五十嵐大介「海獣の子供」6月7日公開! STUDIO4°Cの作画クオリティに期待高まる特報映像も | アニメ!アニメ!

五十嵐大介「海獣の子供」6月7日公開! STUDIO4°Cの作画クオリティに期待高まる特報映像も

『鉄コン筋クリート』のSTUDIO4°Cが手掛ける最新アニメ映画『海獣の子供』が、6月7日に全国公開されることがわかった。これにあわせて特報映像とキービジュアルも到着。メインキャストには女優の芦田愛菜らが起用された。

ニュース
『海獣の子供』キービジュアル(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
  • 『海獣の子供』キービジュアル(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
  • 『海獣の子供』キャスト(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
『鉄コン筋クリート』のSTUDIO4°Cが手掛ける最新アニメ映画『海獣の子供』が、6月7日に全国公開されることがわかった。これにあわせて特報映像とキービジュアルも到着。メインキャストには女優の芦田愛菜らが起用された。

『海獣の子供』の原作は、自然世界への畏敬を独自のマンガ表現で魅せる五十嵐大介による海洋冒険譚。
部活での居場所をなくしてしまった少女・琉花が、夜の海で出会った不思議な少年・海との出会いをきっかけに、五感をふるわす海の世界へと足を踏み入れていくというストーリーだ。

メインキャストも明らかとなり、主人公・琉花役は女優の芦田愛菜に決定。物語の鍵を握る少年のうち、海役には『リメンバー・ミー』で主人公ミゲルを吹き替えた石橋陽彩、空役には『泣き虫しょったんの奇跡』などで知られる窪塚愛流がキャスティングされている。

このたび公開されたキービジュアルと特報は、海の中で感じる静けさと荒々しさや海の匂いを感じられるような出来栄え。


映像は久石譲の音楽とSTUDIO4°Cの圧倒的な作画表現によって、幻想的な「生命誕生の物語」のはじまりを予感させるものに仕上がった。

原作者の五十嵐は“音”の制作現場にも立ち会ったそうで、その仕上がりに「映像に音が乗った瞬間、一気に世界が立ち上がり、自分が海の風に飲み込まれるような感覚になりました。その映像は壮大さに加え、細やかな演出と作画によって原作では描き切れなかった登場人物の心情に寄り添ったシーンになっていました」と太鼓判を押す。

そして渡辺歩監督は、作品の完成に向けて「『何ものにも似ていない原作』から、『何ものにも似ていない映画』が生まれました。言葉として書き表すのがもどかしいほど、この手応えに私は興奮しています」との高揚感をコメント。
公開を待ちわびるファンへ「『14歳』の少女を通して見つめる、命の不思議とロマン。この物語の最後に彼女が何を感じるのか…。皆様に是非見届けていただきたいです」と呼び掛けた。

映画『海獣の子供』は、6月7日より全国ロードショー。

『海獣の子供』
6月7日(金)全国ロードショー
【原作】五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX 刊)
【キャスト】芦田愛菜 石橋陽彩 窪塚愛流
【スタッフ】監督/渡辺歩 音楽/久石譲 キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一 美術監督/木村真二 CGI 監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
【アニメーション制作】STUDIO4°C
【製作】「海獣の子供」製作委員会
【配給】東宝映像事業部

(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集