「AKIRA」“新アニメ化”に大反響! 「キルラキル」すしおも参加意欲アピール「キャラデザやらせてくれ」 | アニメ!アニメ!

「AKIRA」“新アニメ化”に大反響! 「キルラキル」すしおも参加意欲アピール「キャラデザやらせてくれ」

2019年7月5日、SFアニメの金字塔『AKIRA』の新アニメ化プロジェクトが発表されました。このニュースが発表されると、Twitterでは「AKIRA」がトレンド入り。さらに、すしおさんは「キャラデザやらせてくれ」と新作への参加意欲を見せています。

ニュース
『AKIRA』(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
  • 『AKIRA』(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
  • 『AKIRA』ロゴ(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
  • 『AKIRA』場面カット(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
  • 『AKIRA』場面カット(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
  • 『AKIRA』場面カット(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
  • 『AKIRA』場面カット(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
  • 『AKIRA』場面カット(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
2019年7月5日、SFアニメの金字塔『AKIRA』の新アニメ化プロジェクトが発表されました。このニュースを受け、Twitterでは「AKIRA」が即座にトレンド入り。
『キルラキル』のキャラクターデザイン・総作画監督で知られ、『AKIRA』好きを公言するアニメーターすしおさんの「キャラデザやらせてくれ」というツイートを始め、数多くのコメントが上がりました。

『AKIRA』場面カット(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
『AKIRA』場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
『AKIRA』の原作は、大友克之さんが1982年~1990年に講談社「週刊ヤングマガジン」にて連載した同名コミックです。1988年には原作者・大友さん自ら監督を務めてアニメ化を果たし、一大ブームを起こしました。
そして、2002年にはアメリカで最も権威あるマンガ賞の一つであるアイズナー賞を受賞。日本やアメリカを始め世界各国のクリエイターたちに影響を与え、本格SFアクションの傑作として今なお高い支持を得ています。

『AKIRA』場面カット(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会
『AKIRA』場面カット【画像クリックでフォトギャラリーへ】
今回の新アニメ化プロジェクトは、『AKIRA』の舞台である“2019年”に発表。このニュースを受け、Twitterでは「やっぱり今年はAKIRAの年だな!」「スゲーカッコいい作品になるだろうなぁ」「こりゃたまげたぜ………見なきゃ…」「まじです?」など、ファンの間で大きな話題となり、すぐさまトレンド入りを果たしました。

また、『キルラキル』のキャラクターデザイン・総作画監督で知られ、『AKIRA』好きを公言するアニメーターすしおさんは「AKIRAのキャラデザやらせてくれ」というツイートをはじめ、「鉄雄VSミヤコは原画描きたい」「AKIRA参加できたらマジで俺のFiNAL DANCEだ」など、本作への参加意欲をアピール。
ファンからも「もうすしおさんしかいないでしょ」「すしおさんが大友さんと打ち合わせする絵が見たいです」「すしおさんがAKIRAに関わることになったら嬉しくて死んでしまいます!!」といった声が続々届いています。


『AKIRA』新アニメ化プロジェクトには、どのようなスタッフ陣が携わって、どのような形でお披露目となるのか……続報に期待です。
《水上美晴》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集