19年上半期、「ヤフオク」急上昇“カルチャー”検索ワードは? 「アベンジャーズ」抑えた1位は、復活した日本の名作 | アニメ!アニメ!

19年上半期、「ヤフオク」急上昇“カルチャー”検索ワードは? 「アベンジャーズ」抑えた1位は、復活した日本の名作

ネットオークション・フリマサービス「ヤフオク!」が、「2019年上半期急上昇検索キーワードランキング カルチャー編」を発表した。

ニュース
『アベンジャーズ/エンドゲーム』(C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』(C)Marvel Studios 2019
ネットオークション・フリマサービス「ヤフオク!」が、アニメ・ゲーム・映画などの検索キーワードにフィーチャーした「2019年上半期急上昇検索キーワードランキング カルチャー編」を発表。1位に輝いたのは「シティーハンター」で、2位に「アベンジャーズ」、3位に「S.H.Figuarts」が続いた。

1位の「シティーハンター」は、2月に公開された『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』が評判に。「ヤフオク!」ではマンガ全巻セットやDVDなどを中心に、関連商品が多く検索されていた。

2位の「アベンジャーズ」は、世界中でヒットを記録したシリーズの完結編『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、4月にロードショーを迎えたことで注目されたようだ。「ヤフオク!」ではUS版のポスターや、メーカーのコラボ商品が人気となっている。

3位の「S.H.Figuarts」(フィギュアーツ)は、BANDAI SPIRITSから販売されているアクションフィギュアのシリーズだ。「ヤフオク!」では『仮面ライダー』のフィギュアーツが人気で、セットなどに熱い視線が注がれていた。

以下トップ10までに、1月から放映されたTVアニメが大ヒットし、マンガ全巻のほか缶バッジなどのグッズも検索されている「約束のネバーランド」や、2月に映画『コードギアス 復活のルルーシュ』が公開され、期間限定配布の生コマフィルムが話題となった「コードギアス フィルム」などのキーワードも名を連ねた。

ヤフオク!「2019年上半期急上昇検索キーワードランキング カルチャー編(※)」
1位:「シティーハンター」
2位:「アベンジャーズ」
3位:「フィギュアーツ(S.H.Figuarts)」
4位:「電気グルーヴ」
5位:「約束のネバーランド」
6位:「仮面ライダー 一番くじ」
7位:「FOOTISTA」
8位:「トミカ リミテッドヴィンテージ」
9位:「コードギアス フィルム」
10位:「バイオハザード RE:2」
番外編:「令和」
※アニメ、ゲーム、映画などのカルチャー関連分野で集計
※2018年7月~2018年12月と比較して、2019年1月~2019年6月の検索数の上昇率が高いキーワードをランキング
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集