アニメ「消滅都市」EDテーマ担当SPR5、楽曲制作秘話とデビュー1年で結ばれた“5人の絆”【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

アニメ「消滅都市」EDテーマ担当SPR5、楽曲制作秘話とデビュー1年で結ばれた“5人の絆”【インタビュー】

2019年4月より放送中のTVアニメ『消滅都市』で、EDテーマを担当しているSPR5にインタビュー。デビュー時の目標は「武道館」と掲げた5人だが、様々な経験を積んできたいま見据えるものとは?

インタビュー
アニメ「消滅都市」EDテーマ担当SPR5、楽曲制作秘話とデビュー1年で結ばれた“5人の絆”【インタビュー】
  • アニメ「消滅都市」EDテーマ担当SPR5、楽曲制作秘話とデビュー1年で結ばれた“5人の絆”【インタビュー】
  • アニメ「消滅都市」EDテーマ担当SPR5、楽曲制作秘話とデビュー1年で結ばれた“5人の絆”【インタビュー】
  • アニメ「消滅都市」EDテーマ担当SPR5、楽曲制作秘話とデビュー1年で結ばれた“5人の絆”【インタビュー】
  • アニメ「消滅都市」EDテーマ担当SPR5、楽曲制作秘話とデビュー1年で結ばれた“5人の絆”【インタビュー】
  • アニメ「消滅都市」EDテーマ担当SPR5、楽曲制作秘話とデビュー1年で結ばれた“5人の絆”【インタビュー】
  • アニメ「消滅都市」EDテーマ担当SPR5、楽曲制作秘話とデビュー1年で結ばれた“5人の絆”【インタビュー】
  • アニメ「消滅都市」EDテーマ担当SPR5、楽曲制作秘話とデビュー1年で結ばれた“5人の絆”【インタビュー】
  • アニメ「消滅都市」EDテーマ担当SPR5、楽曲制作秘話とデビュー1年で結ばれた“5人の絆”【インタビュー】
2019年4月より放送中のTVアニメ『消滅都市』で、EDテーマを担当しているのがSPR5(シュプリーム・ファイブ)だ。
声優の社本悠、岩井映美里、直田姫奈、大西亜玖璃、園山ひかりからなる5人組で、2018年5月に原作となる同名ゲームから“リアルデビュー”を果たした。

4月24日には、セカンドシングル「With Your Breath」をリリース。これが、先のEDテーマとなっている。
1月にはファーストアルバムをリリースするなど、精力的に活動する彼女たちにインタビューを実施。デビュー時の目標は「武道館」と掲げた5人だが、様々な経験を積んできたいま見据えるものとは――。
[取材・構成=松本まゆげ/撮影=小原聡太]

SPR5のインタビュー過去記事はコチラ
>第1回目(2018年8月):ゲームからリアルデビュー!「消滅都市」から生まれたアイドル、SPR5が目指している“夢の向こう側”
>SPR5、激動のデビュー1年と、1stアルバム「Supreme Revolution」にこめた想い語る【インタビュー】

■歌にダンスに……セカンドは挑戦の曲


――まずは、セカンドシングル「With Your Breath」をリリースすることが決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

社本
リリースが決まったときは、素直に嬉しかったです。でも、それがアニメのEDテーマになると聞いたときは「大丈夫かな?」と不安もちょっぴりありました。
身も引き締まる思いというか。

でも『消滅都市』を楽曲から一緒に盛り上げられることは光栄ですし、大切にしたい1枚になりましたね。


――デビューシングル「インコンプリートノーツ」、ファーストアルバムのリード曲「アルキオネ」に続き、今回も楽曲は俊龍さんとなりました。楽曲を聞いたときの印象は?

岩井
まさに「ザ・アニソン」なカッコいい曲だと思いました!
仮歌ではおひとりで5人分歌われている状態だったので、「5人で歌ったらどんな雰囲気になるんだろう?」とワクワクしていました。
いざ一緒に歌ってみると、最初の印象を乗り越えられることができて、また新しい私たちの歌にできたかなと思います。


――曲を聴いてみたら、テンポが速く、音程をとるのも難しい印象でした。

直田
たしかに、歌うことにエネルギーを使う曲ですね。
「リズムもとらなきゃいけないし、音程もしっかり合わせないといけない。でもきちんと歌の想いも伝えないといけない……!」と、もどかしさや難しさはありました。
でも、そのぶんできたときの達成感は大きかったです。

それに、歌っているときシュプリーマーのみなさんの顔が浮かぶ曲でもあったので、「ひとつになれたのかな?」という感覚もあります。

――とくにどこが難しかったですか?

直田
サビですね。
曲を追うごとに、歌やダンスのハードルが上がっている感じがして、だからこそ自分たちの成長にもつながっている。
良いチャンスをいただけているんだなと思います。


――では、そんなダンスはどうでしたか?

大西
ふわふわと飛び跳ねるような、かわいい振りが多かったです。
「インコンプリートノーツ」と「アルキオネ」はカッコいいイメージだったんですけど、今回はかわいい曲調なので振りもそういったイメージになったんだとおもいます。

サビの円陣でみんなの顔を見合わせるところは、お客さんも一緒にやってくれるところで。一体感が生まれる曲のでぜひやってみてください!


――では、難易度的にはどうでした?

園山
ピョンピョン跳んでいるので、体力勝負です!
曲に合わせて踊るためには、われらの体力がないと成立しないので、覚悟を決めて臨む必要があります。


岩井
今までの集大成的なところはありました。
それに、疲れるダンスではあるのにライブで披露したときは……。

社本
思ったより疲れなかったよね。

岩井
みなさんからパワーをいただいたような感覚でした。

――しかもMVも集大成のようでした。過去の映像を観ているシーンだとか。


社本
撮っているときは、どんなイメージになるのかまったく分からなくて、完成したMVを見て「なるほど、そうなったか!」という感じでした。

昔の映像を使用することも想像していなかったので、ちょっと気恥ずかしさもありつつ、自分たちの成長を実感できて嬉しかったですね。

あと、衣装もはじめて、私服テイストなものを着たんです!

大西
キャラの設定から衣装のイメージを起こして、それぞれのメンバーカラーを入れてくださったみたいです。
私はトレーナーだったんですけど、あまり着ることがないので新鮮でした。

直田
そういうのもふくめ、自然体のSPR5が映っていると思います。

――ああいうセットにいると、休憩中も飽きなさそうですよね。

社本
みんなで遊びまくっていました!
セットが海外のおうちみたいだったので、そういう設定で勝手に名前を付けたり。

大西
たしか「エミリーの家」(笑)

岩井
そうそう、懐かしい!
お茶を飲んで休んでるとき、「ようこそ、エミリーのお茶会へ♪」って言ったらみんながゾロゾロきて寸劇がはじまりました(笑)。

園山
動画もめちゃくちゃ撮ったので、せっかくならどこかのタイミングでお見せしたいですね!


《松本まゆげ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集