「コードギアス」の世界観を"体感"! イラスト、声、映像で感じる「ルルーシュ展」 | アニメ!アニメ!

「コードギアス」の世界観を"体感"! イラスト、声、映像で感じる「ルルーシュ展」

ニュース

『コードギアス 反逆のルルーシュ』劇場3部作公開を記念した初の大規模な展覧会「コードギアス 反逆のルルーシュ展」が、東京ドームシティ「Gallery AaMo」にて開催中だ。会場では厳選された原画・イラスト約170点を中心に、VOICE、映像、展示と多様なアプローチで作品の世界を体感できる。

【フォトギャラリー】「コードギアス 反逆のルルーシュ展」の様子をもっと見てみる?

2006年~2007年に放送されたTVアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』は、超大国「神聖ブリタニア帝国」を追われた忘却の皇子・ルルーシュを主人公に、謎の美少女C.C.(シーツ―)から絶対遵守の力「ギアス」を得た彼が帝国の打倒を目指す姿を描いた作品だ。2008年には続編『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』が登場し、ルルーシュの壮絶な人生を描ききって堂々たる完結を迎えた。

現在開催中の「コードギアス 反逆のルルーシュ展」は、そんな『コードギアス 反逆のルルーシュ』および『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』を視聴してきたファンが楽しめる展示会だ。

展示はルルーシュとゼロとスザクによる新規収録の音声ガイド受付、そして谷口悟朗監督とシリーズ構成・大河内一楼による開催コメントが待つエントランスからスタート。ギアスにかかる「ギアス回廊」とルルーシュからのメッセージVOICEによる「Geass Corridor」を抜けて、作中の名シーンを演出した空間やフォトスポット、特別映像などを次々と体験できるという構成になっている。

25アイテム74品種のイベント限定グッズを販売する「アッシュフォード学園購買部」や、ルルーシュへの想いをメッセージカードに綴れる「Message to Lelouch」、メインアニメーター書き下ろしイラスト色紙の展示(8種)などもファン必見だ。

「コードギアス 反逆のルルーシュ展」の会期は2月12日まで。なお大阪南港ATCミュージアムでの巡回展も、3月24日~4月1日にかけての開催が予定されている。

「コードギアス 反逆のルルーシュ展」
期間:2018 年 2 月 3 日(土)~2 月 12 日(月祝)計 10 日間(休館日なし)
時間:【平日・日・祝】10:00~18:00
   【土】10:00~19:00 ※最終入場:閉館の 30 分前
会場:東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリーアーモ)

(C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (C)2006-2017 CLAMP ・ ST
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集