「銀魂2」初日舞台挨拶に小栗旬らキャスト集結「もしかしたら、3ができるかもしれない!」 | アニメ!アニメ!

「銀魂2」初日舞台挨拶に小栗旬らキャスト集結「もしかしたら、3ができるかもしれない!」

8月17日、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の初日舞台挨拶が丸の内ピカデリー1にて行われた。主演の小栗旬をはじめ、メインキャストが集結し、ファンに向けてメッセージを伝えた。

ニュース
「『銀魂2 掟は破るためにこそある』初日舞台挨拶(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会」
  • 「『銀魂2 掟は破るためにこそある』初日舞台挨拶(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会」
  • 「『銀魂2 掟は破るためにこそある』初日舞台挨拶(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会」
8月17日、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の初日舞台挨拶が丸の内ピカデリー1にて行われた。主演の小栗旬をはじめ、メインキャストが集結し、ファンに向けてメッセージを伝えた。

『銀魂2』のテーマにちなんで「出演者の中で“掟破り”だと思うのは?」という質問に対して、福田雄一監督は「やっぱり小栗君じゃないですかね。途中から急にテンションがおかしくなっているんですよ」とコメント。
続けて「床屋でのバイトのシーンの“新八の吐いたぁぁぁぁぁああああ!”からテンションが突如おかしくなって、急に“中尾彬”さんみたいな人が演技に入ってきて(笑)。そもそも新八のツッコミのテンションも、おかしいんですけどね(笑)」と撮影時を振り返る。
さらに新八役の菅田将暉も「だって、俺が知っている目じゃなかったんですもん!」と思わず笑い出してしまう。

徳川茂茂役の勝地涼の顔が引っ張られるシーンの撮影については、小栗自身やりすぎたようで、「本当に楽しかったですね。本当は将軍を“強く引っ張りすぎちゃダメ!”って言われていたんですけれど、撮影していたらなんか止まらなくなってしまって。本当に…面白かった」と笑顔を見せる。一方の勝地は「中は無表情だよ。僕は(特殊メイクで)何も見えなかったから…、何が起きているかわかんなかった(笑)」と撮影時の心情を語り、会場の笑いを誘った。

最後は映画公開を記念して「平成最後の夏は“銀魂”!」の言葉に合わせて、「銀魂」(銀のくす玉)を二つ割って盛り上がりを見せる。
小栗は「本日はありがとうございます。こんな感じの映画です(笑)。1よりも2が面白かったねって言ってくれたら…もしかしたら、3ができるかもしれない! どんどん愛を育んでくれたらいいなと思います」と熱いメッセージを伝えて、イベントは大盛況の内に幕を閉じた。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』 初日舞台挨拶
日時:8月17日(金)
場所:丸の内ピカデリー1
登壇者:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、三浦春馬、
吉沢亮、勝地涼、戸塚純貴、佐藤二朗、堤真一、
福田雄一監督、エリザベス

(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集