ネットユーザーが本気で選ぶ“2018夏アニメキャラ” 3位白血球、2位アインズ、1位は…? | アニメ!アニメ!

ネットユーザーが本気で選ぶ“2018夏アニメキャラ” 3位白血球、2位アインズ、1位は…?

「ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018夏」が、動画サービス「niconico」にて10月13日に開催された。「人気No.1アニメキャラ」では『はたらく細胞』血小板が1位に輝き、『オーバーロードIII』アインズが2位、『はたらく細胞』白血球(好中球)が3位に続いた。

ニュース
「はたらく細胞」(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction
  • 「はたらく細胞」(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction
  • 「ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018夏」人気No.1アニメキャラ
  • 「ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018夏」人気No.1アニメ
  • 「オーバーロードIII」 (C)丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード3製作委員会 (C)Kugane Maruyama,PUBLISHED BY KADOKAWA CORPORATION/OVERLORD3 PARTNERS
  • 「あそびあそばせ」(C)涼川りん・白泉社/「あそびあそばせ」製作委員会
  • (C)福本伸行・萩原天晴・三好智樹・橋本智広/講談社・帝愛グループ 広報部
  • TVアニメ『はねバド!』ティザービジュアル (C)2018濱田浩輔・講談社「はねバド!」製作委員会
  • 「プラネット・ウィズ」(C) 水上悟志・BNA・JC/Planet With Project
2018年7~9月期に放送・配信開始された“夏アニメ”65作品からナンバーワンを決定する「ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018夏」が、動画サービス「niconico」にて10月13日に開催された。4時間にわたって実施されたアンケートには計137,073人が回答。「人気No.1アニメキャラ」では『はたらく細胞』血小板が1位に輝き、『オーバーロードIII』アインズが2位、『はたらく細胞』白血球(好中球)が3位に続いた。

血小板(CV.長縄まりあ)は血管が損傷した際に集合し、傷口をふさいで止血する“血小板”の擬人化キャラクター。劇中では幼い子どもが「血小板」と書かれた帽子をかぶった姿で描写され、「あのね!あのね!」の口癖をはじめとする健気で愛らしい姿がよく見られた。
niconicoユーザーの支持率は7.12パーセントで、男性票に限ると7.53パーセントを記録。女性票でも5.68パーセントで2位につけており、性別を問わないマスコット的な人気ぶりがうかがえる。

アインズ(CV.日野聡)は、骸骨姿の最強魔法使いとして異世界に転移してしまった『オーバーロード』シリーズの主人公キャラクター。正体を隠して大悪魔から王都を救った『II』とは打って変わり、『III』ではその圧倒的な力を見せつける大侵攻を繰り広げた。
niconicoユーザーの支持率は6.36パーセントで、なかでも男性票では7.24パーセントと1パーセント近く上昇。最強の支配者として、同性から羨望の眼差しを集めているようだ。

白血球(CV.前野智昭)は外部から体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物を排除する、“白血球”の擬人化キャラクター。劇中では赤血球(CV.花澤香菜)のトラブルに居合わせる展開がお馴染みで、そのたびに「この雑菌野郎ーっ!」と彼女のピンチを救っていた。
niconicoユーザーの支持率は4.58パーセントながら、女性票では12.78パーセントと圧倒的な数字をマーク。体内のヒーローとしての活躍が、多くの女性ファンの心を射止めていた。

このほか総合ランキングでは、『はたらく細胞』のトラブルメーカー・赤血球が4位、『あそびあそばせ』のリア充に憧れる残念な少女・本田華子(CV.木野日菜)が5位に選出。
以下、『あそびあそばせ』オリヴィア(CV.長江里加)、『中間管理録トネガワ』利根川幸雄(CV.森川智之)、『はねバド!』羽咲綾乃(CV.大和田仁美)、『あそびあそばせ』野村香純(CV.小原好美)、『プラネット・ウィズ』黒井銀子(CV.井澤詩織)がトップ10に名を連ねた。

「ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018夏」
実施日時:2018年10月13日(土)18時00分から22時00分
調査対象:アンケート実施日時にniconicoにアクセスしていて、ニコニコでアニメを視聴したことのあるユーザー
回答者数:137,073人
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集