「TAAF2018」コンペ部門のノミネート作品が発表 長編4本はチェコ・台湾・ロシア・中国から | アニメ!アニメ!

「TAAF2018」コンペ部門のノミネート作品が発表 長編4本はチェコ・台湾・ロシア・中国から

3月に開催される国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2018(TAAF2018)」の“コンペティション部門”ノミネート作品が決定。長編にはチェコ、台湾、ロシア、中国から4作品が選ばれた。

ニュース
『オッドソックイーター/英題:The Oddsockeaters』(C)tha.cz
  • 『オッドソックイーター/英題:The Oddsockeaters』(C)tha.cz
  • 『オン ハピネス ロード/英題:On Happiness Road』(C)Happiness Road Productions Co., Ltd.  ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『キコリキ:デジャヴュ/英題:Kikoriki: Deja Vu』(C)Art Pictures Studio LLC 2017 (C)Smeshariki LLC 2017
  • 『ハブ ア ナイス デイ/英題:Have A Nice Day』(C)Nezha Bros. Pictures
3月に開催される国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2018(TAAF2018)」の“コンペティション部門”ノミネート作品が決定。長編にはチェコ、台湾、ロシア、中国から4作品が選ばれた。

【フォトギャラリー】「東京アニメアワードフェスティバル2018」長編ノミネート作品、写真で見てみる?

今年のコンペティション部門には、国と地域数・応募数ともに昨年を上回る、58の国と地域より731作品がエントリー。その中からチェコ、台湾、ロシア、中国の長編4作品に加え、世界各国の短編35作品がノミネートされた。今回も日本ではなかなか見ることのできない、貴重な作品の数々を楽しめそうだ。

ノミネート各作品は「TAAF2018」期間中に、コンペティション作品として「作品上映」と「選考委員解説トーク付き上映」が2回ずつ上映される。上映スケジュールおよびチケットの詳細は、2月上旬に「TAAF」公式サイトにて発表予定だ。

<長編コンペティションノミネート作品一覧:全4作品>
※五十音順
『オッドソックイーター/英題:The Oddsockeaters』(83分/チェコ)
『オン ハピネス ロード/英題:On Happiness Road』(101分/台湾)
『キコリキ:デジャヴュ/英題:Kikoriki: Deja Vu』(85分/ロシア)
『ハブ ア ナイス デイ/英題:Have A Nice Day』(77分/中国)

<短編コンペティションノミネート作品:全35作品>
『TAAF2018 コンペティション部門 短編アニメーションスロット(1)』
(84分・11作品/アルゼンチン、ハンガリー、フランス、ブラジル、ベルギー、ロシア、日本)
『TAAF2018 コンペティション部門 短編アニメーションスロット(2)』
(78分・11作品/アメリカ、カナダ、台湾、中国、デンマーク、日本、フランス、ロシア)
『TAAF2018 コンペティション部門 短編アニメーションスロット(3)』
(79分・13作品/アメリカ、インド、エジプト、台湾、中国、日本、フランス)

「東京アニメアワードフェスティバル 2018」
日程:2018 年 3 月 9 日(金)~12 日(月)
会場:池袋シネマ・ロサほか
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集