「LOST SONG」鈴木このみ、田村ゆかりらキャスト陣が作品の魅力をプレゼン! PV第3弾の公開も | アニメ!アニメ!

「LOST SONG」鈴木このみ、田村ゆかりらキャスト陣が作品の魅力をプレゼン! PV第3弾の公開も

AnimeJapan 2018・パブリックデイ2日目の3月25日、WHITEステージにて4月7日より放送開始のTVアニメ『LOST SONG』の放送直前スペシャルステージが行われた。

イベント・レポート
AnimeJapan 2018・パブリックデイ2日目の3月25日、WHITEステージにて4月7日より放送開始のTVアニメ『LOST SONG』の放送直前スペシャルステージが行われた。

本作は、歌で奇跡を起こす二人の少女――辺境の村に住むリンと、民衆に愛される王都の歌姫フィーニスが、架空の大陸・ヌーナシアを舞台に過酷な旅を繰り広げていくオリジナルファンタジーアニメ。

ステージは、リンを演じる鈴木このみによるオープニング主題歌「歌えばそこに君がいるから」の生歌唱から開幕。その後、フィーニス役の田村ゆかり、アル役の久野美咲、コルテ/メル役の茅野愛衣、ルード・ベルンシュタイン4世役の鈴木裕斗も加わって、鷲崎健による司会でトークが展開されていった。

キャスト陣がパネルに書いたキーワードをもとにプレゼンするコーナーでは、それぞれが次回の内容への期待が高まっていく作品のストーリー展開や、和気あいあいとした収録現場の様子について熱弁。
トークの中で、メル役でオーディションを受けていた茅野が、スタッフの要望によって急遽コルテ役にも挑戦し、後日「放送が終わるまで明かせない理由」から2役を演じることが決まったという裏話も明らかに。
そして、鈴木は畑亜貴と「歌えばそこに君がいるから」の作詞を共作するにあたり、収録前に作品の筋書きを全て知らされていたことを告白。収録現場で後のストーリー展開を知らされる度に、他キャスト陣と共に知らないふりをしていたと鈴木が語ると、ステージ上のキャスト陣が驚きを見せる一幕も。

プレゼンコーナーの後は初公開となる第3弾PVが上映。作品の広大なスケールを感じさせ、これまで以上に物語の核心に迫る映像に、キャスト陣からも感嘆の声が上がった。


PV上映後、キャスト陣から一言ずつ贈られたファンへのメッセージによって、ステージは締めくくられた。

『LOST SONG』は、4/7(土)よりTOKYO MX1・サンテレビにて放送開始、3/31(土)よりNetflixにて毎週土曜先行配信開始。
4月よりテレビ愛知、BSフジ、KBS京都にて放送開始

(C)MAGES./LOST SONG製作委員会
《山田幸彦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集