「消滅都市」朝井彩加&佐倉綾音、「ゲームをなぞるだけのアニメじゃない」見どころ&収録秘話明かす【インタビュー】 2ページ目 | アニメ!アニメ!

「消滅都市」朝井彩加&佐倉綾音、「ゲームをなぞるだけのアニメじゃない」見どころ&収録秘話明かす【インタビュー】

2019年4月から放送スタートするTVアニメ『消滅都市』よりメインキャストに連載インタビュー。最終回の今回話を聞くのは、ソウマ役・朝井彩加さんとスズナ役・佐倉綾音さん。本作に参加する時期が異なるふたりが、それぞれの『消滅都市』の印象を語った。

インタビュー
「消滅都市」朝井彩加&佐倉綾音、「ゲームをなぞるだけのアニメじゃない」見どころ&収録秘話明かす【インタビュー】
  • 「消滅都市」朝井彩加&佐倉綾音、「ゲームをなぞるだけのアニメじゃない」見どころ&収録秘話明かす【インタビュー】
  • 「消滅都市」朝井彩加&佐倉綾音、「ゲームをなぞるだけのアニメじゃない」見どころ&収録秘話明かす【インタビュー】
  • 「消滅都市」朝井彩加&佐倉綾音、「ゲームをなぞるだけのアニメじゃない」見どころ&収録秘話明かす【インタビュー】
  • 「消滅都市」朝井彩加&佐倉綾音、「ゲームをなぞるだけのアニメじゃない」見どころ&収録秘話明かす【インタビュー】
  • 「消滅都市」朝井彩加&佐倉綾音、「ゲームをなぞるだけのアニメじゃない」見どころ&収録秘話明かす【インタビュー】
  • 「消滅都市」朝井彩加&佐倉綾音、「ゲームをなぞるだけのアニメじゃない」見どころ&収録秘話明かす【インタビュー】
  • 「消滅都市」朝井彩加&佐倉綾音、「ゲームをなぞるだけのアニメじゃない」見どころ&収録秘話明かす【インタビュー】
  • 「消滅都市」朝井彩加&佐倉綾音、「ゲームをなぞるだけのアニメじゃない」見どころ&収録秘話明かす【インタビュー】

■アフレコ現場で気になるキャラ発見!


――そしてアニメになりました。おふたりのキャラクターに印象の変化はありましたか?

佐倉
設定がガラッと変わっているのでどうなるかなと思ったんですけど、本人の本質や大切にしていることなど、キャラクターとしての根っこの部分は変わらなかったので、あまり変化というものはなかったです。

ただゲームだとひたすら「チーフ!」と叫んでいた記憶があったんですけど、アニメにはチーフが出てこないので。スズナの心のどこかにはいると思うんですけれど、「チーフ!」って叫ばない違和感というか、新鮮さはありましたね。

朝井
ソウマも、とくに変わったなという感覚はなかったですね。
なので、ゲームをプレイされている方は入りやすいと思います。「あ、こういう感じだっんだ」という違いは特になく、ゲームにいたキャラクターがアニメに出てきたという感覚のほうが近いんじゃないかな。

とはいえ、アニメでは、ゲームでは描ききれない部分も細かく描かれているので、そこは見どころですね。


――では、演じるうえでこだわった部分はどこでしょう?

朝井
ソウマは、考え方や言動もそうなんですが、「子ども」なんですよ。お姉ちゃんのために一生懸命考えてやっていることも、結局子どもの極端な考え方になっている。
演じるうえでそのあたりを意識していますね。

収録前に監督とお話させていただいたんですが、監督はソウマへの愛がものすごく深い方だったんです。
たとえば、演じるうえで気になるところがあって相談させてもらったとき、1聞いただけで100返ってくる感じ。詳しくディレクションしていただいてありがたかったです。

佐倉
口数が少ないキャラクターなので、大人っぽくてなんでも出来るように見えるんですよね。
でも、私の中のスズナってそういうところだけではなくて、人間らしく悩んだり迷ったりしている人なんです。口には出さないけど、どう動いたら自分が求めている道にたどり着けるのか、といったことをすごく悩んでいる。

これはゲームの収録をしてきたから手に入れられた、スズナへの印象なんですよね。

――そこが声に出るとより人間らしくなりそうです。

佐倉
アニメでもセリフがすごくたくさんあるわけじゃないですが、きちんと完璧に見せたいと思っているところはしっかりと表現して、それ以外のところは不完全であったり、未完成であったり、ゆらいでいるようなところがちょっと残ったらいいなと思って演じていました。


――アフレコはもう終わっているそうですが、現場はどんな雰囲気でした?

朝井
ゲームからキャラクターボイスを演じている方たちなので、「ゲームと違うところってこういうところだよね」とか「このキャラクター同士は会話したことなかったかもね」など、キャラクターを通して話せたのが印象的でした。

オリジナルアニメだと、まだわからないところが多いぶんアフレコと一緒にキャラクターを作っていく感じですが、今回はみんなわかっているから踏み込んだ話ができましたね。

佐倉
私は別で録らせていただくことが多かったんですけど、それでも一緒に録れたときは、ゲームの収録と違って、まわりに人がいる嬉しさと緊張感がありました。

あと、はじめて生でセリフを聴くキャラクターも多かったので「あのキャラがいる!」とテンションが上がる瞬間も。個人的にはギーク(西村太佑)が……!

朝井
わかります。すごかったですよね。

佐倉
生の声量がすごいんです!
私の中では、ギークってかわいらしくて優しいイメージなんですけど、現場で聴いていると圧がすごい。聴いていて感動しました。

――とすると、好きなキャラクターもギークですか?

佐倉
そうですね!
あと警察の人たちも好きです。みんな腹の内が見えないというか、思っていることと口に出している言葉が全然違うんです。
それがけっこう怖くて好きですね。聴き応えがありました。

朝井
で、私は……。誰かなー! アニメですもんね!

佐倉
コアなファンだから悩んでる(笑)。

朝井
うーんでもやっぱり、挙げるならツバサとヨシアキの兄弟ですね!
ゲームのときからずっと気になっていましたし、イベントでもすごく盛り上がるので。

アニメでもひとつのキーポイントになっています。
生き別れた兄弟という切なさや、出会ってほしいのに出会えない切なさに、もどかしさを感じます。男性なので女々しさもないですからね。
個人的にお気に入りです。




→次のページ:「乗り越える」ではなく「受け入れて」生きていく
《松本まゆげ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集