「キャプテン・マーベル」主演吹き替えは水樹奈々! 森川智之&日笠陽子ほかキャスト6名一挙発表 | アニメ!アニメ!

「キャプテン・マーベル」主演吹き替えは水樹奈々! 森川智之&日笠陽子ほかキャスト6名一挙発表

マーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』(3月15日ロードショー)にて、主人公キャプテン・マーベルの日本語吹替版声優が水樹奈々に決定。森川智之、日笠陽子、安元洋貴、日野聡、関俊彦らが脇を固めることもわかった。

ニュース
『キャプテン・マーベル』日本語吹替版声優 左から 水樹奈々、森川智之(C)Marvel Studios 2019
  • 『キャプテン・マーベル』日本語吹替版声優 左から 水樹奈々、森川智之(C)Marvel Studios 2019
  • 『キャプテン・マーベル』日本語吹替版声優 左から 関俊彦、日笠陽子、安元洋貴、日野聡(C)Marvel Studios 2019
マーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』(3月15日ロードショー)にて、主人公キャプテン・マーベルの日本語吹替版声優が水樹奈々に決定。森川智之、日笠陽子、安元洋貴、日野聡、関俊彦らが脇を固めることもわかった。

『キャプテン・マーベル』は、マーベルが初めて女性ヒーローを単独主役に据えたサスペンスフル・アクション。
謎めく女性ヒーロー“キャプテン・マーベル”が失った過去の記憶をめぐり、アベンジャーズ誕生のきっかけとなるマーベル最重要ヒーローの始まりが明かされていく。

このたびキャプテン・マーベル役に決定した水樹は、これが『アベンジャーズ』シリーズ初参戦だ。
水樹は満を持しての参加に「収録を終えたばかりで興奮しています!高まっております!早く皆さんに映画を見てもらいたくて想いが溢れてしまいました」との喜びをコメントしている。
くじけても何度も立ち上がる不屈の精神を持ち、それでも家族や友人、すべての記憶を失くしているがゆえにいつも居場所がない感覚に寂しさを感じているというキャプテン・マーベル。決して完璧ではない親近感溢れる彼女を、水樹はどのように演じるのだろうか。

さらに、キャプテン・マーベルを取り巻くキャラクターの吹き替え声優として、森川智之、日笠陽子、安元洋貴、日野聡、関俊彦の出演も決定した。
キャプテン・マーベルが所属するエリート軍人集団“スターフォース”の司令官役は森川、スナイパーのミン・エルヴァ役は日笠、チーム一の腕力を誇るブロン・チャー役は安元、隠密行動と潜入に優れるアット・ラス役は日野が担当。
キャプテン・マーベルの宿敵タロス役として、関が立ちはだかることになった。

そのほかニック・フューリー役として、俳優の竹中直人が続投することも決定。2月21日の18時~21時には、『アベンジャーズ』公式Twitterにて水樹らの公式ボイスが届く連動企画が実施される予定だ。

『キャプテン・マーベル』は、3月15日より全国公開。

『キャプテン・マーベル』
3月15日(金)全国公開
原題:Captain Marvel
監督:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、クラーク・グレッグ
全米公開:2019年3月8日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)Marvel Studios 2019
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集