"踏切"で繰り広げられる青春、エロス、芸術、初恋... 「踏切時間」千本木彩花&小倉唯でアニメ化 | アニメ!アニメ!

"踏切"で繰り広げられる青春、エロス、芸術、初恋... 「踏切時間」千本木彩花&小倉唯でアニメ化

ニュース

“踏切”での日常を描くオムニバスショートストーリー『踏切時間』のアニメ化が決定。メインキャストを千本木彩花と小倉唯が務め、4月より放送となる。

【フォトギャラリー】『踏切時間』キャラクタービジュアルも見てみる?

『踏切時間』の原作は、里好が「月刊アクション」(双葉社)にて連載中のマンガ作品。今日もどこかで降り、誰かが足止めされている“踏切”を舞台に、その待ち時間に繰り広げられる青春やエロス、芸術、初恋といったさまざまな日常がオムニバス形式で描かれていく。

アニメ化決定とともに、キャストとスタッフ情報も発表となった。
踏切をただ待つことに疑問を感じている女子高生・アイ役は千本木彩花、その後輩で社会正義に熱いトモ役は小倉唯に決定。監督は鈴木吉男が務め、アニメーション制作はEKACHI EPILKAが担当する。

またアニメ化を記念し、原作者・里好による描き下ろしビジュアルが公開されたほか、アニメ公式サイトおよびTwitter公式アカウントもオープン。「カンカンカンカン……!」をBGMにどのような青春が描かれるのか、放送開始を楽しみに待ちたい。

『踏切時間』
2018年4月放送スタート

<スタッフ>
原作:里好
監督:鈴木吉男
シリーズ構成・脚本:千葉美鈴
キャラクターデザイン:篁馨
アニメーション制作:EKACHI EPILKA
<キャスト>
アイ:千本木彩花
トモ:小倉唯

(C)里好・双葉社/「踏切時間」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集