「ルパン三世 PART5」ルパンもビックリな野望告白! 水瀬いのり×津田健次郎×島﨑信長 座談会 | アニメ!アニメ!

「ルパン三世 PART5」ルパンもビックリな野望告白! 水瀬いのり×津田健次郎×島﨑信長 座談会

インタビュー

水瀬いのりさん、津田健次郎さん、島﨑信長さん
  • 水瀬いのりさん、津田健次郎さん、島﨑信長さん
  • 水瀬いのりさん
  • 島﨑信長さん
  • 津田健次郎さん
  • 原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV
  • 原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV
  • 原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV
  • 原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV
2018年4月よりスタートした『ルパン三世PART5』は、新キャラクターたちを巻き込みながら怒涛の展開で毎話ファンを驚かせている。今まで謎に包まれていたアルベール・ダンドレジーも本編でいよいよ動き出し、ルパンとの関係性も浮き彫りとなってきた。

アニメ!アニメ!では、アルベール役の津田健次郎さんを筆頭に、アミ・エナン役の水瀬いのりさん、八咫烏五郎役の島﨑信長さん3人による新キャラクター座談会を敢行。初めて触れた『ルパン三世』や、お気に入りの作品について伺った。

【インタビュー前編】「ルパン三世 PART5」水瀬いのり×津田健次郎×島﨑信長 新キャラ声優座談会 原体験や今後の注目ポイントは?

今回は後編として、演じるキャラクターや「もし自分たちがルパンの仲間になったら……?」といった妄想もたっぷりにお話いただいた。
[取材・構成:タカロク]

『ルパン三世 PART5』
https://lupin-pt5.com/

■アミの微笑ましい成長



――現時点で第8話まで放送されているという事で、視聴者もキャラクターたちが分かってきたところだと思います。皆さんは演じている役柄について、どう思われていますか?

水瀬いのり(以下、水瀬)
アミは現代を形にしたような若者なのかなと思っています。彼女はハッキングなどの知識が豊富だしいろんな最新技術にも詳しいですが、そうなった背景に辛い過去もあったりする。
でもルパンと出会い一緒に行動するなかで、「自分にはこういう感情があるんだ」「こんなこと思うの初めてだな」と自分の中にちょっとずつ芽生えてくる感情に戸惑いながらも、成長していく。普段の私達だったら思わないようなひとつひとつの事が、アミにとっては刺激的なんだろうなと思いながら演じています。

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV
――アミにとって、ルパンは大きなきっかけをくれた人物ですね。

水瀬
そういう意味ではきっと、アミにとってルパンは眩しく輝いて見える存在なんだろうなと思います。ルパンをきっかけに彼女の中で芽生えていく気持ちというのが、今後アミというキャラクターを大きく左右していく。
なので演じる身としては、無色透明な所からどんどん色を付けていく感覚ですね。アフレコでも毎回台本をもらうたびに、「成長してるな」と感じます。

津田健次郎(以下、津田)
本当に微笑ましいんですよね。収録の期間が少し空いただけで、作中ですごく成長してるから。「ルパンのお兄さんに外に連れていってもらってよかったね」と思いながら見ています。ちょっとしたシーンで、ぐっときたりするもんね。

水瀬
そうなんです! 話が進んでも、やっぱり彼女の軸にある他人にどう伝えればいいかわからない不器用さや緊張感というのは出てきます。でもそれは彼女らしさであって、私はそこがすごく好きなんです。
一生懸命言葉を紡ぐ人間らしい部分と、それが時に正直過ぎるから周りからは面白いって言われたりするようなちょっとメカっぽいところ。それにどんどん血が通っていくところが魅力でもあるので、今後の展開にも注目してほしいです。

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV
――では、八咫烏はどうですか?

島﨑信長(以下、島﨑)
八咫は「銭形を尊敬する若き熱血漢」というところからまったくブレないキャラですよね。今後彼が裏切ったり、腹に一物あれば、今回のシリーズでひとつの盛り上がりを生み出せるとは思うんですけど……そうじゃない。
純粋に銭形の事を尊敬している男なので、長く時間をかけて花が咲いていくのではないかなと思います。PART5はもちろん、PART6、PART7、PART8とテレビシリーズが続いていった時に……! それはアミもそうですし、アルベールは……まだ作中で絡みがないので分からないんですけど。

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV
――その津田さん演じるアルベールはいかがでしょうか?

津田
まず今回、舞台がフランス、アルセーヌ・ルパンの本拠地とあり、街の描き方にもスタッフさんの本気度をひしひしと感じます。それで僕が演じるアルベール・ダンドレジーの「ダンドレジー」という名前は、分かっている人もいると思いますが、アルセーヌ・ルパンの母方の名前なんです。
アルベールは過去にルパンと一緒に泥棒をしていてい、最終的に「俺はもっと大きいものが欲しくなった、俺は国を獲るんだ」と司法警察、官僚の世界へ入っていった。そうとう腹の据わったキャラクターです。

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV
――ルパンとは似ているようで似ていないキャラクターですよね。

津田
背格好は似てるけど、本質は随分違いますからね。似て非なる存在、月と太陽みたいな。まさにメインビジュアルがそれを象徴していると思います。

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV
津田
ふたりの騙し、騙されというやり取りが続いていますが、それも実力が拮抗しているからこそなんです。ある意味でルパンとセットで動けるような奴です。

――次元たちとはまた違って、今までにはいなかったキャラクターですね。

津田
最初はただのイヤミな官僚なのかと思いきや、回を追うごとに奥深さが出てくる。本当に面白いですね。
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集