「少年ジャンプ」は何故人気なのか "奇跡"を起こした元編集長が、創刊~黄金時代の秘話を記す | アニメ!アニメ!

「少年ジャンプ」は何故人気なのか "奇跡"を起こした元編集長が、創刊~黄金時代の秘話を記す

「週刊少年ジャンプ」の元編集長・後藤広喜の著書『「少年ジャンプ」黄金のキセキ』が26日に発売された。同誌初の生え抜き編集長となった著者が、人気を牽引した連載漫画を紹介しながらその秘密に迫る。

ニュース
「少年ジャンプ」は何故人気なのか 
  • 「少年ジャンプ」は何故人気なのか 
「週刊少年ジャンプ」の元編集長・後藤広喜の著書『「少年ジャンプ」黄金のキセキ』が26日に発売された。同誌初の生え抜き編集長となった著者が、人気を牽引した連載漫画を紹介しながらその秘密に迫る。

【関連記事】「ぬ~べ~」“鬼の手”も食べられる! 「ジャンプ」の90年代人気4作品がJ-WORLDに登場!

著者の後藤は1970年に集英社に入社後「週刊少年ジャンプ」編集部へ配属され、『アストロ球団』(遠崎史朗/中嶋徳博)、『ドーベルマン刑事』(武論尊/平松伸二)、『さわやか万太郎』(本宮ひろ志)、『私立極道高校』(宮下あきら)などを担当していた。1986年から1993年まで同誌編集長を務め、2012年に退職。中島徳博の初代担当者としても知られている。

「『少年ジャンプ』支えた主役は、言うまでもなく漫画家とその作品だ。」とまえがきで断言する筆者の熱い思いが垣間見える本作。永井豪『ハレンチ学園』、武論尊&原哲夫『北斗の拳』をはじめとする往年の名作や、荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』、井上雄彦『SLAM DUNK』、冨樫義博『幽☆遊☆白書』などが編集目線で紹介される、ジャンプファンにはたまらない一冊となりそうだ。

商品情報
『「少年ジャンプ」黄金のキセキ』
著者:後藤広喜
発売日:2018年3月26日(月)
発売体裁:四六判ソフトカバー288ページ
定価:本体1,600円+税
発行:ホーム社
発売:集英社
《室園あ子》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集