アニプレックスとLive2Dが業務資本提携 長編アニメーション映画製作を始動 | アニメ!アニメ!

アニプレックスとLive2Dが業務資本提携 長編アニメーション映画製作を始動

アニプレックスとLive2Dが業務資本提携を結んだことが発表された。アニプレックスがLive2D社の株式の過半数を取得し、映像技術「Live2D」の開発を支援する。さらに映像技術『Live2D』を使用した長編アニメーション映画の製作も明らかとなった。

ニュース
アニプレックスとLive2Dが業務資本提携 長編アニメーション映画製作を始動
  • アニプレックスとLive2Dが業務資本提携 長編アニメーション映画製作を始動
アニプレックスとLive2Dが業務資本提携を結んだことが発表された。アニプレックスがLive2D社の株式の過半数を取得し、映像技術「Live2D」の開発を支援する。さらに映像技術『Live2D』を使用した長編アニメーション映画の製作も明らかとなった。

Live2Dは2次元でしか表現できない魅力的な絵をダイナミックに思い通りに動かすことを目指し、3Dと全く異なるアプローチによって実現した映像技術。これまで、国内外300以上の商標タイトル(映像・ゲーム・アプリ)で使用されており、2017年のパブリッシャーTOP10社のうち70%が、国内TOP52社のうち87%がLive2Dを採用したコンテンツをリリースしている。

両社はこのLive2Dを使用したこれまでに無い新しい映像表現をアニメーション作品制作に取り組むということを目指すという。目標の一つである長編アニメーション映画制作を実現する為、持続的な協業関係の構築に取り組む構えだ。

アニプレックスの代表取締役・岩上敦宏氏は「アニメやアプリゲームにおいて広く利用されているソフトウェア『Live2D』を有するLive2D社と話し合いをしていく中で、同社の技術を駆使した長編映像制作を行いたいという熱意を強く感じました」と述べ、「映像技術をさらに進化させ、さらなる映像表現を追求していけば全く新しい映像作品ができると確信しております。長い道のりかもしれませんが、ぜひご期待ください」と今後の展開に期待を寄せた。

一方Live2D社の代表取締役・中城哲也氏は「アプリゲーム業界向けのツール開発をこれまで以上に加速させつつ、革新的な映像表現と、それを実現する技術を提供することで、2Dコンテンツ、そしてそれを支えるクリエイターの発展に貢献出来ると確信しております」とコメントしている。

今後、両社は長編アニメーション制作を進めながら、それぞれが得意とする分野でノウハウや技術を共有。更にアニメーション・ゲームなど多様なコンテンツ・サービスを通じて新しい表現・価値を創出する活動を行っていくと声明を出している。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《室園あ子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集