「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」閉幕 コンペティション各部門の受賞作品発表など | アニメ!アニメ!

「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」閉幕 コンペティション各部門の受賞作品発表など

「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」が、2018年11月5日に閉幕。会場ではコンペティション各部門の受賞作品発表など、監督や声優を招いた各プログラムで例年以上の盛り上がりを見せた。

イベント・レポート
「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」
  • 「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」
  • 「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」
  • 「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」
  • 「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」
「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」が、2018年11月5日に閉幕。会場ではコンペティション各部門の受賞作品発表など、監督や声優を招いた各プログラムで例年以上の盛り上がりを見せた。

プログラムでは「グラフィニカ」の活動紹介に続いて、国際審査員を務めた冠木佐和子のトークが開催。大学時代の作品など貴重な映像とともに、作品の背景やエピソードで観客の笑いを誘い、シアター内の階段を埋めるほどの人気ぶりを見せた。

各種コンペティションプログラムの上映後には、「imai & 橋本麦 VJ LIVE! at NEW CHITOSE 2018」が開催された。壇上ではgroup_inouのTRACK担当であるimaiが3曲プレイし、ライブ用音響用機材から流れるサウンドと橋本麦の映像が見事にリンク。ここでしか体験できない、特別なプログラムが実現した。


フェスティバルのフィナーレとなる授賞式では、コンペティション各部門の受賞作品が発表。70を超えるノミネート作品の中から栄えあるグランプリには、ハンガリー出身のレカ・ブシ監督による『Solar Walk』が選出された。監督は「世界中から集まった、たくさんの方との出会いのある、世界に一つだけの映画祭でグランプリを受賞でき大変光栄です」と喜びを語った。

また新人賞には、ニンケ・ドゥーツ監督『Bloeistraat 11』。日本グランプリには、和田淳監督『秋 アントニオ・ヴィヴァルディ「四季」より』が獲得。さらに、今回新設された長編グランプリには、マーク・ジェイムス・ロエルズ監督とエマ・ドゥ・スワーフ監督による『This Magnificent Cake!』が、学生グランプリはアマンダ・エリアソン監督の『Snow White Cologne』が受賞した。

4日間にわたって行われた「第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」。5周年となる今回は、監督や声優を招いた招待作品のみならず、コンペティション上映やクリエーターによるトーク・レクチャーなど、数多くのプログラムが実施。大きく可能性を拡げるアニメーションの未来へ向けた、次回の開催に大きな期待が集まる。


■第5回新千歳空港国際アニメーション映画祭 受賞作品(制作国と地域)

・短編グランプリ◆『Solar Walk(ソーラー・ウォーク)』レカ・ブシ(デンマーク)
・日本グランプリ◆『秋 アントニオ・ヴィヴァルディ「四季」より』和田淳(日本)
・新人賞◆『Bloeistraat 11(ブロイーストラート・イレブン)』ニンケ・ドゥーツ(ベルギー)
・審査員特別賞
◆『My Little Goat(マイリトルゴート)』見里朝希(日本)
◆『The Burden(ザ・バーデン)』 ニキ・リンドロス・フォン・バール(スウェーデン)
◆『タンポポとリボン』若井麻奈美(日本)
◆『Flower Found!』ヨルン・レゥワリンク(オランダ)
・長編グランプリ◆『This Magnificent Cake!(ディス・マグニフィセント・ケーク!)』マーク・ジェイムス・ロエルズ、エマ・ドゥ・スワーフ(ベルギー、フランス)
・学生グランプリ◆『Snow White Cologne(スノウ・ホワイト・コロン)』アマンダ・エリアソン(イギリス)
・新千歳空港賞◆『Death of a Father(デス・オブ・ア・ファーザー)』ソムナス・パル(インド)
・キッズ賞◆『HOME(おうち)』エファルホンデフ・トラビ(イラン、アメリカ)
・ベストミュージックアニメーション◆『Katy’s Wart(カティーズ・ワート)』 サイモン・ウィルチェス・カストロ、ホリー・バイナム(アメリカ)
・観客賞◆『imai “Fly feat.79,中村佳穂”』橋本麦(日本)
・外務大臣賞◆『Conception: Catie + Jen(コンセプション カティー&ジェーン)』モス・スタジオ(イギリス)
・観光庁長官賞◆『America(アメリカ)』ナダフ・アルベル(イスラエル)
・北海道知事賞◆『had lived(ハド リブド)』さとうゆか(日本)
・ロイズ賞◆『タンポポとリボン』若井麻奈美(日本)
・北海道コカ・コーラ賞◆『がんばれ!よんぺーくん』しょーた(日本)
・北海道銀行賞◆『Viacruxis(ビアクルーシス)』イグナシ・ロペス・ファブレガス(スペイン)
・北洋銀行賞◆『Dancing Frog(おどるカエル)』キム・ジンマン(韓国)
・サッポロビール賞◆ 『Passage(パッセージ)』 サイモン・フィート(フランス)
・ISHIYA賞◆『Floreana(フロリアーナ)』 ルイス・モートン(デンマーク、アメリカ)

第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭実施概要
名 称:第5回 新千歳空港国際アニメーション映画祭
主 催:新千歳空港国際アニメーション映画祭実行委員会
開催日程:2018年11月2日(金)~11月5日(月)
会 場:新千歳空港ターミナルビル(ソラシネマちとせ 他)
作品募集:
1.短編コンペティション:2018年4月16日~2018年6月30日
2.長編コンペティション:2018年4月16日~2018年7月31日
応募作品数(国と地域):
1.2043作品(86の国と地域)
2.49作品(25の国と地域)
ノミネート作品数:
1.76作品
2.5作品
本 審 査:会期中
授 賞 式:2018年11月5日(月)
アワード数:22
プログラム数:60プログラム
総上映作品数:279本


[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《MoA》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集