「キャプテン・マーベル」水樹奈々&森川智之が競演! 日本語吹替版クリップが初公開 | アニメ!アニメ!

「キャプテン・マーベル」水樹奈々&森川智之が競演! 日本語吹替版クリップが初公開

マーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』(3月15日ロードショー)より、日本語吹替版クリップが初公開。水樹奈々演じる主人公キャプテン・マーベルと、森川智之演じるスターフォース司令官の競演シーンが到着した。

ニュース
『キャプテン・マーベル』(C)Marvel Studios 2019
  • 『キャプテン・マーベル』(C)Marvel Studios 2019
  • 『キャプテン・マーベル』(C)Marvel Studios 2019
マーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』(3月15日ロードショー)より、日本語吹替版クリップが初公開。水樹奈々演じる主人公キャプテン・マーベルと、森川智之演じるスターフォース司令官の競演シーンが到着した。

『キャプテン・マーベル』は、マーベルが初めて女性ヒーローを単独主役に据えたサスペンスフル・アクション。
謎めく女性ヒーロー“キャプテン・マーベル”が失った過去の記憶をめぐり、アベンジャーズ誕生のきっかけとなるマーベル最重要ヒーローの始まりが明かされていく。

このたび公開されたのは、キャプテン・マーベルと司令官が組手を行っているシーンだ。
はじめから猛攻を仕掛けるキャプテン・マーベルに対して、いたって冷静な司令官は“記憶”のフラッシュバックに苦しむ彼女に「過去のことは忘れろ。疑いが生まれて、それが隙を生むことになる」と、常に何事にも動じないよう諭す余裕ぶりを見せる。


その後、いとも簡単に投げられてしまったキャプテン・マーベルは、怒りから拳を突き出してフォトンブラスト(ビーム)を出す素振りをみせ、司令官に「コントロールしろ」と感情を抑制するように念押しされる場面も。
強大なパワーを持ちながらも弱さを併せ持つキャプテン・マーベルの人となり、そして師である司令官との対照的な姿も垣間見える重要シーンから、水樹と森川の熱い競演にますます期待が高まる。

『キャプテン・マーベル』は、3月15日より全国公開。

『キャプテン・マーベル』
3月15日(金)全国公開
原題:Captain Marvel
監督:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、クラーク・グレッグ
全米公開:2019年3月8日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)Marvel Studios 2019
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集