「若おかみは小学生!」劇場版、公開決定! 監督は「茄子 アンダルシアの夏」の高坂希太郎 | アニメ!アニメ!

「若おかみは小学生!」劇場版、公開決定! 監督は「茄子 アンダルシアの夏」の高坂希太郎

ニュース

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
  • (C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
  • (C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
  • (C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
「講談社青い鳥文庫」の人気シリーズ『若おかみは小学生!』が、TVアニメ化に続いて映画化も決定し、劇場版映像PVが公開された。本作は、映画『茄子 アンダルシアの夏』で監督を務めたほか、数々のジブリ作品でメインスタッフを担当してきた高坂希太郎がメガホンを取り、映画『聲の形』や『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』『のんのんびより』などで知られる吉田玲子が脚本を執筆する。

『若おかみは小学生!』は、交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学六年生のおっこが、ユーレイのウリ坊らに助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなす為奮闘する物語。劇場版では、原作でもテレビシリーズでも描かれなかった両親とおっこの物語が描かれる。

原作・令丈ヒロ子は劇場版について「高坂希太郎監督が描かれた花の湯温泉の絵コンテを、初めて見た時の衝撃は忘れられません。わたしの頭の中をそっくりそのまま投影したのかと思うほどイメージ通りだったのです」と絶賛。

「原作の読者に伝えたいと思っていたところをすべて的確に、すばらしくリアルに、美しく、そしてあたたかい映像にしていただき、深く感謝しております」と高坂監督に感謝を送り、「子どものころ原作を読んでいたみなさんはもちろん、この映画で初めておっこちゃんやウリ坊、美陽ちゃんと出会うみなさんも、笑えて泣けて胸が熱くなる名作だと思います」と太鼓判を押した。

アニメとは一味違うおっこの物語から目が離せない。
なお、声優にはテレビアニメ版に引き続き、主人公・おっこ役に小林星蘭、ユーレイのウリ坊役に松田颯水、おっこのライバルである秋野真月役を水樹奈々が演じる。



劇場版『若おかみは小学生!』
2018年9月全国ロードショー

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
《室園あ子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集