劇場版「タガタメ」水瀬いのり&河森総監督ら公開初日を鏡割りでお祝い! 舞台挨拶レポ | アニメ!アニメ!

劇場版「タガタメ」水瀬いのり&河森総監督ら公開初日を鏡割りでお祝い! 舞台挨拶レポ

6月14日、『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズで開催。 ステージには、キャストの水瀬いのり(カスミ役)総監督の河森正治らが登壇し、トークを繰り広げた。

イベント・レポート
6月14日、『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズで開催。
ステージには、キャストの水瀬いのり(カスミ役)、逢坂良太(エドガー役)、降幡愛(リズベット役)、そして総監督の河森正治、監督の高橋正典、プロデューサーの今泉潤が登壇し、トークを繰り広げた。


スマートフォン向け本格タクティクスRPG『誰ガ為のアルケミスト』を原作とする本作は、普通の女子高生・永坂カスミが、ゲームの舞台であるバベル大陸にて冒険を繰り広げる物語。
最大の特徴は、ゲームのオープニングを手がけた河森正治が大胆にオリジナル要素を盛り込んだ映像化を行っていることで、原作ファンも、初めて『タガタメ』に触れる人も、新鮮な気持ちで楽しめる内容となっている。

最初の挨拶では、水瀬が「こうしてみなさんの努力の結晶を観てもらうことを嬉しく思います」、逢坂が「ネタバレは隠しつつ、精一杯みなさんを楽しませていきたいので、よろしくお願います!」、降幡が「初日を迎えられることを嬉しく思っています。全ての人が愛を込めて作っている作品なので、何回も観てほしいです」と、それぞれが公開日を迎えての心境を述べた。

そして、高橋監督は「作品の納品は済んでいるけれど、本当の完成はこうしてみなさんに観ていただくことなので、やっと胸を張って作品が完成したと言えるようになりました」と語り、今泉プロデューサーは「メールを見たら、ちょうど二年前の6月14日に河森監督を訪ねにサテライトへ行っていたんです。運命的な日ですね……」と、公開初日を迎えたことに感無量な胸中を明かす。
そんな中、河森総監督が「原作物を完成させたことがなかったので、一番ヒヤヒヤしたのはそこでした……(笑)」と冗談を挟み、会場が笑いに包まれる一幕も。

続いて、キャスト陣に「現場で受けたアドバイスは?」という質問がされると、水瀬は「普通の女の子代表ということで、自然なお芝居をさせていただき、ゆるさとシリアスさのメリハリを意識しました」と述べ、原作から参加している逢坂・降幡は、「ちょっと(原作よりも)スレたエドガーになっているので、最初のキャラ作りが難しかったです」、「ゲームでは明るく活発だったリズベットをどう変えていくか……緊張していたのですが、共演者のみなさんに助けられました!」と、それぞれ原作から変化を遂げたキャラを演じる難しさについて言及した。

そんな声優陣に対し、河森総監督は「ニュアンスの違いを見事に演じていただいて、シーンの作り甲斐がありました。水瀬さんはカスミの絶妙なニュアンスを表現してくれて、一声聞いた瞬間に、“カスミ、イケるな!”と確信できましたね」と、声優陣を絶賛。

その後、お気に入りのシーンについて聞かれたキャスト陣。
降幡は、「カスミとリズの会話は、女の子同士のほんわかとした空気があってよかったです」と語り、逢坂は「カスミと、彼女を警戒していたエドガーが打ち解けるちょっとした場面に癒やされます」、水瀬は「異世界の子どもたちとカスミがご飯を作るシーンで、カスミが異文化交流をしつつ成長していくのが可愛かったです。流れている歌もとても素敵なので、ぜひ観ていただきたいですね!」と、それぞれの注目ポイントをアピールした。


トークの後、壇上には巨大な樽が登場! 公開日を記念して、登壇者一同が『タガタメ』ヒット祈願の鏡割りを行うことに。


観客の「タガタメ~大ヒット!」の掛け声に合わせて鏡割りが行われると、会場は大きな拍手に包まれた。

終わりの挨拶では、今泉プロデューサーが「スタッフ向けの初号試写の時、河森さんが涙を流す瞬間があったんです。そのとき、河森監督の“魂の作品”が完成したんだなと思いました。みなさん、映画のレビューは星5でいきましょう!」と、ジョークを交えつつ作品に込めた熱い思いを披露。
河森総監督は「今泉さんや高橋監督を初めとするみなさんと密接に力を合わせていき、錬金術のように作品を作ることができました。情報量が多めの作品なので、一度観終わってからもう一度観ると、新しい発見がたくさんある作品になっています。ぜひ何度も劇場に足を運んでください!」と、ファンへのメッセージを送る。
最後に水瀬の「手に汗握るアクションシーン、ハートフルな気持ちになる繊細な心情描写がある作品です。二時間の中で大冒険ができると思うので、ぜひ臨場感ある劇場で、『タガタメ』を観ていただければと思います!」というコメントで締めくくられ、大盛況の中舞台挨拶は幕を閉じた。

『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』は、6月14日より全国の劇場にて上映中。
《山田幸彦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集