アニメ化してほしいライトノベル・小説は? 3位「本好きの下剋上」、2位「無職転生」、1位は… | アニメ!アニメ!

アニメ化してほしいライトノベル・小説は? 3位「本好きの下剋上」、2位「無職転生」、1位は…

アニメ!アニメ!では2017年に引き続き、「アニメ化してほしいライトノベル・小説は?」と題したアンケートを実施しました。結果を発表します。

ニュース
『無職転生 -異世界行ったら本気だす-』 理不尽な孫の手
  • 『無職転生 -異世界行ったら本気だす-』 理不尽な孫の手
  • 『86-エイティシックス-』 安里アサト
  • 『弱キャラ友崎くん』 屋久ユウキ
  • 『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』 花間燈
  • 『<Infinite Dendrogram> -インフィニット・デンドログラム-』 海道左近
  • 「アニメ化してほしいライトノベル・小説は?」
  • 『無職転生 -異世界行ったら本気だす-』 理不尽な孫の手
2018年もさまざまなライトノベルや小説がアニメ化されました。

今秋の新作だけでも『ソードアート・オンライン アリシゼーション』や『転生したらスライムだった件』、『風が強く吹いている』など数多くの作品が揃っています。

そこでアニメ!アニメ!では2017年に引き続き、「アニメ化してほしいライトノベル・小説は?」と題したアンケートを実施しました。11月3日から11月10日までのアンケート期間中に679人から回答を得ました。
男女比は男性約80パーセント、女性約20パーセントと男性がメイン。年齢層は19歳以下が約45パーセント、20代が約33パーセントと若年層が中心でした。

■電撃小説大賞の大賞作『86-エイティシックス-』がトップ


1位は『86-エイティシックス-』。支持率は約7パーセントでした。本作は2016年の「第23回電撃小説大賞」で大賞を受賞したSFアクション。無人兵器・レギオンの侵略を受けているサンマグノリア共和国を舞台に、エイティシックスと呼ばれる少年少女たちが死地で戦い続けるハードな世界観となっている。

『86-エイティシックス-』 安里アサト
2位は『無職転生 -異世界行ったら本気だす-』。支持率は約3パーセントでした。本作は「小説家になろう」に投稿され、書籍が「MFブックス」より刊行中のファンタジー。異世界で赤ん坊として生まれ変わった主人公・ルーデウスが、前世の知識を駆使して新たな世界を生き抜く姿を描いています。

3位は『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~』。支持率は約2パーセントでした。こちらも「小説家になろう」に投稿され、書籍が「TOブックス」にて刊行中。異世界に転生した主人公・マインが、現代知識を用いて本作りに挑むストーリーです。

4位の『弱キャラ友崎くん』は2015年の「小学館ライトノベル大賞」優秀賞作品。5位の『精霊幻想記』は「小説家になろう」に投稿後、書籍が「HJ文庫」から刊行中です。トップ5の中で2作品が小説の賞受賞作、3作品が「小説家になろう」から生まれた作品となっています。

『弱キャラ友崎くん』 屋久ユウキ
全体ランキングではファンタジー作品が目立っており、とくに主人公が新たな世界に生まれ変わる、いわゆる異世界転生もののジャンルが人気を博しています。また同率6位の『クロス・コネクト』をはじめ、ゲームを題材とした作品も複数ランクインしています。

「アニメ化してほしいライトノベル・小説」アンケートは2017年の結果から大きな変動が出ました。前回ランクインしたタイトルの中には、すでにアニメ化された作品も多数含まれています。今回投票があったタイトルの中にも、アニメ企画が進行中の作品もありそうです。今後の展開にも期待しましょう。

2017年結果
アニメ化してほしいライトノベル作品は? 3位DDD、2位りゅうおうのおしごと!、1位は…


■ランキングトップ10


[アニメ化してほしいライトノベル・小説は?]

1位 『86-エイティシックス-』 安里アサト
2位 『無職転生 -異世界行ったら本気だす-』 理不尽な孫の手
3位 『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~』 香月美夜
4位 『弱キャラ友崎くん』 屋久ユウキ
5位 『精霊幻想記』 北山結莉
6位 『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?』 花間燈
6位 『クロス・コネクト』 久追遥希
6位 『黄昏色の詠使い』 細音啓
6位 『9S<ナインエス>』 葉山透
10位 『自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?』 三河ごーすと
10位 『なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?』 細音啓

(回答期間:2018年11月3日~11月10日)

次ページ:ランキング20位まで公開
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集