」を選定・オフィシャル化することで、観光資源の掘り起こしや訪日観光客のエリア送客を促進しているアニメツーリズム協会の協力を得て、「SAKURA MACHI Kumamoto」2階の「サクラマチスクエア」では九州内のアニメ聖地を紹介するパネル展示なども展開。
九州産交グループの持つ交通インフラを活用した、「九州アニメ聖地の旅」への案内などをあわせて行う予定だ。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集