実写「銀魂2」将軍役は勝地涼! 堤真一、夏菜ら実写キャスト&コメントが一挙公開 | アニメ!アニメ!

実写「銀魂2」将軍役は勝地涼! 堤真一、夏菜ら実写キャスト&コメントが一挙公開

ニュース

実写「銀魂2」将軍役は勝地涼! 堤真一、夏菜ら実写キャスト&コメントが一挙公開
  • 実写「銀魂2」将軍役は勝地涼! 堤真一、夏菜ら実写キャスト&コメントが一挙公開
実写映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日ロードショー)より、最後のキャスト情報が到着。松平片栗虎役・堤真一、徳川茂茂役・勝地涼、猿飛あやめ役・夏菜の出演が発表され、キャラクタービジュアルも公開された。

堤演じる“松平片栗虎”は、警察組織の頂点に君臨する超重要人物でありながら、キャバクラで豪遊する夜の帝王としても名を馳せているキャラクター。
堤の出演が持ち上がったのは前作の撮影時とのことで、「別作品の撮影で撮影所が一緒でした」と明かした堤は「挨拶にみんなが来てくれた時に“またくっだらねぇ、映画撮ってんなぁ~(笑)”と話していたら、監督から“もしも、二本目があったら堤さん出て下さいよ”と言われて。“あるならね”と答えたら本当に出演が決まってしまいました」との経緯を説明。
「今回も福田さんがめちゃくちゃ面白い映画を作っています」とのことで、『銀魂』でしか見られない“はじけっぷり”に注目となりそうだ。

勝地演じる“徳川茂茂”は、江戸幕府の若き第14代征夷大将軍。国の最高位にも関わらず片栗虎からは“将ちゃん”と呼ばれ、城下にお忍びで現れるたびにトラブルに巻き込まれてしまうという人物だ。
将軍は前作の撮影時・宣伝期間中から坂田銀時役の小栗旬らに“続編があれば、将軍と遊びたい”と熱望されていたそうで、出演が決まり「将軍役っぽいんだけど」と伝えた勝地は小栗の喜びように驚いたという。
勝地は「漫画を読み、アニメを観た後に、“自分で、大丈夫?”と心配になってしまいました(笑)。なので、とりあえず体を鍛えました」とのことで、ファンに向けて「“勝地の将ちゃん”も愛してほしいなと思っています」と呼びかけた。

夏菜演じる“猿飛あやめ”は、元幕府お抱えのエリート忍者ながら、現在は始末屋として裏稼業をこなしているくノ一。劇中ではひょんなことから銀時に惚れ込み、ぞんざいな扱いも楽しむドMぶりを発揮する。
今回の出演にあたって、夏菜は過激な衣装や顔芸にもチャレンジしたそうで「動きや仕草、そういうのを沢山研究して演じました。もし違ったとしても怒らないで下さい(笑)」とコメント。あわせて「不安より、思いっきりやりたいという楽しみの方が大きかったです。出来る限り、原作に忠実に演じようと思って努力しました」との手ごたえも口にした。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、8月17日(金)より全国ロードショー。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』
(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集