エイベックスと博報堂、VR事業を展開 国際短編映画祭にて映像作品発表へ | アニメ!アニメ!

エイベックスと博報堂、VR事業を展開 国際短編映画祭にて映像作品発表へ

ニュース

エイベックス・マネジメントと博報堂DYメディアパートナーズ共同運営がVR映像によりブランド体験をアップデートするブランデッドムービーソリューション『VR Story Seek(R)』の提供を開始することが発表された。

『VR Story Seek(R)』は、エイベックス・マネジメントと博報堂DYメディアパートナーズが共同で運営する、VR映像によるブランド体験を促すプロジェクト。
博報堂DYメディアパートナーズがクライアント課題解決を、AMGがキャスティングと楽曲タイ アップを行い、更に数多くのVR映像を提供しているエイベックス・エンタテインメント株式会社の専門チームが映像制作を担うことで、それぞれの強みを生かしながら、映画の様なストーリー性の高いVRムービーを制作する。

『VR Story Seek(R)』による初の映像作品の発表は米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018」に設立されたVR部門「VR SHORTS」にて行われる。

発表する映像作品は、VRの配信システムを担う ゲートウエイ、立体音響システムを持つゼンハイザージャパン、メディアパートナーの日経BP総 研の3社の協力を得て製作するという。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《室園あ子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集