少女マンガ「思い、思われ、ふり、ふられ」アニメ&実写の“W映画化”決定! 「ヲタ恋」A-1 Picturesがアニメ制作 | アニメ!アニメ!

少女マンガ「思い、思われ、ふり、ふられ」アニメ&実写の“W映画化”決定! 「ヲタ恋」A-1 Picturesがアニメ制作

少女マンガ『思い、思われ、ふり、ふられ』が、2020年にアニメと実写で“W映画化”決定。アニメ版はA-1 Picturesが制作を担当し、実写版は浜辺美波らがキャストを務める。あわせて原作、実写映画、アニメーション映画の3つをもって『ふりふら』が完結することも明かされた。

ニュース
『思い、思われ、ふり、ふられ』(C)2020 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
  • 『思い、思われ、ふり、ふられ』(C)2020 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
  • 『思い、思われ、ふり、ふられ』(C)2020 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
咲坂伊緒による少女マンガ『思い、思われ、ふり、ふられ』(略称、ふりふら)が、2020年にアニメと実写で“W映画化”決定。アニメ版はA-1 Picturesが制作を担当し、実写版は浜辺美波らがキャストを務める。あわせて、2020年に原作、実写映画、アニメーション映画の3つをもって『ふりふら』が完結することも明かされた。

『思い、思われ、ふり、ふられ』の原作は、『ストロボ・エッジ』『アオハライド』で知られる咲坂伊緒が「別冊マーガレット」2015年7月号より連載中の少女マンガ。「第63回小学館漫画賞」少女向けマンガ部門を受賞し、2019年4月現在、電子版含むシリーズ累計部数は既刊11巻で450万部を突破している。

偶然出会ったタイプの全く違う“朱里”と“由奈”、朱里の義理の弟の“理央”と由奈の幼馴染の“和臣”。彼らは同じマンションに住み同じ学校に通う高校1年生だ。
理央に憧れる由奈、朱里に言えない想いを抱える理央、秘密を抱える朱里、ある秘密を目撃してしまった和臣。それぞれの思いは複雑に絡み合い、相手を思えば思うほどすれ違っていき……。4人の切なすぎる恋が動き出す。

発表となったアニメーション映画は『ソードアート・オンライン』『ヲタクに恋は難しい』『冴えない彼女の育てかた』などで知られるA-1 Picturesが制作を務め、実写映画は浜辺美波(山本朱里役)、北村匠海(山本理央役)、福本莉子(市原由奈役)、赤楚衛二(乾和臣役)らがキャストとして名を連ねた。


実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』キャスト陣【画像クリックでフォトギャラリーへ】
『ふりふら』の映像化は、「実写にするか」「アニメーションにするか」2つの選択肢がある中で、どちらか一方ではなく、「同時に両方の映像化をするべき」だと確信を持てたことから、W映画化プロジェクトとしてスタートしたという。

原作者・咲坂伊緒は本プロジェクトへの関わりについて「実写、アニメとも、脚本の打ち合わせにはプロットから参加させていただきました」と明かし、「私が、キャラクターやひとつひとつのシーンに込めた思いやどうしてもいれてほしいポイントを双方の脚本家の方達、スタッフの皆さんと共有しながら脚本の成立に関わることができたのはとても貴重な機会でした。時には実写ならでは、アニメーションならではの見せ方の違いに感心することもありました」とコメント。
さらに「マンガでしかできない事、実写にしかできない事、アニメーションでしかできない事、この3つ全ての視点から楽しんでいただく事で、『ふりふら』という一つの作品を皆様の中で完結させていただければ幸せです」とファンに向けてメッセージを贈った。

アニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は2020年5月、実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』は2020年8月公開。

実写映画作品概要
■原作:咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社「別冊マーガレット」連載)
■監督:三木孝浩(『アオハライド』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』、『フォルトゥナの瞳』)
■脚本:米内山陽子 三木孝浩
■映画タイトル:『思い、思われ、ふり、ふられ』
■出演:浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二
■公開:2020 年 8 月
■撮影:2019 年 3 月 20 日~4 月 20 日 ※撮影済み
■場所:オール神戸ロケ

アニメーション映画作品概要
■原作:咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社「別冊マーガレット」連載)
■制作:A-1 Pictures(『劇場版 ソードアート・オンライン‐オーディナル・スケール‐』)
■公開:2020 年 5 月

(C)2020 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集