「ガンダムビルドシリーズ」新作発表会レポ、鈴木福が組んだガンプラはあの渋いMS… | アニメ!アニメ!

「ガンダムビルドシリーズ」新作発表会レポ、鈴木福が組んだガンプラはあの渋いMS…

イベント・レポート

「ガンダムビルドシリーズ」新作発表会レポ、鈴木福が組んだガンプラはあの渋いMS…
  • 「ガンダムビルドシリーズ」新作発表会レポ、鈴木福が組んだガンプラはあの渋いMS…
  • 「ガンダムビルドシリーズ」新作発表会レポ、鈴木福が組んだガンプラはあの渋いMS…
  • 「ガンダムビルドシリーズ」新作発表会レポ、鈴木福が組んだガンプラはあの渋いMS…
  • 「ガンダムビルドシリーズ」新作発表会レポ、鈴木福が組んだガンプラはあの渋いMS…
  • 「ガンダムビルドシリーズ」新作発表会レポ、鈴木福が組んだガンプラはあの渋いMS…
  • 「ガンダムビルドシリーズ」新作発表会レポ、鈴木福が組んだガンプラはあの渋いMS…
  • 「ガンダムビルドシリーズ」新作発表会レポ、鈴木福が組んだガンプラはあの渋いMS…
  • 「ガンダムビルドシリーズ」新作発表会レポ、鈴木福が組んだガンプラはあの渋いMS…
国民的ロボットアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデル、いわゆる“ガンプラ”同士を戦わせる人気シリーズ「ガンダムビルドシリーズ」。その最新作となる『ガンダムビルドダイバーズ』の発表が2月2日、等身大ユニコーンガンダムの立つお台場のTHE GUNDAM BASE TOKYO東京にて行われた。

【フォトギャラリー】「ガンダムビルドファイターズ」新作発表の模様、写真でもっと見る?

発表会では、バンダイ常務取締役 CGO(チーフガンダムオフィサー)・垰義孝をはじめ、創通代表取締役社長・出原隆史、社サンライズ取締役・佐々木新、サンライズプロデューサー小川正和らが登壇し、本作の世界観やストーリー、商品展開を告知。
さらに本作のプロローグ映像を公式サイトに先駆け上映したほか、ゲストを招いたトークコーナーでは、子役兼タレントの鈴木福が父親とガンプラを作ったエピソードを語った。

垰、出原、佐々木の順で挨拶を述べたところで、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』や『ガンダムビルドファイターズ』シリーズでプロデューサーを務めた小川が最新作『ガンダムビルドダイバーズ』を紹介した。




ガンダムシリーズは来年2019年をもって40周年を迎えるが、本作はそんなシリーズへの新たな入口となる作品。『ガンダムビルドファイターズ』で行われた“ガンプラバトル”の要素はそのままに、電脳仮想空間内の最新のネットワークゲーム“ガンプラバトル・ネクサスオンライン(GBN)”へと舞台を移している。

主人公は14歳の少年ミカミ・リク(CV:小林裕介)で、“チャンピオン”の称号を持つ最強のダイバー、クジョウ・キョウヤ(CV:笠間淳)に憧れGBNへ飛び込んだキャラクターだ。
乗機は『機動戦士ガンダム00』に登場したダブルオーガンダムをベースとする“ガンダムダブルオーダイバー”。彼の憧れるキョウヤの乗機は『機動戦士ガンダムAGE』のガンダムAGE-2をベースとしたガンダムAGEIIマグナムとなっている。



スタッフは監督に『機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN』『ガンダムビルドファイターズトライ』の綿田慎也。アクション監督に『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』監督の大張正己の参加が発表された。

商品展開ではダブルオーダイバーのガンプラが4月、AGEIIマグナムが3月に発売されることが発表。さらに、シリーズのマスコットキャラクターとして知られているハロのプラモデル“ハロプラ”の存在も明らかに。こちらはシリーズファンならずとも楽しめる商品となっているそうだ。

このほかにも食玩やカプセルトイなど様々な商品が展開される。加えてゲーム『ガンダムトライエイジ』や『New ガンダムブレイカー』への参戦も。


続いて公開されたプロローグ映像は、キョウヤと智将ロンメル(CV:速水奨)とのバトルが描かれる物語となっていた。このバトルがリクがGBNへと飛び込むキッカケとなっており、最後は彼がダブルオーダイバーに語り掛ける場面で幕を閉じた。
映像中にはさまざまな機体が登場するが、AGEIIマグナム以外にもクランシェなど『機動戦士ガンダムAGE』に登場したモビルスーツがいくつか登場しているのは注目だ。

最後のコーナーとなったゲストトークでは、鈴木が登場。プロローグ映像の感想を述べた。鈴木はガンダムシリーズはあまり詳しくないとのことだが、「わからなくても迫力のある映像が楽しめた」そうだ。またキョウヤとロンメルのバトルには思うところがあったようで、ふたりのバトルに憧れてGBNに飛び込むリクのように「僕もやってみたいな」とコメントしていた。


そんな鈴木はガンプラを作ってみたいと思っているそうで、以前父親とガンプラを制作した際のエピソードを明かした。その機体はなんと“ガンタンク”だそうで、渋いチョイスで司会からも驚きの声が上がっていた。
これについて鈴木は、「当時は興味というよりお父さんと一緒にやっていて、最後のほうは任せてしまっていた。今度は最後まで一緒に作ってみたい」と決意を露わに。

後からカスタマイズできることなども既に調べている様子で、今後鈴木の作ったガンプラを見られる日がくるかもしれない。会場も見て回ったそうで、「お父さんと来てみたい」とも。そんな鈴木はダブルオーダイバーが気になっているということで、同機のガンプラがステージに登場した。

鈴木は、こうやってガンプラを目の前にしてその魅力が伝わったと話した。また「今まで(ガンダムを)知らなかった小さな子でも、お父さんと一緒にやってみたりと楽しめると思う」と太鼓判を押したところで、本イベントは終了の時間となった。


『ガンダムビルドダイバーズ』
2018年春 テレビ東京系列ほかにて放送
(C)創通・サンライズ・テレビ東京
《井の上心臓》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集