“響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」 次元を超えたコラボの裏側に迫る【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

“響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」 次元を超えたコラボの裏側に迫る【インタビュー】

アイドル、そして作詞作曲家など幅広く活動しているVTuber・響木アオ。彼女を主体とする「AOturing(アオチャリング)プロジェクト」第一弾「たこやきレインボー」とのコラボ楽曲「七色の風」について、バーチャルとリアルの壁を越えた両者にインタビューを実施しました。

インタビュー
“響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」―次元を超えたコラボの裏側とは?
  • “響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」―次元を超えたコラボの裏側とは?
  • “響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」―次元を超えたコラボの裏側とは?
  • “響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」―次元を超えたコラボの裏側とは?
  • “響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」―次元を超えたコラボの裏側とは?
  • “響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」―次元を超えたコラボの裏側とは?
  • “響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」―次元を超えたコラボの裏側とは?
  • “響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」―次元を超えたコラボの裏側とは?
  • “響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」―次元を超えたコラボの裏側とは?


YouTuberプロダクションのハロクリに所属するVTuber・響木アオ。2019年4月からテレビ東京にて放送されるドラマ『四月一日さん家の』への出演が決まっているなど、躍進を続ける彼女ですが、2018年8月にアイドル&作詞作曲家としてエイベックスからWデビューを果たしたタイミングで、とあるプロジェクトを発表していました。その名も「AOturing(アオチャリング)プロジェクト」。それが約半年の期間を経て、いよいよ始動します。

「響木アオ feat. リアルアーティスト」をコンセプトに掲げる同プロジェクトの第一弾は、スターダストプロモーション所属の関西出身アイドルグループ「たこやきレインボー(以下、たこ虹)」とのコラボに決定。3月7日に配信限定楽曲「七色の風」がリリースされる直前に、対談形式で両者からお話を伺えましたので、本稿ではその様子をご紹介します。

MVで見られるのはピアノを奏でる響木アオと、その旋律に合唱を乗せるたこ虹のメンバーたち。バーチャルとリアルの垣根を越えて繋がったアイドルが、曲に込めた想いとは?

響木アオ(ひびきあお)
アイドルを目指して、2018年2月よりVTuberとして活動中。「みんなと響きあいたい」を活動コンセプトに、オリジナル楽曲の披露をはじめバラエティ豊かなYouTube動画制作に取り組んでいる。全国ツアーを行うなど、ライブ活動にも精力的。

たこやきレインボー
スターダストプロモーション「STARDUST PLANET」が大阪から放つなにわの最終兵器。愛称は“たこ虹”。メンバーは関西出身の女の子5人で構成され、活動拠点も関西が中心。甲子園での単独ライブを成功させ、甲子園の土を持って帰ることを目標としている。
▼メンバー
彩木咲良(あやきさくら)
元気炸裂!
生年月日:2002年3月26日
出身地:兵庫県
ニックネーム:さくちゃん

春名真依(はるなまい)
みんなの子分
生年月日:2001年1月5日
出身地:大阪府
ニックネーム:まいまい

清井咲希(きよいさき)
ハロー!さきてぃーこんにちは~♪
生年月日:1999年8月5日
出身地:大阪府
ニックネーム:さきてぃ

根岸可蓮(ねぎしかれん)
ドキドキで~す
生年月日:11月18日
出身地:和歌山県
ニックネーム:れんれん

堀くるみ(ほりくるみ)
あわてんぼうのだんじり娘。
生年月日:1999年12月18日
出身地:兵庫県
ニックネーム:くーちゃん


◆素敵なアオチャリングになると確信できた



――本日はよろしくお願いします!まずは今回のコラボレーションが決まった際のご感想を教えていただけますか?

彩木咲良:私はもともとバーチャルYouTuberが大好きで、響木アオちゃんのことも見ていたので、声をかけていただいたのはめちゃくちゃ嬉しかったです!夢を見ている!みたいな(笑)。

響木アオ:嬉しい!!アオはただただ驚きみたいな(笑)。それと、ずっと一人でやってきたので受け入れてくれるかな?って不安でいっぱいでしたね。ところが、いざ会ってみるとみんな優しく接してくれて……、これはきっと素敵なアオチャリングになると確信できました。

――そのアオチャリングプロジェクト自体は、2018年夏頃の発表でしたよね。響木アオさんとたこ虹さんの初めての出会いはいつ頃なのでしょう?

春名真依:去年の私達のワンマンライブの時でしたね。

響木アオ:本当に素敵なライブでした!その時、アオを知ってもらえているか分からなくて、「どうもこんにちわー……」みたいな感じで恐る恐る名刺をお渡ししたんです(笑)。そしたら「アオチャリングよろしくお願いします!」と言ってくださって……分かりますか!?こう、ずっとライブを見ていて、キラキラしてて可愛いなぁって憧れていた人たちがライブ終了後に話しかけてくださる喜びって分かりますか!?

彩木咲良:(笑)。私たちもアオちゃんの可愛らしい天使のような声を聞いて、疲れが吹き飛んだんですよね。


春名真依:そう!全部吹き飛んだ(笑)。もうごちそうさまですって感じ。

堀くるみ:汗だくで超疲れてたのに、もうホンマに吹き飛んだよね。

響木アオ:汗かいていてこんなに可愛いってある!?って思っちゃいました。元々の第一印象はライブのキラキラした姿を見てからの「かっこいいな」だったんですけど、実際に喋ってみると今度は「天使だ、可愛い!」って思うようになりましたね。

――皆さんすごく仲が良いのが伝わってきます(笑)。ちなみにお互いのどんな所が好きか伺ってもいいですか?

春名真依:アオちゃんの身振り手振りが大きい所が好きです!実はアオちゃんは京都出身で、うちらも関西人なんですけど、関西人って手を使う事多いんですよ。すごく親近感が沸きます。


堀くるみ:咲良に教えてもらった「マグロ漁船青空丸」がすごい印象的だった(笑)。

彩木咲良:ああいう歌を作っちゃうところもいいなぁって思います。

春名真依:普通できひんもんね。可愛いのにギャップがすごい好き。

響木アオ:やっぱり皆さんが面白いところですね。まさに“色んな具(才能)が詰め込まれたたこやきみたいなグループ“だなって。

たこ虹:そんなこと初めて言われた(笑)。

――すごく的を射た表現なのに初めて言われたというのが意外です(笑)。それでは、3月7日配信のシングル「七色の風」。その聴きどころや、曲に込めた想いをお聞かせください。

堀くるみ:「卒業」をテーマにしていて、学校生活のキラキラしたイメージと新たな自分に生まれ変わって行く姿の両方をうまく表現できるよう工夫を凝らしました。私たちの中にもちょうど高校を卒業するメンバーもいるので、共感を誘うというか、普段とは違うなめらかな感じの歌い方に挑戦しましたね。

清井咲希:いつもは感情を込める歌が多いんですけど、今回は「合唱」というテーマもあったので、みんなで歌って貰えるように優しく歌いました。

春名真依:レコーディングの時にアオちゃんから「自分のために歌って欲しい」という手紙を貰って……、それも意識しましたね。歌詞が悩みや悲しみをすべて受け止めて前に進んでいくという内容だったので、自分自身の経験を思い出しながらレコーディングしていたんですけど、当時の自分がこの歌を聞いていたら、かなり救われただろうなぁ。

――作詞・作曲を手掛けた響木アオさんは、いかがでしょうか?

響木アオ:はじめに、アオチャリングっていう企画は「たくさんの人と響きあいたい」というテーマから始まったので、“たくさんの人と気持ちを通わせられる曲にしたい”というのが念頭にありました。そんななか、たこ虹さんの学校の話を聞いていたら「合唱だ!」と閃きまして、七色の風が背中を押して新しいスタートを切るという、“卒業は決して悲しいだけのものではないよ“というのが伝えられればいいなと思いながら書かせていただきました。

――またMVも卒業ソングらしい、どこか寂しいけど希望に溢れた内容に仕上がっていました。ご一緒に撮影されたと伺っています。

清井咲希:アオちゃんと一緒の学校に通っている!っていうのを、MVの中でも体感できたのが幸せでしたね。


春名真依:そうそう!あとストーリーがしっかりしてるMVなので、ぜひフルで見て欲しいです。

響木アオ:たこ虹さんが喧嘩をするシーンがあるんですけど、なんてエモいんだと(笑)。喧嘩なんて絶対しなさそうなぐらい仲良いのに、その演技は必見ですね。もちろんその後のストーリー展開も楽しんでもらえるかと思います。

――それと、忘れてはいけないのが手話ダンスですよね。

春名真依:うちらのダンスって割と体を大きく使うダンスが多いんですけど、手元までしっかり意味を持たせるダンス経験は少なかったので大変でしたね。カメラの角度によって手元が見えなかったりしたら、手話の意味が変わってしまいますし。

清井咲希:“ハッキリ踊る”ことを心がけましたね。もちろん手だけじゃなくて、足の振りもあるので、本当に難しかったです。

響木アオ:アオは元々ダンスが苦手なので、めっちゃ頑張りました(笑)。音が聞こえない人にも伝わるようにしたいと思って手話を取り入れ、ダンスは足の先から指の先まで使っているので、全身に注目して見てもらえたなと思います。


――また今回、たこ虹さんは響木アオさんが普段身に付けている制服と、衣装を揃えられていますが、そのご感想をお聞かせいただけますか?

清井咲希:えんじ色にカラフルなリボンがめっちゃ可愛い!普通、学校の制服ってもっと地味なイメージがあるんですけど、やっぱこういうのがええなぁと思いました。

春名真依:アオちゃんと同じクラスメイトになれた気がして、素直に嬉しかったです。

響木アオ:こんなに可愛い娘たちがアオとお揃いだなんて……、ずっと目が幸せでした。

――たこ虹さんの衣装で、響木アオさんに着てほしい衣装などありますか?

彩木咲良:『絶唱!なにわで生まれた少女たち』のモコモコ衣装が似合いそう!

響木アオ:それも着てみたいかも!全体を通して2ndアルバムの衣装がすごい好きで「めっちゃ可愛いな」と思っていました。

春名真依:割と私服っぽい衣装も多いので、アオちゃんに似合う服をコーディネートしてあげたい!

――響木アオさんとたこ虹さんは、同じアイドルとはいえバーチャル、リアルという大きな違いがありますよね。お互いにどんなところが大変そうだとか、思うことはありますか?

響木アオ:実はそんなに変わらないのかなって思いますね。一緒にダンスして歌を歌って、イベントにもお邪魔させてもらいましたが。ただ単純に5人なのが大変そうだなって思います(笑)。ダンスの合わせもそうですし、やりたいことがそれぞれ違った時とか、例えばご飯で揉めたりしないのかな?とか。


たこ虹全員:たしかに揉める(笑)。

清井咲希:もうそういう時はじゃんけんで決めてますね(笑)。平等に決めます。

堀くるみ:でも覚えてる?いつか名古屋でご飯を食べようってなったとき、「味噌煮込みうどん」「味噌カツ」「ラーメン」の3つに意見が分かれて、ラーメン!?ってなったんですけど、結局はラーメンを支持してたさくらがじゃんけんに勝ってラーメン食べたよね(笑)。

彩木咲良:あんまり深く考えてなかった(笑)。お腹空いてたので。

根岸可蓮:確かにダンスは大変ですね。お休みとかで日が空いちゃうと、次の日体力が落ちちゃうので。


堀くるみ:あとは体型維持ですかね。アオちゃんが羨ましい(笑)。

彩木咲良:でもアオちゃんはすごく忙しそう。今日も朝の生配信をしていて大変そうだなぁって思う。

響木アオ:あれはアオが喋りたいからしてるだけだから(笑)。

――それでは最後に、読者の方に向けてメッセージをお願いします。

春名真依:バーチャルYouTuberさんの世界にアイドルが入り込めることって本当にレアだと思うので、この機会をしっかり皆さんの目に焼き付けて体験して貰いたいなって思います。

彩木咲良:私は大好きなアオちゃんとコラボができてめちゃくちゃ嬉しいので、自分自身もこのコラボをしっかり目に焼き付けて楽しみたいなって思います!

清井咲希:バーチャルYouTuberとアイドルとのコラボってなかなか無いからこそ、、普段全然アイドル聞かへん!とかバーチャルYouTuber詳しくない!って方でも、どっちのファンの方にも満足してもらえる曲やと思うのでぜひ聞いてください。

根岸可蓮:「七色の風」と題名に入っているように、七色のようにキラキラした暖かいコラボにしていきたいと思います。曲もよろしくお願いします!

堀くるみ:今回の曲は、サビがアオちゃんのソロパートになっている所があるので、アオちゃんファンの方はぜひ注目して欲しい!それと、たこ虹とアオちゃんのユニゾン。一緒に歌って響き合ってるところにも耳を澄ませてください。

響木アオ:いつものたこ虹さんが歌わないような曲調で、これこそアオチャリングならではの曲になったと思っています。テーマである響き合いを感じながら聞いていただければと思います!


■リリース情報
七色の風
2019年3月7日より
iTunes Storeほか、主要配信サイトおよびAWAなど定額制聴き放題サービスで配信中!
楽曲はこちら(https://avex.lnk.to/aoturingPR)からダウンロードください。

「響木アオ」YouTubeチャンネルはこちら
「たこやきレインボー」公式サイトはこちら

“響木アオ(バーチャル)”と“たこ虹(リアル)”が送り出す楽曲「七色の風」―次元を超えたコラボの裏側とは?

《ふーまん》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集