「ヒカルの碁」中国で世界初の実写ドラマ化!大手動画サイト「愛奇芸」にて2019年夏放映 | アニメ!アニメ!

「ヒカルの碁」中国で世界初の実写ドラマ化!大手動画サイト「愛奇芸」にて2019年夏放映

「週刊少年ジャンプ」で1999年~2003年に連載されていた『ヒカルの碁』が、中国で実写ドラマ化されることが決定した。中国の大手動画サイト「愛奇芸(iQiyi)」にて、2019年夏に放映される。

ニュース
『ヒカルの碁』実写ドラマイメージポスター
  • 『ヒカルの碁』実写ドラマイメージポスター
「週刊少年ジャンプ」で1999年~2003年に連載されていた『ヒカルの碁』が、中国で実写ドラマ化されることが決定した。中国の大手動画サイト「愛奇芸(iQiyi)」にて、2019年夏に放映される。

『ヒカルの碁』実写ドラマイメージポスター

『ヒカルの碁』は、原作・ほったゆみと作画・小畑健のコンビによる囲碁を題材にした少年マンガ。平安時代の天才棋士・藤原佐為の霊に憑かれた小学生の進藤ヒカルが、佐為の囲碁への情熱や少年エリート棋士・塔矢アキラの存在によって徐々にその才能を開花させていく。
単行本の累計発行部数は2500万部を誇り、「第45回小学館漫画賞」や「第7回手塚治虫文化賞新生賞」にも輝いた人気作品だ。

『棋魂』のタイトルで制作される実写ドラマは、5月18日に行われた愛奇芸の世界大会で発表。制作は良質な作品作りで知られる映像制作会社の厚海文化、監督は「ネットドラマの優秀監督」に賞された劉暢に決まった。
世界初の『ヒカルの碁』実写ドラマはどのような仕上がりとなるのか、今後の続報に期待となりそうだ。
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集